FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム »育児
このページの記事一覧

190126 韓国のトランスフォーマーがカッコいい件   

娘がインフルエンザでダウンしてるため、出かけることもできずテレビを見ています。

息子はテレビの録画に早々に飽きてしまい「車のシンカリオン見せて!」と言ってきます。

彼の言う「車のシンカリオン」とは、トランスフォーマーのことで、今はYou Tubeで韓国のおもちゃの動画を見るのが好きです。



トランスフォーマー世代の私としては、かなりカッコいいと思うんですがどうでしょうか?

プロポーションがいいですよね!

シンカリオンよりも、正直、カッコいい気がします。

息子は変形の機構を見るのが好きで、変形させるところばかりをたくさん見ています。

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 育児  おもちゃ  YouTube  韓国  トランスフォーマー  シンカリオン 
tb: 0   cm: 0

190124 娘がインフルエンザになりました。 妥協案を見つけるのが得意なんだけど、評価されたことがない。  

娘がインフルエンザになった。

当然、保育園へ行けないので、誰かが面倒を見なければならない。

結果としては私が休むことになった。

私が勤務している会社では、子供の看護のための休暇なら、2日目からは有給休暇になる。

1日目は保育園から発熱の連絡があり、奥様が早退した。

私は2日目から担当なので、有給休暇になる。

インフルエンザの娘にとっては、看病するのは、父親よりは母親の方がいいに決まっているが、何でもかんでも自分たちの思い通りになるわけではない。

会社と家庭の妥協点というものがある。

私は、相反する案の中で落とし所を見つけるのが得意だと、自分では思っているが、人から指摘されたことも評価されたこともない。

自分では得意だと思っていることも、他の人から見ると、そうでもないのかもしれない。

数字にできない、単位のないものは評価のしようがない。

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 仕事  育児  インフルエンザ  思考  妥協 
tb: 0   cm: 0

190120 5歳の子供にとっての地球の自転とは とってもゆっくりらしい  

地球の自転スピードについて、5歳の子供が言っていた。

地球が自転しているということは、どこかで聞いてきたらしい。

「地球が回っていてもガタガタゆれたりしないから、とってもゆっくり回っている」と言っていた。

少し頭が良くなってきていると感動した。

ゆれていないということから、スピードが早くないと予想したのだ。

「ゆれていないけど、とっても速いんだよ」と説明したが、いっちょまえに「何キロ」とか言ってくる。

言ってもわからないと思いつつも、一応計算してみた。

地球の赤道が40000kmが24時間で一周するわけだから、約1600km/h

「1600キロだよ」と説明すると「速っ!」と驚いていた。

5歳のうちの子は1000を超える数字は、とりあえずすごく多いと思っている。


category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 育児  教育  地球  自転 
tb: 0   cm: 0

190116 娘の英語教育について考える。 英語よりもまず自分の考えでしょ!  

奥様は、娘の英語教育に熱心だ。
どちらかと言うと、私は奥様よりも英語ができる。

奥様は、私から見ても英語があまり得意ではない。
新婚旅行のときにイタリアで、トイレの場所を聞いたときも、相手が「downstairs」と言ったのを聞き取れずに、上の階へ駆け上るくらい、リスニング力がない。

英語ができないからかもしれないが、子供の英語には熱心だ。
子供を英会話へ通わせるべく、英会話スクールを探している。

私は5歳の子供に英会話なんて必要ないと思う。
5歳の子供がやる英会話などたかが知れていて、せいぜいゲームをやる程度だ。

そもそも英会話でネイティブと同じような発音で喋れる必要はないと思っている。
rとlの区別なんかつかなくたっていい。

英語よりもまず、自分の考えをきちんと持てるようになることが大切だと思う。

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 人生  育児  英語  教育 
tb: 0   cm: 0

190116 時短勤務が終わったら、どうするの? 国は時短勤務制度をもっと整えろ!  

うちの会社は3年生から6年生に時短勤務が延長されるらしい。
我が家の子供たちはまだ5歳と3歳だから、うちの子たちが3年生になる頃には、時短勤務が延長されることを願う。
幸いなことに、うちの会社の保証はだいぶいいほうだと思う。

時短勤務は会社によって何歳までという制度が違う。
小学6年生までというのは、当然のラインだと思うんだけれど、会社の偉い人たちはいままでそう思っていなかったらしい。
会社単位でやるような制度では、本来ない。
国として、一億総活躍社会を目指すのなら、早急に整備すべき案件だ。

時短勤務で奥様はなんとなく18時ごろには家に帰れているけれど、時短勤務が終わってしまったら、家につくのは19時を過ぎてしまう。
学童で何時まで預かってくれるのかわからないが、下の子が3年生、上の子が5年生で19時まで親の帰りを待って、それから夕飯を食べるというのは、結構辛いのではないかと思ってしまう。

国として、有給休暇なんかよりも先に、時短勤務をもっと整備したらいいのに!

category: 考え方メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 育児  学童  教育   
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop