パパの育児日記 ホーム »子供
このページの記事一覧

170618 まさか自分が、子供のマニュキアを塗るようになるなとは思わなかった。  

きっと、10年前の僕は休みの日に6時前から起こされて、眠くてボーッとしながら子供の足のマニキュアを塗ることになるとは思っていなかったろう。

人生とは予想できないものだ。

そこが面白いところでもある。

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 子供  育児  早起き  マニュキア 
tb: 0   cm: 0

090709 結婚への拒否反応  

スターウォーズ

誰かの結婚の話を聞くと、苦しくなる。

後輩が、彼女とマンション購入の話が出ているという話を聞いた。

彼女に薦められてマンションを買ってしまったら、それはもう結婚と直結なんではないだろうか。
マンションなんて買ったことがないから分からないけれど、それはもう明日太陽が昇るくらいハッキリとしたことのように思える。

まったく関係のない他人の話なのに、みぞおちあたりがキュウキュウと痛くなる。
それほど結婚に対して拒絶反応が出るとは、自分でも思ってもいなかった。

なぜだろう?

結婚というのは、広く世間で受け入れられたシステムで、子供を育てるうえでは貴重なシステムである。
しかし、自由を失うようなイメージもある。

誰か一人の女性と生涯を共にする、四六時中一緒にいるというイメージがわかない。
毎日会うような存在って、なんなんだろうか。

あ、それが家族か。


関連
[読書メモ] 脳内恋愛のすすめ 本田透
[読書メモ] 人はなぜ恋に落ちるのか? ヘレン・フィッシャー
090629 結婚の鬱積

category: 日記的メモ

tag: 家族  子供  結婚 
tb: 0   cm: 0

090503 幸せとは現実の影か?  


「結婚は鳥かごのようなものである。外にいる鳥たちはいたずらに入ろうとするし、中の鳥たちはいたずらに出ようともがく。」



仕事に行く途中で、中学時代の友人とばったり再会した。

小さい女の子を連れていたので、「子供?」と尋ねたら、「そう、真ん中の」と返された。
とっさに「3人いるの?」とつなげられた自分の頭の回転スピードに、ビックリした。

休日に子供と二人で公園に行くというは、実情はどうあれ、ビジュアル的は幸せというものに限りなく漸近しているのではないだろうか?
これは文化的な刷り込みか?

子供が3人もいたら、甘いだけの生活ではないということは、簡単に想像できるけれど、なんだか「俺って、不幸だな」と改めて思ってしまった。

『幸せってなんだろう?』と一日中モヤモヤしてしました。

category: 日記的メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tag: 人生  結婚  子供  幸せ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop