FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム »薬
このページの記事一覧

190121 インフルエンザ流行中! B型にはゾフルーザ? A型にはタミフル、イナビル、リレンザ?  

薬局にインフルエンザの患者さんが来るようになりました。

こうなってくると、どんどん増えてきますね。

門前の先生は、新薬のゾフルーザを使ったり、タミフル、イナビル、リレンザ使ったり、色々です。

好みがないのか、薬局の在庫が無くならないようにバラけさせてくれているのか?

塩野義のゾフルーザは1回飲めば終わりなので、それが一番楽だとはおもいますが、もう耐性ウイルスの話が出てきてますからね、どうなんでしょうか…。

ゾフルーザは、A香港では耐性ウイルスが出やすいみたいなので、先生はB型にゾフルーザを処方しているのかもしれません。

B型は元々、タミフルが効きにくいみたいですから。

スポンサーサイト



category: 日記的メモ

thread: 医療業界

janre: 就職・お仕事

tag: 仕事    思考  インフルエンザ 
tb: 0   cm: 0

190117 吐き気がして会社を早退。 インフルエンザの検査って結構辛い!  

吐き気が昨日の夜から続いて、出勤したけれど治らないので早退した。
熱が38.1℃まで上がってきたので、インフルエンザの可能性もあったので、近所の内科を受診した。

やっぱりインフルエンザが流行っている時期だけあって、混んでいた。
座る場所がないので、そんなに高熱でもないが、隔離してある高熱患者用の椅子に座っていた。
インフルエンザっぽい、顔を赤くした患者が二人待っていた。

診察室でインフルエンザの検査をした。
鼻から綿棒の細いやつを入れる検査だが、結構辛い。

しばらく待って、インフルエンザは結果、陰性。
インフルエンザは発熱して直ぐに検査をすると、陰性になってしまうことがあるので、明日も熱が高かったら受診するように言われた。
インフルエンザは恐ろしい。

category: 日記的メモ

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

tag:   仕事  病気  インフルエンザ 
tb: 0   cm: 0

181227 遅刻したときになんと言い訳するか 素直がいいとは限らない 「寝坊しました」はありえない  

私の勤めている会社では、寝坊で遅刻すると一発で始末書になる。
かなり厳しいと思うが、他の会社で働いたことがないので、他社で寝坊の遅刻がどのような扱いになっているかはわからない。
もしかしたらもっと厳しい処罰がくだる会社もあるのかもしれない。

始末書になると当然、遅刻した本人は反省文を書かなければならない。
部下が始末書を書くと、こっちは誤字がないか、文章が変ではないか、そもそも反省が文章に現れているかなどをチェックしなくてはならない。生産的とは思えない仕事が増える。

だから私は、寝坊して遅刻だと分かっても、素直に「寝坊しました」と報告するなと部下には言っている。
体調が悪いから遅れて行くと言ってくれればいいと部下には伝えている。

頭のいい大学を出ても、こんなに親切丁寧に指導しないと薬学部の学生たちは本当に素直だから「寝坊しました」と報告してくる。
素直な「寝坊しました」報告を新入社員からされるたびに、この国の教育は本質的に間違っているんじゃないかと思ってしまう。
頭がいいとはなんなんだろうか?

category: 日記的メモ

thread: 医療業界

janre: 就職・お仕事

tag:   仕事  教育 
tb: 0   cm: 0

181219 生保の方は強制後発でって、おかしくない!?  

10月から生活保護法が改正されて、生活保護の方には基本的にジェネリック医薬品を調剤することになりました。
生活保護の方には選択権はありません。ほぼ強制的にジェネリックです。

薬局サイドからすれば、問題の火種なるようなことをぶち込んできやがってという感じですが、医療には税金がたくさんかかっているので、医療費の削減という意味ではしょうがないことなのでしょう。

ただ、個人的な意見としては、なんで生保だけなの?という感じ。
生保以外にも公費の医療というのはたくさんあって、乳幼児、ひとり親、重度身障や特定疾患などたくさん自己負担額0円というはあります。
生保だけを対象にするというのは公平ではないと思います。
税金を収めているんだから他の人はいいというのを理由にしてしまっては、そもそもの福祉の概念が覆ってしまうのでは?

国民皆保険制度にしているんだから、公平というは一番大切だと思いますよ。

category: 日記的メモ

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

tag: 仕事    お金 
tb: 0   cm: 0

181218 薬剤師の仕事 疑義照会 授乳婦にコデインはダメ!  

授乳婦にフスコデが処方されていた。
フスコデにはコデインが入っているので授乳婦には、基本的には使わないので疑義照会だ。
『疑義照会』は、いわゆる医師の処方箋にたいする薬剤師からのツッコミである。
逆転裁判なら「異議あり!!!!」的なやつだ。

コデインは体内で代謝されてモルヒネになる。
モルヒネは咳を抑える物質でなので、コデインは多くの咳止めに入っていた。
過去形なのは、現在ではあまり入っていないからだ。
普通にドラッグストアで売られていたものが、配合されなくなった。
海外の事例だが、「母乳への移行により、乳児でモルヒネ中毒が生じたとの報告がある」からである。

薬剤の適用量を守っていても、コデインからモルヒネになる体内での代謝酵素の働きが強い人の場合、一度に過度に代謝されてしまい、モルヒネ中毒がでるということがわかっている。
その代謝酵素の強い人が、日本人にも1%程度いるらしい。

母親の中でまずモルヒネが大量にできるわけだから、母親がまずモルヒネ中毒になるわけである。
モルヒネ中毒といっても薬物依存になるということではない。
異常な眠気、錯乱、呼吸抑制、ひどい便秘などの副作用症状がでるということである。

そういう理由があって、「フスコデは基本的に授乳婦に使わないんですけど」と疑義照会をしたわけですが、先生の返答は「じゃあ、リンコデ(リン酸コデイン1%)6gで」って。
先生そうじゃない…。

大人ではコデインは今でも普通に使っている薬ですが、呼吸抑制の副作用がでると重篤なので、12歳未満は制限が入るようになりました。

実は授乳婦が飲んでも確実に大丈夫としている薬は非常に少ないです。
それは試験ができなからです。試験をできないので、どこの製薬会社も大丈夫とは書かない。
しかしながら、経験則ながら大丈夫と考えられている薬はたくさんあります。
もし不安があるのなら、下記サイトを参考にするといいと思います。

国立成育医療研究センターさんの授乳中に安全に使用できると考えられる薬

category: 日記的メモ

thread: 医療業界

janre: 就職・お仕事

tag: 仕事    育児 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop