FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム »ノート
このページの記事一覧

120705 ACMEのボールペンを万年筆にしてみよう!  

 
大人の筆記用具と言えば、やっぱり万年筆ですよね。

万年筆を持っているカッコいい大人っていうのも見たことがないけれど、私のイメージではそうです。

もうすぐ30歳になるので、万年筆の一本ぐらい持とうと決めました。

どうせ持つなら、やっぱり1万円ぐらいするを持ちたいけれど、1万円はいまの私には高い。

前に、妻にプレゼントしてもらったACMEのボールペンが、セットを変えると万年筆にできることを思い出した。




万年筆のセットとインクカートリッジを合わせると、5000円ぐらいで、お値段的にもいい感じです。

さっそく付け替えてみました。

2012-07-05 06.47.12


インクがなかなか出てこなくて焦ったけれど、書き味はなめらかです。

ボールペンよりもインクが乾くのが遅いので、すぐにノートを閉じるとインクが写ってまうのが、少しストレスですが、使い心地はいいです。

これから少しづつ慣れていこう。


スポンサーサイト

category: 日記的メモ

thread: 写真日記

janre: 趣味・実用

tag: ノート  文房具 
tb: 0   cm: 1

120222 A6→B5 ノートのサイズを替えました!  

 
ライフログを思いっきりアナログで行なっています。
 
いままで、A6のノートをその手帳として使っていました。



しかし、ノートのスペースが小さいと感じていたので、思い切ってB5にしてみました。



この本の著者もA6からB5に替えたみたいです。

まだ使ってみて間も無いので、なんとも言えないのですが、書くスペースはたくさんあるし、『貼る』という作業がしやすいです。

ちなみに、貼るのはマスキングテープを使うとカッコいい気がしています。

しかも、A6よりもB5の方がカッコいいカバーノートがあるし、ノートの種類も豊富なんですね。

今使っているのは、同じコクヨのカバーノートですが、今までのよりもカッコいいです。



こっちの方が大人っぽいよね。

もうすぐ30歳だから、こういうほうがいいと思うんですよね。




category: 日記的メモ

thread: 今日のつぶやき。

janre: 日記

tag: ノート  メモ帳  ライフログ  B5 
tb: 0   cm: 0

100507 読書メモ 3本線ノート術 橋本和彦  

 
3本線ノート術3本線ノート術
(2009/09/05)
橋本 和彦

商品詳細を見る

実際には、「3本線ノート術」は今現在、使っていません。
ノートに毎回3本の線を引くことは面倒ですし、A6ノートでは3本の線をを引いてしまうと、狭くなりすぎてしまいます。

しかしながら、思考のプロセスとしては、正しい方法なのではないかと思います。




あなたのいまいち成果の上がらない勉強法は、小学生時代からの間違った勉強癖の蓄積なのです。25


確かに、勉強法って子供の頃から変わらないですね。
努力にも正しい方法が、あると思います。
がむしゃらに努力するよりも、筋道を立てて、計画的に努力をした方が、労力は少なくすむはずです。


「『できない』問題を一題『できる』ようにしたときに、その一題分だけ伸びる」34


出来ないことこそやらなくてはダメです。そこに伸び代があるのだから。

私は学生の頃、英語が大の苦手でした。
偏差値で言えば、40ちょっとというところでした。ひどいものです。
数学は少し得意で、55ぐらいだったでしょうか。
浪人の結果、偏差値でいえば、英語は65に、数学は70ぐらいになったのですが、40を45にする努力と、55を60にする努力とでは、同じ5ポイントですが、40を45にする方が圧倒的に楽ということを身をもって知っています。


よくできる子どもたちとそうでない子どもたちの決定的な差は「理解力」にあるといわれています。39


理解力の差は、実務であらわれます。
仕事をすると分かりますが、理解力というのは、隠していても、出てきてしまうものです。

勉強においての理解力とは、つまり『できない』ポイントを見つけるという力でもあると思います。


できる人は勉強の内容を自動化することでモチベーションアップも自動化しているんです。64


『仕組み化』とリンクしてきます。
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術
(2008/03/03)
泉 正人

商品詳細を見る

『仕組み化』するということは、無駄な思考を減らすということです。
ここでいう「無駄な思考」は、ネガティブな思考のことです。
グダグダと無駄に感傷的になるよりは、行動して前進した方がましです。


「出来事(事実)+「感情」という流れで話の内容をまとめていく190


2つの軸に、さらにプラスαがあると、ブレないと思います。




3本線のノート術は、現状として取り入れることは出来ませんでしたが、思考方法としてはとても参考になりました。
できないことを見つけて、それをできるようにすることによって、一つ壁を乗り越え成長する。



category: 読書メモ

thread: ビジネス・起業・経営に役立つ本

janre: 本・雑誌

tag: ノート  メモ  思考  勉強  3   
tb: 0   cm: 0

100426 『ソウルケイジ』と『頭がよくなる「図解思考」の技術』を読了。 ウイタクで、チェルシーを解任された…。  

 
気になった記事

衝撃が走った!「ヤマダ電機のポイントカード廃止」とその原因を探る
★店頭のスロットマシーンが、なくなるみたいです。

自分を変えたいときは、効率的に
★確かに、住む場所を変えるといのは、リスクが大きい分、効果が高いかもしれない。

中1の娘にオナニー見られた
★30歳以上になっても、オナニーってするんだね。

筋トレとダイエットの方法おしえて!
★ためになります!




【事実】

『ソウルケイジ』と『頭がよくなる「図解思考」の技術』を読了。

ソウルケイジ (光文社文庫)ソウルケイジ (光文社文庫)
(2009/10/08)
誉田 哲也

商品詳細を見る

警察モノの小説だけれど、女性が主人公でよく出来ています。
面白いです。
前作の『ストロベリーナイト』もオススメ。

頭がよくなる「図解思考」の技術頭がよくなる「図解思考」の技術
(2009/11/25)
永田 豊志

商品詳細を見る

図を考えながら描くと、後で手帳を見返すのも楽しくなります!
ただ今、実践中です。


ウイタクで、チェルシーを解任された…。

EUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven TacticsEUROPEAN CLUB SOCCER Winning Eleven Tactics
(2004/12/09)
PlayStation2

商品詳細を見る

2年連続シーズン優勝、チャンピオンズリーグも1度優勝したのに…。
3位以内という厳しいノルマを達成できず、解任されてしまいました。
エースだったドログバを放出したのが良くなかった。
得点力不足に悩まされたシーズンでした。

来シーズンは、17位と低迷しているフィオレンティーナで心機一転のスタートです。


【気づき】

メモを図で描くと、絵を描くことの面白さを再発見できる!

思えば、私は絵を書くことが好きだった。


【教訓】

自分なんて探しても見つからない。
そもそも、そこにいるんだから。


【宣言】

『図解思考』を続けてみます。




関連
100419 部屋をカッコ良く見せる5つの方法 「ストロベリーナイト」読了。
100304 六本木でお花見 


category: 日記的メモ

tag: サッカー  読書    小説  メモ  手帳  ノート  ウイタク  ゲーム   
tb: 0   cm: 0

100405 A6ノートで方眼のやつを見つけたよ!  

 
A6ノートを愛用しています。

今までは、コクヨのA6 横罫のノートを使っていました。
これは、一般的なノートで、このノートを使っていると、無性に方眼タイプのノートを使ってみたくなる。
ほぼ日手帳も方眼なんだよね。

でも、A6で方眼のノートってあんまりないんだよね。

もちろん、モレスキンならあるし、コクヨでもハードカバーっぽいタイプで方眼タイプがある。
しかし、モレスキンは高いし、ハードカバーは少し違う。

もう諦めかけていたけれど、今日、ハンズで丁度良いの見つけました。

MD paper

コレね。ブランドはよく知らないけれど、MD PAPERってとこの方眼ノート。

日本製です。

まだ使ってないから、書き心地とかわからないけれど、今度からコレを使ってみます。



お金があって、ノートが合えばこっちのカバーもカッコいいと思う。




関連
090704 コクヨの株を買いました!
A6ノートで読書を超速化しなさい 松宮義仁
ひとつにまとめる安心感‐[書評] 情報は1冊のノートにまとめなさい 奥野宣之


category: 日記的メモ

thread: 趣味と日記

janre: 趣味・実用

tag: A6  方眼  ノート  手帳  ミドリ  MD   
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop