楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム »堀江貴文
このページの記事一覧

160120 『君がオヤジになる前に』を読了。 堀江貴文  

 
君がオヤジになる前に [ 堀江貴文 ]

君がオヤジになる前に [ 堀江貴文 ]
価格:1,296円(税込、送料込)



会社の飲み会で、女性社員にオヤジの一員のように扱われて、とうとうおじさんになったことを実感しました。

堀江貴文さん流のおじさんは、思考停止している人のことを指すらしいです。

生理的に堀江氏を受け付けないという人もいるかもしれませんが、「思考停止したオヤジになんてなりたくない!」という方におすすめです。

最近、堀江さんはアクが抜けてきていると思います。
きれいなジャイアン的になってきている!?気がします。

category: 読書メモ

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 堀江貴文 
tb: 0   cm: 0

140119 読書メモ 『お金はいつも正しい』 堀江貴文 考えてることはけっこうまともですよね  

 


単なる道具でしかないお金に、日本人はなぜ「恐怖」に近い感情を抱くのか。それは、多くの日本人がマネーリテラシーを学ぶ機会を持てないからだ。生命保険や住宅ローンはお金の無駄、貯めるだけの貯金は無意味、借金には良いものと悪いものがある、正しい投資の仕方……「お金=信用」をキーワードに混迷深まる現代社会を読み解く、堀江式マネー論がここに! 獄中からの緊急加筆もあり。





 けっこう書いていることはまともなことだと思います。

要は常識を疑えってこと。

 堀江さんは、銭ゲバのイメージがメディアで創りだされてしまったけれど、書いているものをいるかぎりでは、お金よりも人生に執着しているようです。

 彼よりも金に執着している貧乏人は、世の中に沢山いると思います。

就職する生き方が当たり前と社会で、その“普通”から逸脱することは子どもの頃から受けていた教育に真っ向から反することです。多くの人はその選択肢をとれないとは思いますが、「人の行く裏に道あり花の山」という格言の通り、人と違ったことをするからこそ道は開けるのです。P27


 これは、株式投資のスタイルでもある通り、逆張りってやつです。

順張りとは対立してしまうけれど、森博嗣さんも同じようなことを書いていました。

 人と同じは競争が激しいんですよね、逆に。

リクルート社には30代で割り増し退職金をもらって会社から独立する制度があります。1000万円を目安に前後はしますが、退職する年次によってまとまった額の退職金をもらうことができます。これにより会社に常にフレッシュな若手社員を入れられるし、能力がさほど高くないのに会社に居座る人材を円満に退社させられるという二重の効果があるすばらしいシステムだと思います。P119



 これは、けっこう良いシステムだと思います。

日本の固定化してしまった雇用というのは、正直、あまり面白みはないですよね。

もっと流動的に雇用も動けばいいのにと思っております。


category: 読書メモ

thread: 読んだ本の紹介

janre: 本・雑誌

tag: お金  堀江貴文  ホリエモン   
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop