FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム »本
このページの記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

190106 読書メモ 『しないことリスト』★★★★ 怠けることも大切。頭を使って怠ける。  


『しないことリスト』を読了。久々にいい本を読んだ。

ドイツ軍人のハンマーシュタインさん(ほんとにいるのか?)の働き者・怠け者と無能・有能の分類が面白い。
指揮官に適しているのは、怠け者で有能な者。
参謀に適しているのは、働き者で有能な者。
ルーチンワークに適しているのは、怠け者で無能な者。
責任を与えてはいけないのは、働き者で無能な者。

つまり、怠け者>働き者ということ。
これを自分なりに解釈すると、怠け者は、怠けるために自分で考えるからだと思う。
実際、会社で部下に指導していても感じる。
真面目な性格で仕事ができないと、教えるのが難しいし、伸びしろも少ない。本人は一生懸命頑張っているわけだから、頑張っている人に対して、もっと頑張れということはできない。
逆に、不真面目で仕事ができないのなら、まだ改善しやすい。不真面目な点を改めればいいだけ。
実際、社会人で真面目が取り柄という人は見たことがない。

しなきゃいけないことというのは本当は、殆どないらしい(まだそこまでの境地にはいたらない)。99%はどうでもいい。
頑張らないでなんとかする>頑張ってなんとかする。
努力することは別に偉くない。
他人には、こいつは「ダメなやつ、変なやつ」と思われていたほうが楽。
できるだけ自分でやらない。
自己責任は50%。
人の発言はポジショントークでしかない。
プロセスを楽しむ。結果ばかり見ない。
議論しない。
仕事→ストレス→お金を使う→仕事…という悪循環を断ち切る。

人が変わるには3種類しかない。
1. 時間配分を変える。
2. 住む場所を変える。
3. 付き合う人を変える。

ためになることがたくさん書いてあった。
人生は競争じゃないんだよ。

スポンサーサイト

category: 読書メモ

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 仕事  人生    思考  読書 
tb: 0   cm: 0

190103 読書メモ 『私たちはこどもに何ができるのか』読了★★   

『私たちはこどもに何ができるのか』読了★★ ポール・タフ


子どもにも貧困はある。
自分でどうにもできないぶん、大人よりも深刻だ。
貧困については日本では自己責任論が強いが、子どもにその責任があるはずもない。

貧困によって、非認知能力の発達が阻害されて、粘り強さ、誠実さ、自制心、レジリエンスなどの能力が発揮できなくなるらしい。
これは貧困の連鎖とも言える。
環境によって正常な発達が阻害されているとしたら、それは親のせいだけではなく、国、政府の責任だろう。

過度のストレスを子供の頃に受けることによって前頭前皮質の発達が抑制され、感情面、認知面で未成熟になり、理性ではなく感情で動くようになるらしい。

貧困な家庭環境から子どもを救い出す必要がある。

category: 読書メモ

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 育児    思考  読書   
tb: 0   cm: 0

180927 読書メモ 『絶滅の人類史』 更科 功 絶滅の先にはマッドマックス的な未来が?  

歴史にあまり興味はない。どうせ諸行無常の連続でしょうと思ってる。
「諸行無常」という言葉が出てくることに、中学生のときの暗唱にも意味はあったと思う。

もっと大局的に見たヒトの生物としての歴史なら興味がある。進化の歴史だ。
歴史というよりも生物か…。
どうしてもそういう本を見てしまうと読みたくなる。




アウストラロピテクスやホモサピエンス、ジャワ原人、クロマニヨン人、ネアンデルタール人なんかは知っている人も多い。
この本にはもっと詳しく出てくる。正直、途中でどれがどれだかわからなくなるが、気にしなくていい。
分類というのは意味がないとは言わない。分類することには意義があるが、分類を覚えることには意味はない。
情報の記憶でコンピューターに勝てるわけがない。
ヒトはもっと別のことをしたほうがいいい。

肉食獣の中では走るのが遅いと言われているライオンでさえ、オリンピックの100メートル走で金メダルを取ったウサイン・ボルトより速く走れる。いや、でっぷりとしたカバだって、だいたいボルトと同じくらいの速さで走れるのだ。



ヒトは進化の過程で短距離走は諦めたらしい。
オリンピックのたびに100メートル走で盛り上がっているのがバカらしくなる。
長距離走であればヒトは結構多くの動物よりも上にくるらしい。

食事や消化に時間が取られなければ、暇な時間ができる。
暇な時間も、人類が知的活動を行うためには重要だったと考えられる。



暇は重要だ。
学問は暇な時間ができてから発展したというのは、ギリシア・ローマ時代の奴隷制度によるものだ。
今は、コンピューターが奴隷の代わりになるはずだが、主従関係が逆転しているかもしれない。
スマートフォンにヒトは暇を吸い取られている気がする。

地球で人類がもっとも脳化指数が高い動物になったのは、わずか150万年前という最近のことなのだ。それまで数千万年間は、脳化指数がもっとも高い動物は、ずっとイルカだったのである。



人類がチンパンジー類から分かれたのが700万年前なので、550万年間も我々は直立二足歩行するサルだったわけだ。
しかも実は、脳はネアンデルタール人よりも小さい。
ホモサピエンスだけが残った理由は、頭が良かったからではなく、単純に子孫を多く残せたという理由が大きいらしい。

著者はネアンデルタール人の隣人がいたらという空想を書いているが、ホモサピエンスである我々は他の種族を絶滅させずにはいられないのだろう。
地球上の資源には限りがあるし、それを奪い取るために進化したのだ。
今更引き返せはしない。
ヒトは資源を他の種族はもとより、同じヒト同士であっても奪いあい争う。それがヒトとしてのさがだし、生物は皆そうだ。
マッドマックス的な世紀末の予感しかしない。




category: 読書メモ

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tag:   読書  進化    時間 
tb: 0   cm: 0

180918 読書メモ『集中力はいらない』森博嗣 を読了。文系・理系の傾向はある  

私も、理系と文系という分け方は嫌いだが、その分け方に傾向はあると思う。

理系の人は、客観性に重点を置いている。
客観>主観であることが多い。
事実を重んじる。感情の起伏が緩やか。

文系の人は、主観に重点を置いている。
客観<主観であることが多い。
自分の信じたものを重んじる。感情の起伏が激しい。

うちの奥様は理系と言われる大学を卒業しているが、私は文系の傾向が強いと思う。

風水的なこと(?)を言い出して、急に布団の向きを変えたりする。
今まで引っ越してから5年間おおよそ南に頭を向けて寝てきたが、急に北に頭を向けて寝ると言い出した。
理由は地球の磁場にあるらしい…。

「ピップエレキバンでも貼って寝たらいいのでは?」と一言いってみたが、議論してもケンカになるので、おとなしく北枕で寝ている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピップエレキバン MAX200 24粒
価格:1260円(税込、送料別) (2018/9/17時点)

楽天で購入



私は寝る方向に拘りはない。
むしろマットレスをローテーションする手間が省けると思った。

理系的な人が客観的な事実を積み上げたものを、文系的な人が主観的にぶち壊すということはよくあること。

研究に対して「それはなんの役に立つのか?」と言う質問とか、スーパーコンピューターの開発で「2位じゃだめなんですか?」と言った国会議員もいた。

役に立たないなら、成果が出ないならやめろというのは、学問の探究においては不純だと思う。

話がそれたが、私は森博嗣さんの本とは相性がいい。小説も好きだ。Vシリーズが私のオススメです。

天の邪鬼の理系の方はご一読を。
ただコレ、表紙が読んでて恥ずかしい。何とかならなかったのか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

集中力はいらない (SB新書) [ 森 博嗣 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/9/17時点)

楽天で購入



category: 読書メモ

thread: 最近読んだ本

janre: 本・雑誌

tag:   ミステリー  読書  森博嗣 
tb: 0   cm: 0

180818 『ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展』へ行ってきた!  

うらわ美術館で近いということもあり『ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展』へ行ってきました。

子供たちにはtupera tuperaさんたちの絵本を図書館で借りてきて1ヶ月前から、予習させました(笑)。

私が借りたのは『パンダ銭湯』、『しろくまのぱんつ』、『いろいろバス』の3冊。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パンダ銭湯 [ tupera tupera ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/8/19時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しろくまのパンツ [ tupera tupera ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/8/19時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いろいろバス [ tupera tupera ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/8/19時点)



それ以外の本も保育園で読んでもらったりしているみたいで、子供たちはよく知っていました。

工作のスペースなんかもあって、子供たちも楽しめたみたいです。

パンダ銭湯に入って撮影できる展示もありましたよ。
ファンの方はお子さんと一緒にぜひ!

浦和駅がキレイになっていてビックリしました。

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 育児    読書  アート 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。