FC2ブログ
パパの育児日記 ホーム »整理
このページの記事一覧

171025 家の備品を総チェック! 月一の備品チェックリストをEvernoteに作りました。  

家の備品のストックをなくなるたびに買うのが面倒だったので、月一でチェックするリストを作りました。

紙だと印刷するのが面倒なので、Evernoteでチェックリストを作ってスマホで見ながらチェックする事にしました。来月にもリマインダー機能で知らせてくれるようにしました。

まず、分け方としては家の場所ごとに分けることにしました。
キッチン、洗面所、バス、トイレ、その他です。
それぞれの場所で保管している備品について、月の必要量あるか確認して、ないものをまとめてネットで注文する事にしました。

例えば、キッチンなら台所用洗剤、食洗機用洗剤、スポンジ、紅茶などですね。

こだわりのあるものは商品名で記載します。
たとえば、シャンプーではなく具体的にボタニストしっとり、とかいうぐあいです。
こだわりのないものは、そのときに値段の安いものを買えばいいと思います。

ネットで買うのもAmazonでもいいし楽天でもいいと思います。
ただ私はなるべく商品がまとめて届いたほうがいいというのと、楽天のポイントが好きなので楽天市場の爽快ドラッグというところで買いました。
爽快ドラッグは1900円以上は送料無料なのがいいです。

問題点は全部買えるわけではないということです。
爽快ドラッグにはボタニストのシャンプーとコンディショナーがおいていないし、子供用の歯間ブラシもおいていません。
シャンプーは帰りにマツキヨによって買ってきましたが、コンディショナーは売り切れ、子供用の歯間ブラシはおいていませんでした。

まだまだ改良の余地がありそうです。

改善点はありますが、家の備品のことを考えなくてよくなるので、思考の負荷は減りました。
余計な考えこどをしないぶん時間が有効につかぇす。

category: 日記的メモ

thread: 日記というか、雑記というか…

janre: 日記

tag: 人生  リスト  備品  整理  行動  情報  メモ 
tb: 0   cm: 0

091210 1,000円で乗り放題の『よるランド』 彼女が妊娠した時 ビオスリーとラックビーN  


気になった記事

よみうりランドが入場無料、1,000円で乗り放題の『よるランド』に行ってきたのでF-03Bで写真を撮りまくってきた!
よみうり

仕事の生産性を高めるための2つの整理
当たり前のことだけれど、実践出来ていない。

彼女が妊娠した時、男としてどう対応すべきなのか?
少しグロです。これを見たら中絶を反対せざるを得ない。




薬メモ ビオスリーとラックビーN

ビオスリーとラックビーNとは、同じような薬だと思っていたけれど、違った。

ラックビーNは、いわゆる整腸剤。
ビオスリーは、ラックビーNの働きを助けてくれるらしい。
東亜薬工の人が言ってた。


category: 日記的メモ

thread: 日記

janre: 日記

tag:   妊娠  整理 
tb: 0   cm: 0

[読書メモ] 優先順位をつけ取捨選択する! 超! 自分マネジメント整理術 石田 淳  


超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法
石田 淳
インデックス・コミュニケーションズ ( 2008-08-25 )
ISBN: 9784757305465
おすすめ度:アマゾンおすすめ度





“いつ・誰が・どこで”やっても同様の結果が得られる(P17)


いつ誰がやっても同じ結果がでないようでは、完全な仕組みとは言えない。


整理ができていない理由は、
・「整理のやり方」がわかっていない
・やり方はわかっているが「継続する方法」を知らない
この二つしかありません。(P24)


継続できない方が重要だ。
多くに人にとって、整理できない理由はこちらだろう。


仕事のできる人は、「この部分が重要だ」といいうことを即座に判断し、そこに重点的に時間やパワーを割いています。(P25)


ボトルネック的思考法。
重要なところに、資源を割くというのがポイントだ。


「行動科学マネジメント」では、まず行動を分解して、重要な行動と不要な行動を見分け、不要な行動は捨てる(または減らす)という作業を行います。(P33)


捨てるのがポイント。
まず、行動が多いことが、時間のかかる理由だ。
優先順位をつけ、ポイントを探し続ける。


「行動」を分解し、できる人から学ぶ(P53)


できる人の仕事をよく見ることが大切。
全部のことが万遍なくできるという人は少ないが、ある特定の分野で「できる人」というのはいる。
その分野ごとに、できる人のマネをするというのが、大切。


人は評価されない行動を続けることができません。(P85)


いい行動は、評価することが大切。
褒めることも、上司の大切な仕事です。


「整理された状態」をビジュアル化する(P92)


ビジュアル化してあると、一目で分かる。


「重要か」「不要か」の判断基準はただ一点だけ。その行動が、成果に直結しているかということです。(P101)


結果に結びつかない行動は、無駄。
無駄はカットできる。
カットした分、ポイントとなる行動に時間を割くことができる。




私はことの本を読んで、何をするのか?

ポイントとなる行動と、無駄な行動を意識して取捨選択する!


関連
090628 仕事とスポーツの関係性
[読書メモ] 短期間で組織が変わる 石田 淳


category: 読書メモ

thread: 考えさせられる本

janre: 本・雑誌

tag: 仕事  マネジメント  ポイント  整理 
tb: 0   cm: 1

[書評] 「仕組み」整理術   泉 正人  


「仕組み」整理術
泉 正人
ダイヤモンド社 ( 2008-09-27 )
ISBN: 9784478006467
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

「仕組み」仕事術ほどのインパクトはない。
やはり、2冊目というのはダメなのか?
だいたい、将軍も2代目はダメだし…。



最小の労力で最大限の効果を得るための方法、それが「仕組み」仕事術です。

考え方は、前の本と同じ。


「整理ができない人は、仕事の効率が悪い」

整理ができていないと、いちいち仕事に関係のないことで時間がかかることは、日々の業務で実感している人も多いはず。


「シンプルで効果があり、誰にでも実践できる整理術です」

続けば、本当にいいことだらけだと思う。


貴重な情報を埋もれさせないためにも、不要なものはどんどん「捨てる」ことが大切です。

捨てる作業がまた、面倒くさいんだよね。


サイズ・形は統一する。

これは、本当にそう思う。
すべてのサイズを統一する規格が欲しい。日本規格みたいなものをつくればいいのにね。





「仕組み」整理術のコンセプトはコレ。

「仕組み」整理術の原則
・基本は「統一化」「一元化」「自動化」。
・ルールを儲け、徹底して実践する。
・ムダな時間を削減することを目指す。
・整理しすぎない。
・整理した時間を、有効活用する。



総合評価:★★★

やはり、2冊目というのはダメな気がする。
これは私の「2代目嫌い」が理由にあるのかもしれないが、内容が前の「仕組み」仕事術を、より細かく分けただけのような気がする。
前著が大好きだっただけに、物足りなさを感じてしまう。


category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 整理  仕事  時間  情報 
tb: 0   cm: 0

『とりあえず』でもフレームを決める  

【事実】

撮り貯めていた映画を観た。
デンゼル・ワシントン特集なのか、「リコシェ」・「フィラデルフィア」のどちらにも出演していた。

リコシェ 炎の銃弾リコシェ 炎の銃弾
(2007/05/25)
デンゼル・ワシントン、ジョン・リスゴー 他

商品詳細を見る

PHILADELPHIAPHILADELPHIA
(2007/10/24)
トム・ハンクス; デンゼル・ワシントン; アントニオ・パンデラス

商品詳細を見る

どちらも社会的な『死』を扱ったものだった。どちらも悪い映画ではない。特に、リコシェはデンゼル・ワシントンが若くてやんちゃな感じでいい。

昼ごろに出かけて、「のらみみ(6)」、「公認会計士VS特捜検察」、「禁断のパンダ」を購入。
「禁断のパンダ」は表紙がかわいいのと『このミス』大賞受賞作ということで買ってみました。

ダンボール箱も買いました。

0331

物を突っ込んだだけだけど、なんとなく整理されたように感じるから不思議です。

【気づき】

フレームを決めるということが大切。
とりあえずでもいいから、フレームを決めるとものすごく整理されたように見える。

視点をたくさん持つということは、結局は自己の正当化につながるのではないか?
自分に都合のいい視点を見つけているだけなのではないだろうか?
客観的な視点などというものは存在しない。

【教訓】

決断というものに時間をかける意味は無い。

逆説的に捉えて、物事を全部ポジティブに捉えればいい。

【宣言】

人生の幸福も人生の細部に宿る。


関連
[書評] 思考の補助線   茂木健一郎
[書評] 佐藤可士和の超整理術   佐藤可士和
[書評] 逆説思考 自分の「頭」をどう疑うか    森下 伸也

 

category: 日記的メモ

thread: ダメ人間日記

janre: 日記

tag: 整理  フレーム    デンゼル・ワシントン      逆説 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop