FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム »イケメン
このページの記事一覧

[読書メモ] サラリーマン劇薬人生相談 ひろさちや  


サラリーマン劇薬人生相談 (ベスト新書 201)
ひろさちや
ベストセラーズ ( 2008-10-09 )
ISBN: 9784584122013
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

ひろさちやさんは宗教の先生で(先生といってもオルグではなく、学校の先生です)、けっこう本を出版されていますが、どれも同じようなことが書いてあります。
どの本にもあまり差異がありません。
本質的なことには変化がないからかもしれません。




あなたが会社での出世を望みながら、同時に幸福な家庭を築くことはできません。どちらかをあきらめるほかないのです。(P4)

さすが先生です。
現実的に考えれば当然のことのように感じます。
人間はあれもこれもとなんでもできるわけではありません。

「仕事」というものを「楽しいもの」とか「やりがいを見出すもの」だと思っているのがそもそもの間違いなのです。(P13)

最近はビジネス本ブームですから、本田直之さんとか勝間和代さんの本を読んだときは、こういう本を読んでバランスをとった方がいいです。
こういう本を読んで、「なんでみんな仕事したがるんだろ?」と思っていた方が健康的です。

反省といえば聞こえはいいのですが、結局はじくじく、くよくよ後悔しているだけなのです。(P21)

会社とか学校って反省・目標が大好きですよね。結局どれも集団をうまく動かすための小細工にすぎません。

仏教が教えるのは、無関心です。他人がどうしようが放っておけばいい。(P38)

日本人は集団意識が強いために、とかく他人を気にしすぎです。
まあ、そのおかげでたいして信仰心もないこの国が、ここまで治安がいいのですが。

あなたの場合、おそらく服装もナンセンスでしゃべり方もナンセンス、さらに化粧の仕方もわかってないということになるのではないですか。(P64)

「美人ばかりが得をしている」という相談者にここまで現実を突き付けられる人は、なかなかいないのではないでしょうか。
本当にボロクソです……。
ネットで「イケメンに限りる」と書き込んでいる人もおそらくこの類です。

「明日できる仕事は今日するな。他人ができる仕事を自分がするな」(P79)

ここまで仕事に対して徹底できるといいんですけどね。

いつどんな相手に対してもいい人間であろうとする。そんなことはできません。(P98)

好きな人もいれば嫌いな人もいる、それが自然だし、無理にいい人ぶる必要もない。
だいたい仕事におけるいい人なんていうのは、仕事ができない証拠だからね。

人間は無欲であればいいのかというとこれはこれで駄目なのです。分母が0になってはいけません。大切なのは無欲ではなく「少欲」にすることです。(P103)

欲もほどほどということです。

人生を目的地主義にしてはいけない、「こうなりたい」という明確な目的地をもって生きるのではなく、まわり道をしながら毎日を楽しむ。生き急ぐことはありません。(P106)

生まれてきたことに目的なんてありません。
もし目的があると考えると、生まれてすぐに死んでしまうような命に意味がなかったということになってしまいます。
生まれてきた意味など元々ないと考え、現状を楽しんだ方が自然でストレスがありません。

人間は誰しも好き嫌いというものがある。それを「好き嫌いをしてはいけません」と言って、何でも食べられる豚みたいな子供をつくろうというのが義務教育です。(P140)

こういう考え方が私は好きです。
義務教育の全てが悪いというつもりはないけれど、歪みがある。
そもそも教育というのは、生き方を教えるものではなく、国民の生産性を上げる為のものだから、注意をしなくてはならない。
自分の頭を使って考えなくてはならない。




総合評価★★★★

さすが、さちひろや!
「人生を楽しく生きなくては損だ」そんなふうに思える本です。
ビジネス書をたくさん買ったら、1冊ぐらいはこういう本を入れておいた方がいい。


スポンサーサイト

category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 本田直之  勝間和代  イケメン 
tb: 0   cm: 1

[書評] 電波男 本田 透  


電波男 (講談社文庫 ほ 34-1)
本田 透
講談社 ( 2008-06-13 )
ISBN: 9784062759243
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

なぜ恋愛は報われないのか。
恋愛はいつから純愛とそうでないものに分かれたのか。
なぜセックスだけでは満足できないのか。
恋愛やセックスが金と結びつくようになって、純愛は消えてしまった。
愛は死んだのだ。




モテと非モテ
人類はモテと非モテに分類される。
モテるヤツはとことんモテるし、もてないヤツはとことんモテない。
なんにでも当てはまる便利な80:20の法則で考えると、人類の80%はおそらくモテない。
では何によって人々は区別されるのでしょうか?

恋愛資本主義によって、人類は「ガンガン恋愛できる人間」と「まったく恋愛できない人間」に二極化し、モテと非モテの間に残酷なまでの格差が生まれてしまった。(P38)

モテと非モテというのは結局のところ顔だと思う。

女にとって、恋愛対象となる男と、そうではない男は、まったく別の生き物ですから! 残念!(P103)

男性・女性に関係なく、そうなんだと思う。
では、なぜ顔で、第一印象で判断してしまうのか?

「健全な精神は、イケメンに宿る」=「顔がイケている人間は、心も美しい」
キモメンの精神は、不健全である」=「顔がキモい人間は、心もキモい」(P64)

心は目には見えないので、少なくとも外見のいい方を選択するのは当然だと思う。
内面を知らなくても、外見で分かること(衛生的だとか几帳面だとか)は多い。


愛と金(幻想と実在)
恋愛とは何なのか。
相手に奉仕することだろうか?
ニーチェが「神は死んだ」と言ったころから、神の権威は失墜し、恋愛が新たな神となった。

キャバクラは宝くじ、彼女はリース、風俗はレンタル、結婚は長期ローン。(P222)

確かに、経済的に見ればそうかもしれない…。
恋愛と経済と結びつけるのは馬鹿げていると考えるかもしれないが、実際はもう切ることができないくらいに癒着してしまっている。

素人の彼女を作っても、ことあるごとに金をせびられて、モノを買うよう要求される。愛とは本来、金とは無関係な精神的なつながりだったはず。(P57)

愛が本来あるものとして定義されているが、愛なんて幻想だと思う。
お互いの勘違いの一形態を愛と呼んでいるにすぎないのだ。

素人童貞」という新たな差別概念が生まれたのだ。(P94)

どんな関係であれ、男女の関係を結んでいるのは、自己満足・エゴなのではないか?
セックスを愛情の有無で区別するのなら、そもそも愛が「勘違い」であるのだから男は全員『素人童貞』で、女は全員『素人処女』になってしまう(女性の場合、器質的条件が前提としてあるので『素人処女』なるものは不可能だが)。
そして、多くの人が気づいてしまったように、三次元の世界にはそもそも恋愛なるものは存在しなかった。愛は死んだのだ。
そのことに薄々感づいているからこそ、純愛ものがブームになった。
純愛ブームの次は、喪による革命、新しい生き方の提案です。


喪たちによる新しい生き方

「あなたにとって僕は男じゃないかもしれないけど、僕にとってあなたは女なんだ!」(P120)

この言葉を言って、壊れない関係の女性はそうそうないだろう。
喪は現実に相手にしてもらえないので、仮想現実に逃げることで自我を守ります。

「現実を直視しろ。おれ達にはもう仮想現実しかないんだ。」(P179)

こんなにアイロニーのある言葉はない。
そして、彼ら喪は新たな発見をする。

「男は女とセックスしなければならない」という過去数千年にわたる定理を、オタクは覆した。(P311)

カッコいい!

真に萌えを極めれば、道を歩いていても決して三次元のアナログ女に辿りつかなくなる。護身が完成するのだ。(P453)

恋愛感情がどこにもたどり着かないというのは、悲しすぎる。

現実の女はほとんど無価値となり、逆に「二次元キャラの代替物」という立場に陥る

この考え方はスゴイ! メイド喫茶なんてものは、その走りです。
未来では交際相手が生身の人間である必要はなくなるかもしれない。

この二十一世紀において、恋愛資本主義の無残な敗者として叩かれ差別されるオタクこそが正義であり最後の勝者である。(P10)

本書を象徴する言葉。
もちろん妄想へ逃げて、現実と戦ってすらいないのだから勝者でも、敗者でもない。
しかしながら、新しい生き方ではある。
この私的幻想共同幻想となるなら革命であり、無残にも既存の共同幻想に負けるのならそれは悲しい発狂となる。





総合評価★★★★

「萌え」というものが理解できずにいた。
その本質は、満たされないものへの想像による補填だった。
想像が現実を超えたときに「萌え」が完成する。
補填と補完とが違うように、その「萌え」によって完全に満たされることは、決してないのだろう。
それは、自己へのツッコミが絶えず「萌え」をひっくり返す危険をはらんでいるから。
綱渡りのような「萌え」がもたらす恋愛感とはなんなのか?


category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 純愛  恋愛資本主義  イケメン  キモメン  ニーチェ  素人童貞  護身  共同幻想  私的幻想 
tb: 0   cm: 1

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop