パパの育児日記 ホーム »未分類
カテゴリー「未分類」の記事一覧

151208 エビスタとアサコールのジェネリック医薬品が発売されます。  

 


骨粗鬆症治療薬のエビスタと潰瘍性大腸炎治療薬のアサコールのジェネリック医薬品が12月に発売になります。

エビスタは、私の勤めている薬局では結構処方量が多いです。月に4000錠くらい処方されるので、ジェネリックに変えていきたいですね。

高齢者は医療費の負担割合が1割です。
自己負担金が低いので、国の医療費に対して無関心なのです。
消費税なんて上げてないで、高齢者の医療費を3割にしたらいいと思う。

アサコールはひとりの患者に処方される量が多い薬なので、これも変更していきたいですね。
潰瘍性大腸炎も、難病指定で、患者は負担金の上限があるのて、ジェネリック変更がなかなか進まないかもしれないです。

医療費を削減するためには、まず予防です。
健康的な生活を送りましょう。


category: 未分類

tb: 0   cm: 0

151114 STOKKEのイスを組み立てました。  

 


先日、ジージ、バーバから買ってもらったSTOKKEのトリップトラップを、今日遅ればせながら組み立てました。



上の子のものも組み立てているので、30分くらいで組み上がりました。
ちなみに上の子は女の子なので、赤いイスを使っています。
二人が小学校に上がったら、便経机ノイズとして使ってもらおうと思っています。



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

150731 よく噛んで食べると…。  

 
『うれしい悲鳴をあげてくれ』という本に、よく噛むようになって、本当の味を知ったという箇所があった。

これはもう、真似してみねばと思ってやってみている。
朝、牛丼を食べた。
よく噛んで食べると、味が濃すぎるように感じる。
たぶん濃い目の味付けなのだろう。
それからは、汁少なめで頼もうと思う。

昼、ローソンの麻婆丼をよく噛んで食べた。最初の辛味は、すぐに消える。その後味がなくなる。
1口70回くらい噛んだ。
ご飯は甘くなるのかと思ったが、ほとんど味がしなかった。
これは、私がどこか悪いのか、ご飯の質が低いのか?
少し怖くなった。

美肌・ダイエットなど…「よく噛む」効果が侮れない! - NAVER まとめ

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

150721 レゴのの基礎板を衝動買い  

 
昨日たぶん21時には寝ていたので、朝の4時に目が醒めてしまった。

司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく(1)』の気に入ったところをノートに書き写した。

『竜馬がゆく』はソフトバンクの孫正義さんの動画を見ていて読みたくなった。
食わず嫌いだった。
息子にもぜひ読んで欲しいと思った。全巻を買うかどうかは、読んでから考えようと思う。

バスの中で、レゴの基礎板をAmazonで購入した。

昨日、レゴのセットを娘に買い与えたばかりだけれど、ショップに設置されていた基本板が気になっていた。
これがあった方が、レゴを積みやすいのは明らか。

バスの中で衝動買いしてしまった。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

150525 昨日学んだこと 人生の質を高める方法  

 
人生の質を高める4つの方法
1 重要なことを増やす
2 新しい重要なことする
3 重要でないことを減らす
4 重要でないことをやめる

ではどうやって増やしたり減らしたりするのか?
simple, leverage, accel, mutiple
この4つを標語に判断していく。

物事をシンプルにてもつにはさらに7つの要素を考えねばねらず、すでにシンプルさはない。

よく考える
再評価する
再編成する
リストラする
改良する
最初から作り直す
コントロールを取り戻す

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

131002 タマちゃんの帰宅。赤ちゃんを迎える  

 
 昨日、タマちゃんが退院して、家に来ました。彼女にとっては奥さんの腹の中から出て初めてのお宅訪問です。「なるほど~」とは言いませんでしたが、泣きもしませんでした。病院との匂いの違いには気がついたかもしれません。
ついでに、奥さんのお母さんも来ました。
もちろん手伝いに来てくれたのです。

 出生届も出してきました。
これで正式な日本国民になったわけです。
まだジタバタすることと、泣くことと、うんことおしっこしかできませんが。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

130521 時間の使い方  

 世代間の価値観の変化は、育ってきた環境が違うから、当然だと思います。
 もともと、常識なんて抽象的で曖昧なものに数学の定理や物理現象のような意味はなく、『みんな』というその存在さえも曖昧なものによって作り出されたものなのですから、曖昧さにかけてはなかなかのものです。

 その常識に縛られ過ぎているのが、サラリーマンでしょう。意味がないとわかっているネクタイを首に巻き、動きやすいとも履き心地がいいとも言えない革靴を履き、行きたくもない会社に行って、やりたくもない仕事をしています。

 子供の頃はまさか自分がサラリーマンになるとは思ってもいませんでした。お金を稼ぐ為とはいえ、朝から晩まで、1日のほとんどの時間を使ってしまっています。

 会社も勘違いして、社員は昇進したいものだと思っています。『責任』という実態のありもしないような概念で大人を縛り付けています。

 時間術の本を読んでみても、人生の時間の上手な使い方は教えてくれません。

 こんなに働く必要はあるのでしょうか? 自分だけが取り残されるような気がして、一応は働いていますが、石ころを投げ合うような無駄なことです。

 もっと自分のために生きてもいいんじゃないかと思います。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop