パパの育児日記 ホーム »恋愛
このページの記事一覧

130928 自分の子だけがかわいい!  

 
 子どもが産まれて最初に思ったことは「かわいい!」ということ。
自分の子供というだけで、可愛いと思ってしまう。
赤ちゃんの足に奥さんの名前が書いてあるだけで、他の赤ちゃんとは全然違って可愛い。
たぶん、すり替えられて足に名前を書かれたら、現時点では見分けることなんてできないと思うし、騙されるだろう。
足に奥さんの名前さえ書いてあれば、タマちゃんでなく似たような赤ちゃんでも、可愛いと思うのだろう。
すごく不思議だ。

 本当に自分の子供と認識しただけで、可愛さが劇的に変化するというのは、すごく不思議なことだと思う。

 薬局で一緒に働いている人たちには、赤ちゃんの写真を見せなかった。
私以外の社員は結婚さえしておらず、しかも男だ。
私と同じように、他人の子になど興味はないだろう。たぶん可愛いとも思わないと思う。

 そんな奴らに見せて、タマちゃんの感想が「へ~」ぐらいだったら悲しいし。お世辞の「かわいい」という言葉でうちの子を汚したくなかったのだ。

うちの娘はどうやら魔性の女らしい。たぶん私限定だけどれも…。

category: 日記的メモ

thread: ひとりごと

janre: 日記

tag: 人生  結婚  恋愛 
tb: 0   cm: 0

130830 もうすぐ結婚記念日だからレストランでも予約しよう!  

 
 もうすぐうちは結婚記念日なんです。

だからレストランでも予約しようと思っています。というか今さっきしました。


 でも、コレがけっこう難題だったんだ。

うちの奥さんは、臨月だから、あんまり遠くにはいけないし、レアステーキとか生ハムなんかもダメらしい。

ということは、鉄板焼き系もだめだし、満員電車もダメだからディナーよりもランチのほうがいいとか、でもあんまり近すぎると特別感がないから少しは離れていたほうがいいとか。

とまあ、色々とあ~だこ~だ考えながら、レストランを予約しました。


 で、ふと気がついたんがけれど、どうやら俺はまだ奥さんに「ダメな奴」と思われたくないんだなということ。

少しは「カッコいい!」と思われたがっているんだなということ。どんなに「のび太みたいだね」と言われようともね。

だから、レストランごときでこんなに悩むし、考える。ネットサーフィンを1時間も2時間もしてしまう。

夫婦が上手くやっていくには、こういう時間が意外と大切なんじゃないかと思うよ。僕は。

category: 日記的メモ

thread: ひとりごと

janre: 日記

tag: 人生  恋愛  夫婦  結婚記念日 
tb: 0   cm: 0

130211 映画メモ『ステイ・フレンズ』 予想通りの展開だけども  

 


この映画の見所は、男性ならミラ・クニスのセクシー系な感じに、女性ならアシュトン・カッチャーの見事な肉体美に、それぞれ見とれるのでしょう。

私はもちろん、ミラ・クニスのかわいいお尻に見とれていました。

この娘どっかで見たことあるなあ、と思っていたら検索して分かりましが、『ブラック・スワン』のライバル役の娘でしたね。



あの時は感じ悪い役でしたが、この映画の感じだと、好きにってしまいますね。

アルツハイマーのお父さんの「人生は短い」という言葉がありきたりですけど、心に響きます。

恋愛できない男女のセフレから恋愛に発展するという、絵に描いたような展開のラブコメですね。



category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tag: 映画  恋愛  セフレ 
tb: 0   cm: 0

120116 映画メモ 『ラブ&ドラッグ』 アン・ハサウェイの裸を見たいのなら  

 
もう、これでもかって言うほどアン・ハサウェイの裸が見られる作品

やっぱり、おっぱいもおしりもキレイで見とれてしまいますが、それだけの作品ではありません。

病気を抱える女性と恋愛をするということのリアルを少しだけ見ることができます。現実はこの映画ほど甘くはないと思いますが…。

MRという仕事についても少し学ぶことができます。バイアグラやジスロマックなど、ファイザー製薬の実際の薬も登場してきます。

アメリカのMRというのは、ああいう仕事なのかもしれません。日本ではもう少し地味ですが、やっていることは同じような感じです。





category: 日記的メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tag: アン・ハサウェイ  パーキンソン病    映画  恋愛 
tb: 0   cm: 0

120803 映画メモ 『バレンタインデー』 愛するなら全てを愛する  

 
楽天レンタルで「バレンタインデー」を借りよう




作品内容
ジュリア・ロバーツ、ジェシカ・アルバ、ジェニファー・ガーナー、アン・ハサウェイほか、豪華キャスト共演で贈るロマンチックラブストーリー。バレンタインデー当日のロサンゼルスを舞台に、年齢も職業もさまざまな男女15人の恋愛模様を描く。


作品情報
監督 ゲイリー・マーシャル
原案・脚本 キャサリン・ファゲイト
脚本 アビー・コーン/マーク・シルバースタイン
出演 ジュリア・ロバーツ/ジェシカ・アルバ/ジェニファー・ガーナー/アン・ハサウェイ
レンタル開始日 2010.7.2
製作年 2010年
製作国 アメリカ
収録時間 125分





生活の忙しさにかまけて、愛する力が不足しているときに見るといいかもしれません。

条件付きで、恋愛する相手を選んで、損得で付き合っているようなら、それは本当の愛ではないのでしょう。

相手を条件で選んでいるのなら、その相手の方だって、あなたを条件で選んでいるはずです。

恋愛の相手を条件で絞るのは、やめたほうがいいと思います。


愛とは踏み込むものではなく、落ちるものだと映画の中でも言っています。


この映画を見ると、奥さんの嫌なところも許せるような気がしてきます。

なぜなら、愛するのなら良いところだけではなく、悪いところも、その人のすべてを愛さなくてはならないからです。

「最高には最高を!」


映画のなかで出てくるセリフですが、この言葉で高いブランド物のプレゼントも許せるような気がしてきます。

たまには、こういう映画もいいもんですね。

アン・ハサウェイが可愛すぎて最高ですが、ジェニファー・ガーナーも捨てがたい。

悩ましい映画です。

category: 映画メモ

thread: DVDで見た映画

janre: 映画

tag: 映画  恋愛  結婚  人生 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop