楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム »育児
このページの記事一覧

161124 子供のように雪を楽しむ  


 


「大雪だな~。嫌だな~」なんて考えず、子供のように雪を楽しむ。



実際、うちの3歳の娘は朝から

「雪のいっぱいふるかな? 手袋して行きたい! 帽子かぶりたい! パパ手袋していかないの?」

と大はしゃぎ。


近くの保育園へ通園するだけでもこの騒ぎっぷり。



つられてパパも長靴で会社へ行くことにしました。



こんな天気のときしか活躍の時がないから、たまには長靴を楽しみましょう。




category: 日記的メモ

thread: パパの育児

janre: 育児

tag: 人生  育児    長靴 
tb: 0   cm: 0

161123 3歳の上の子が初めてパンツで寝た日。  


 


>子供はオムツを経て、パンツへと移行します。


子供のいない人にはあまり想像がつかないことだと思います。


実際私もそんなこと考えもしなかった。



パンツを履いて寝るということは、3歳の子供にとってはそれだけでも成長なのです。


私達が今、オムツではなくパンツで夜寝ているといことは、その成長を見守ってくれた大人がそばにいたということなのでしょう。



日中はパンツで過ごしている3歳の娘にとっても、夜寝るときにパンツで寝るということはチャレンジです。


その成長を自分でも楽しんでいるかのように、何度も「チャレンジ」と言っていました。



奥さんと二人で、シーツの下におねしょシーツ、ビニールをひきました。


興奮して娘はなかなか寝ません。


正直、相手をしていた奥さんは疲れたでしょうが、子供の小さな成長を嬉しく感じたでしょう。



無事に朝を迎えられて、娘は
「夜、パンツで寝ても大丈夫だったよ!」
と起きてきました。






category: 日記的メモ

thread: パパの育児

janre: 育児

tag: 人生  育児  成長  オムツ  おねしょ 
tb: 0   cm: 0

161116 子供の鼻水を吸引する機械がオススメです!  

nosenose / squant


小さい子供は、すぐに中耳炎になります。

うちの子は二人共、保育園ヘ行っているので、風邪を引きやすいです。

どちらかが鼻水を出しているような情況で、鼻水を自分でうまくかめないから、中耳炎になる危険性が高いです。

耳鼻科へいくと、鼻水を吸引してもらうことになりますが、実は自宅でも使用できる同じような物があるのです。もちろん、病院のものよりは、吸引力が低めな感じがしますが、素人が使用する分には、吸引力が低めな方がむしろ安全だと思います。




うちでは鼻水がでるとこれですぐに吸引しています。

子どもは3歳と1歳ですが、どちらもけっこう嫌がります。

歯磨きのときみたいに、両足の太ももで子どもの腕を抑えて股で頭を固定すると、嫌がっても吸引出来ます。

子どもが上手く鼻をかめるようになるまでは、使用頻度が高いアイテムだと思います。

category: 日記的メモ

thread: パパの育児

janre: 育児

tag: 育児  鼻炎  中耳炎  風邪  パパ 
tb: 0   cm: 0

161122 我が家の保湿クリームは妊婦用!?  

 
11月も中旬ですから、かなり乾燥していますね。

子供の肌は意外と乾燥しやすいんです。

乾燥から掻いてしまって、掻き壊で受信されている方をよく見ます。
大人は痒みを我慢できても、子供はできませんからね。

うちでは子供も大人も、お風呂上がりに妊婦用のクリームを使用しいます。

コレです。




実は、以前他のクリームを買おうとして間違えて買ってしまったものなのですが、意外にも奥さんから好評で、乾燥するこの時期にリピート購入しています。

問題は値段が高いということなんですけどね…。

category: 日記的メモ

thread: パパの育児

janre: 育児

tag: 保湿  乾燥  クリーム  育児 
tb: 0   cm: 0

150119 増えていくキャラ物と家族の遠慮  

 


もともとキャラ物はあまり好きではないのですが、いつのまにやらアンパンマンのグッズがやら、ムーミンの絵本やら、ミッフィーやミッキーマウスのぬいぐるみやらが家に増えていきます。

これは、もうどうしようもないことなのでしょう。

子育てあるあるとして誰もが経験することなのでしょう。

今のところ、娘がキャラ物を自分で選んできて買うとことはなく、娘へのプレゼントとして誰かに買われてくるのです。
うちの娘を思って買ってきてくれるのだから、これは止めようがありません。

これから先、娘がキャラ物を欲しいと言ってきたときにもそれを止めることなどできるわけもないのです。

キャラ物やガチャガチャした柄の洋服というのを通過して人は大人になるのでしょう。

これは現代的なひとつの通過儀礼としてあるもので、誰のせいでもないのです。
そういう文化と受け入れるしかありません。

共同生活とはそういうものです。お互いに遠慮し合いながら、生活していくものなのです。
大人だから、親だから、子供だからえばってもいいというものではないと思います。

ただ親としてではなく、一人の子供時代を通過した大人として、キャラ物の学習机だけは回避させてあげたい。



category: 日記的メモ

thread: 日記

janre: 日記

tag: 育児 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop