パパの育児日記 ホーム »お金
このページの記事一覧

161126 お!野球漫画「グラゼニ」が無料になってる。これはオススメ。  

 
20161125234018767.jpg

野球漫画でプロの中継ぎに焦点をあてた異色の漫画です。

私も久々に、無料になっていたのでAmazonのKindleで読みましたが、やっぱり面白い。
凡田がいつの間にか、ジャイアンツ的な球団に移籍していました。

20161125234113135.jpg

この漫画の面白いところは、スポーツ漫画によくある、気合とか努力、根性じゃないところ。
論理的な思考から結果をだす凡田に、プロとして生き残る凄さを感じます。

努力にも方向性があるということを教えられますね。



category: 読書メモ

thread: 漫画

janre: アニメ・コミック

tag: 野球  漫画  凡田  努力  お金  仕事 
tb: 0   cm: 0

150317 昨日の売り買い。月曜日は調子が悪い。  

 
売り
昭電工、JSR、りそなHD

買い
大成建設、日本通運

-6000円
なんだか、月曜日は下がることが多い気がする。
そして金曜日には上がることが多い気がする。

category: 株のメモ

thread: システムトレード

janre: 株式・投資・マネー

tag: お金   
tb: 0   cm: 0

140623 読書メモ 『アミ 小さな宇宙人』 エンリオ・バリオス 競争って何のためにするんだろうね?  

 


不思議なお伽話です。
地球よりも文明の進んだ宇宙人であるアミが、争いのない社会制度を教えてくます。
さくらももこさんの挿絵がよく合っていますね。
銀魂の空知英秋だったら、ただのギャグですね。

まだ現実に起きていない先のことをあれこれ気に病むのでなく、いま起きていることにあたることのほうが賢明なことだよP46


まあ、万事が万事、宇宙人の言うとおりには進みません。だってここは未開の地、地球なのですから。
でも進んだ文明では先のことを心配するということはないようです。
準備というのは大切だと思いますが、心配するのと楽しむのとでは心持ちが違いますよね。
準備すらも進んだ宇宙人たちは楽しむことができるのでしょう。

また、他人に勝つ、他人より上にぬけ出すという考えだね。それは競争だし、エゴイズムだし、そしてさいごには分裂だよ。そうじゃなくて、ただ、自分じしんと競争して自分じしんにうち勝つべきなんだよ。他人と競争するのじゃなくてね。進んだ文明世界には、そういった同胞との競争はまったく存在しない。それこそ、戦争や破壊の原因になりかねないからねP171


他人と争うことは無益なことです。それは分かっています。
他人と相対して自分の評価を決めるのではなくて、自分で自分のことを評価することが大切なんだなと、私は大学を二浪したときに悟りました。
他人と比較して自分を評価しても、キリがないんですよね。もっとすごいやつというのはかならずいるんですよね。
ドラゴンボール的に強さがインフレしていくだけです。

進んだ文明世界から来た宇宙人のアミは、ベジタリアンで愛を唯一絶対の神と崇めています。
愛を絶対の神と崇めているというのは私と同一ですが、肉を食う食わないというのは、個人の自由な気もします。
そこまでロハス的なものに染まる気もないのですが、それはまだ私が本当に進んだ文明世界を理解していないからかもしれません。

本はさくらももこさんの挿絵のおかげか、とてもトゲがなく読みやすいです。
空知英秋バージョンも見てみたいですね。

category: 読書メモ

thread: 書評

janre: 本・雑誌

tag: 人生  仕事  お金  宇宙人  競争 
tb: 0   cm: 0

140119 読書メモ 『お金はいつも正しい』 堀江貴文 考えてることはけっこうまともですよね  

 


単なる道具でしかないお金に、日本人はなぜ「恐怖」に近い感情を抱くのか。それは、多くの日本人がマネーリテラシーを学ぶ機会を持てないからだ。生命保険や住宅ローンはお金の無駄、貯めるだけの貯金は無意味、借金には良いものと悪いものがある、正しい投資の仕方……「お金=信用」をキーワードに混迷深まる現代社会を読み解く、堀江式マネー論がここに! 獄中からの緊急加筆もあり。





 けっこう書いていることはまともなことだと思います。

要は常識を疑えってこと。

 堀江さんは、銭ゲバのイメージがメディアで創りだされてしまったけれど、書いているものをいるかぎりでは、お金よりも人生に執着しているようです。

 彼よりも金に執着している貧乏人は、世の中に沢山いると思います。

就職する生き方が当たり前と社会で、その“普通”から逸脱することは子どもの頃から受けていた教育に真っ向から反することです。多くの人はその選択肢をとれないとは思いますが、「人の行く裏に道あり花の山」という格言の通り、人と違ったことをするからこそ道は開けるのです。P27


 これは、株式投資のスタイルでもある通り、逆張りってやつです。

順張りとは対立してしまうけれど、森博嗣さんも同じようなことを書いていました。

 人と同じは競争が激しいんですよね、逆に。

リクルート社には30代で割り増し退職金をもらって会社から独立する制度があります。1000万円を目安に前後はしますが、退職する年次によってまとまった額の退職金をもらうことができます。これにより会社に常にフレッシュな若手社員を入れられるし、能力がさほど高くないのに会社に居座る人材を円満に退社させられるという二重の効果があるすばらしいシステムだと思います。P119



 これは、けっこう良いシステムだと思います。

日本の固定化してしまった雇用というのは、正直、あまり面白みはないですよね。

もっと流動的に雇用も動けばいいのにと思っております。


category: 読書メモ

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tag: お金  堀江貴文  ホリエモン   
tb: 0   cm: 0

140108 2013年の株の総括。で、結局いくら儲かったのか?  

 
 結果から言うと、けっこう儲かりました。利益は税金を引くと約180万円も出たのです。

アベノミクスの影響なのか、そもそも日経平均が約二倍になっているのだから、儲かっていないほうがおかしいのです。

昨年のような状況で損をしているような人は、株式投資に向いていないし、センスがなさすぎるのか、運が悪すぎるのです。どちらにしても株式投資以外の方法で投資をした方がいいと思います。

 現在も、ワコム、ツクイ、タツタ電線、ココカラファインの4つの銘柄でポジションをもっています。

 NISAの口座も作りましが、なにに使うかはまだ考え中です。年100万円ではほとんど旨味がないような気がしますが、使わない手はないでしょう。

 現在は、ツムラに注目しています。

category: 株のメモ

thread: 株式日記

janre: 株式・投資・マネー

tag:   お金 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop