FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム »問題
このページの記事一覧

171005 子どもが大人の犠牲になる社会は、やっぱりおかしい  

 
子どもが昨日の夜に、咳で吐いたらしい。
咳き込みすぎて吐いてしまうことは、小さい子どもではたまにあることです。
私はその時、飲み会の最中で奥さんは大変だったことでしょう。

今朝になっても、子供は咳をしていて熱は37.1℃という微妙な発熱。
私も奥さんも簡単に休める状況にはないから、お互いの、休んだほうがいいんだけどという感情を隠して、言葉を飲み込んで、保育園へ預けて出勤する。

子どもが大人の都合の犠牲者になってしまうという何でもない日常。
おかしいけれど、こういう問題はなかなか解決しない。
もちろん、この問題が選挙の争点になることもない。

そして案の定と言うべきか、やはりと言うべきか、子どもの体温はぐんぐん上がって、夜には38.9℃になりました。

土曜日の運動会は、残念だけれど無理そうです。

スポンサーサイト

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 育児  病気  問題 
tb: 0   cm: 0

読書メモ 問題解決プロフェッショナル「思考と技術」 齋藤 嘉則, グロービス  

 
問題解決プロフェッショナル「思考と技術」
齋藤 嘉則, グロービス
ダイヤモンド社 ( 1997-01 )
ISBN: 9784478490228
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

こんなに厚い本にしなくてもいいような内容だった。
多少自分の自慢話が入ったから厚くなったことを、著者は自覚しているのだろうか?




<ゼロベース思考>のポイントは、
・自分の狭い枠の中で否定に走らない
・顧客にとっての価値を考える(P19)


思考を制限してはいけない。

時間をかけて緻密な分析によって精度を高めようとするよりも、ざっくりでもいいから短時間であるレベルの結論を出し、アクションに結びつけることが重要なのだ。(P29)


100点よりも80点でOKなのだ。
仕事では、早いにこしたことはない。早ければ、手直しもできる。

<逆説思考>のポイント
・アクションに結びつく結論を常に持つ‐結論の仮説
・結論に導く背後の理由やメカニズムを考える‐理由の仮説
・「ベスト」を考えるよりも「ベター」を実行する‐スピード重視


経営コンサルタント会社の新人コンサルタントはまず、SO WHAT?の嵐のような質問攻めを乗り切らなければならない。(P31)


具体的におとす。結論→理由・理屈を考えればいい。

<MECE>を活用するうえでのポイント
・モレによって的を外していないか?
・ダブりによって効率を阻害していなか?
・<MECE>でとらえ、最後に優先順位をつけているか?


<ロジックツリー>は次の3つの点で優れている
・モレやダブりを未然にチェックできる
・原因・解決策を具体的に落とし込める
・各内容の因果関係を明らかにできる


チャートやグラフで経営を考えるクセをつける(P149)


右脳で考えるっていうのは、どういうことなんだろうか?
脳をコントロールすることはできるのだろうか?
わからない。


関連
問題解決の方法を教育するべきだ!‐世界一やさしい問題解決の授業


category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tag: 思考  論理  問題  解決 
tb: 0   cm: 0

問題解決の方法を教育するべきだ!‐世界一やさしい問題解決の授業  


080919

問題解決の4つのステップ

「現状を正確に理解し」
「問題の原因を見極め」
「効果的な打ち手まで考え抜き」
「実行する」


世界一やさしい問題解決の授業より


問題の原因を見極める
問題の原因や打ち手のアイデアを洗い出すアイテムとして「分解の木」、「課題分析シート」、「仮説の木」などを紹介しています。


問題の解決方法を、学校では教えていくれない
学校では問題を作るだけで、解決する手法は教えてくれません。
学校で算数や国語、社会、理科の問題を解けても、現実に起こる問題は解けない人がたくさんいます。
それは、現実に起こる問題にどう対応するのかを、学校で教えてくれないからです。
学校で起こる現実的な問題は、生徒ではなく先生が解決するので、『正しい答え』のない現実的な問題に、かつての生徒たちは対応できないのです。
誰も教えてくれないのなら、自分で勉強するしかありません。


問題を正しくとらえ、小さな問題に分解し、解決していく
分析と分解にテクニックがあるだけで、本質はコレです。
本質を見誤ってはいけません。


世界一やさしい問題解決の授業
渡辺 健介
ダイヤモンド社 ( 2007-06-29 )
ISBN: 9784478000496
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


本書は、とても大切なことをシンプルに、具体例をまじえて書いてあるのでとても読みやすいです。
ページ数も少ないので、1時間ぐらいで速い人なら、読み終わってしまうでしょう。

本来、こういうことは初等教育とかそういう段階で教育していくべきことなのだと思います。



category: 読書メモ

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 問題  解決  思考  分析 
tb: 0   cm: 0

問題解決の6則  

0319

アソシエの4月号にのっていた問題解決の6則を自分なりに改変。

問題解決の6則

1 切羽詰った状況に身をおく

危機的状況でないと動き出せないことは、自明です。

2 「なぜ」・「どうして」を繰り返す

理由が分からないで繰り返している習慣というものは意外と多いです。
理由のないものは、する必要ありません。

3 視点を固定しない

さまざまな視点から物事を見ると、欠点も利点に変わります。
オセロのように裏返せることが多いです。

4 大きく複雑な問題は分解する。

小さなことからコツコツと。

5 問題と答えを明確にする

抽象的な概念はなるべく省きましょう。
邪魔なだけです。

6 選択肢は重みによって順位をつける

順位付けのできていない場合が多いです。
あるいは、感情にながされて合理的な選択肢を捨てている場合が多いです。


関連
合理的な選択のための5つのステップ
[書評] つっこみ力   パオロ・マッツァリーノ
日経ビジネス Associe しないことリスト


category: 考え方メモ

thread: ダメ人間日記

janre: 日記

tag: 選択  問題  解決  アソシエ  雑誌 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop