FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム »仕事
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

190124 娘がインフルエンザになりました。 妥協案を見つけるのが得意なんだけど、評価されたことがない。  

娘がインフルエンザになった。

当然、保育園へ行けないので、誰かが面倒を見なければならない。

結果としては私が休むことになった。

私が勤務している会社では、子供の看護のための休暇なら、2日目からは有給休暇になる。

1日目は保育園から発熱の連絡があり、奥様が早退した。

私は2日目から担当なので、有給休暇になる。

インフルエンザの娘にとっては、看病するのは、父親よりは母親の方がいいに決まっているが、何でもかんでも自分たちの思い通りになるわけではない。

会社と家庭の妥協点というものがある。

私は、相反する案の中で落とし所を見つけるのが得意だと、自分では思っているが、人から指摘されたことも評価されたこともない。

自分では得意だと思っていることも、他の人から見ると、そうでもないのかもしれない。

数字にできない、単位のないものは評価のしようがない。
スポンサーサイト

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 仕事  育児  インフルエンザ  思考  妥協 
tb: 0   cm: 0

190121 インフルエンザ流行中! B型にはゾフルーザ? A型にはタミフル、イナビル、リレンザ?  

薬局にインフルエンザの患者さんが来るようになりました。

こうなってくると、どんどん増えてきますね。

門前の先生は、新薬のゾフルーザを使ったり、タミフル、イナビル、リレンザ使ったり、色々です。

好みがないのか、薬局の在庫が無くならないようにバラけさせてくれているのか?

塩野義のゾフルーザは1回飲めば終わりなので、それが一番楽だとはおもいますが、もう耐性ウイルスの話が出てきてますからね、どうなんでしょうか…。

ゾフルーザは、A香港では耐性ウイルスが出やすいみたいなので、先生はB型にゾフルーザを処方しているのかもしれません。

B型は元々、タミフルが効きにくいみたいですから。

category: 日記的メモ

thread: 医療業界

janre: 就職・お仕事

tag: 仕事    思考  インフルエンザ 
tb: 0   cm: 0

190117 吐き気がして会社を早退。 インフルエンザの検査って結構辛い!  

吐き気が昨日の夜から続いて、出勤したけれど治らないので早退した。
熱が38.1℃まで上がってきたので、インフルエンザの可能性もあったので、近所の内科を受診した。

やっぱりインフルエンザが流行っている時期だけあって、混んでいた。
座る場所がないので、そんなに高熱でもないが、隔離してある高熱患者用の椅子に座っていた。
インフルエンザっぽい、顔を赤くした患者が二人待っていた。

診察室でインフルエンザの検査をした。
鼻から綿棒の細いやつを入れる検査だが、結構辛い。

しばらく待って、インフルエンザは結果、陰性。
インフルエンザは発熱して直ぐに検査をすると、陰性になってしまうことがあるので、明日も熱が高かったら受診するように言われた。
インフルエンザは恐ろしい。

category: 日記的メモ

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

tag:   仕事  病気  インフルエンザ 
tb: 0   cm: 0

190111 薬局長からマネージャーになると会社を辞める件  

今日、上司から会社を辞めると言われた。
薬剤師は転職が簡単ななので、結構辞める人が多い。
うちの会社は、薬局長から複数の店舗をマネジメントするマネージャーと言う役職になると辞めてしまう人が多い。
社長からのあたりが強いからというのが、影で噂されている。

薬局長→マネージャーというのが出世の順番ではあるけれど、私はマネージャーはやりたくない。
薬局長とマネージャーの仕事には、違いが多い。
薬局長は今まで働いていた薬剤師の仕事の延長みたいなもので、店舗の稼働計画の管理とか保健所対応がくっついてくるぐらいなもので、仕事として要領がわかっている。
一方で、マネージャーの仕事は、社長と門前の病院へ挨拶にいったり、会社の懇親会のセッティングやら、エリア間の応援の手配やら、色々、私から考えると面倒なことが多い。

薬局で仕事をしていたような人は、食事をしたりお酒を飲んだりするような『仕事』は、セッティングの段階から苦手な人が多い。
あまりにも今までの仕事とかけ離れたことを求めるから、人が去っていくのだと思う。
社長も怒るんだったら、誰でもできるようなマニュアルでも作らせればいいと思うんだが、作らせる気配はない。

いっそ、ホストクラブ、キャバクラで研修でもしたらいいんじゃないだろううか。
行ったことないけど…。

category: 日記的メモ

thread: 医療業界

janre: 就職・お仕事

tag: 仕事  お金 
tb: 0   cm: 0

190106 読書メモ 『しないことリスト』★★★★ 怠けることも大切。頭を使って怠ける。  


『しないことリスト』を読了。久々にいい本を読んだ。

ドイツ軍人のハンマーシュタインさん(ほんとにいるのか?)の働き者・怠け者と無能・有能の分類が面白い。
指揮官に適しているのは、怠け者で有能な者。
参謀に適しているのは、働き者で有能な者。
ルーチンワークに適しているのは、怠け者で無能な者。
責任を与えてはいけないのは、働き者で無能な者。

つまり、怠け者>働き者ということ。
これを自分なりに解釈すると、怠け者は、怠けるために自分で考えるからだと思う。
実際、会社で部下に指導していても感じる。
真面目な性格で仕事ができないと、教えるのが難しいし、伸びしろも少ない。本人は一生懸命頑張っているわけだから、頑張っている人に対して、もっと頑張れということはできない。
逆に、不真面目で仕事ができないのなら、まだ改善しやすい。不真面目な点を改めればいいだけ。
実際、社会人で真面目が取り柄という人は見たことがない。

しなきゃいけないことというのは本当は、殆どないらしい(まだそこまでの境地にはいたらない)。99%はどうでもいい。
頑張らないでなんとかする>頑張ってなんとかする。
努力することは別に偉くない。
他人には、こいつは「ダメなやつ、変なやつ」と思われていたほうが楽。
できるだけ自分でやらない。
自己責任は50%。
人の発言はポジショントークでしかない。
プロセスを楽しむ。結果ばかり見ない。
議論しない。
仕事→ストレス→お金を使う→仕事…という悪循環を断ち切る。

人が変わるには3種類しかない。
1. 時間配分を変える。
2. 住む場所を変える。
3. 付き合う人を変える。

ためになることがたくさん書いてあった。
人生は競争じゃないんだよ。

category: 読書メモ

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 仕事  人生    思考  読書 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。