楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム »2007年07月
2007年07月の記事一覧

7月30日の気になること  

水がもたらす8つの体への影響
そういえば、水を飲みすぎてなくなった人もいたね…。


「選挙権を放棄する」というライフハック
わたしも選挙に行っていない。それでも、興味がないし、現状にも満足している。


シンジより軽く跳び、ハルヒより熱く泣く、「時をかける少女」の主人公マコト
ひとりで男とつるめるマコトはカッコイイと思う。ほかのキャラクタはあんまり知らないや…。


【ざわ…】 選挙黙示録カイジ 【…】
ざわざわ、で有名なカイジでなんでも表現できてしまうということがすごすぎ。


ゼロカロリー飲料は大丈夫か メタボの元凶という研究の真偽 (J-CAST)
「ゼロではない」ということを知らない人が以外に多い。


北も選挙? サンデー…落選者ナシ、投票率99.8% (夕刊フジ)
「筆記用具が用意されていない」ところが、「さすが!」というべきか…。


2007アジアカップ 敗退に関するオシム監督の帰責性は大きい
あんまり代表に興味がないから、試合を観ていないけれど、高原がブレイクしていたイメージがある。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

7月28日の気になること  

【民主党】 「日本人でよかった」とはなんだ。偏狭なナショナリズムがむかつく。ぷぷぷ…平岡議員秘書、丸川氏を批判
平岡氏の批判が、偏狭すぎてワロタ。


「わいせつ」英語宿題 高1に「好きな体位は?」  (J-CAST)
むしろ、頭に残りやすくていいのではないかと思う。


シュトロハイムの奇妙な面接
志望動機で『圧迫面接』はねーよ(笑)。


category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

7月27日の気になること  

ミニチュアで作られるアートな世界「Glass Cathedrals」
こういうの大好きだけど、芸術ではなくホビーだよね。


民主党・さくらパパ 「年金なんか、納めてなくても納めたと言っていい」…年金虚偽申請を「奨励」
( ゚Д゚)ポカーン、もうね、いきおいだけなんじゃないかと‥。


【光市・母子惨殺】 被告の元少年「僕は死刑後、来世で弥生さんの夫になるかも」「弥生さんは、洋さんが怒っているのを喜んでいないと思う」
なんのために裁判やってるのかわからない。


category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

7月21日の気になること  

これは画期的!新感覚のアイディア歯ブラシ『BRUSH & RINSE』
正直、歯ブラシ経由の水は口に含みたくないんだけれど…、みんな平気なのだろうか?


第一印象をよく見せる方法 スーツ編
第一印象は一度しか与えられないから大切だよね。まあ、書いてる人の顔写真で説得力がちょっと下がっている気もする…。


ノートをとる利点の教え方
アメリカにいる飛び級で大学はいりましたみたいな天才キッズたちは、大学に入って、まずノートのとり方を教わるらしいよ。


【社会】 登校中の小6女児をいきなり刺した男、精神科に30年通院…宮城
キチガイ『弱者』を守ることに何の意味があるのか、私には解らない。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

7月20日のきになること  

効率的に勉強するための10の方法
わたしは単純に考えることが大切だと思っている。


女性向け精神治療薬「アイシテル」解説 完全版
あんまり連続投与するのもどうかと思う。耐性の問題もあるからね…。


いつ見ても絶対に正確な時計
この発想はなかった…。


アニヤ・ハインドマーチのエコバッグ、関西でも人気
なんかブランドってすごいね…、( ゚Д゚)ポカーン


正しい学の衒いかた
薬学部なら「律速段階」っていうのがスラングかもしれない。


今日は1日投薬で、1日中、お薬の説明して渡して、レジ打って、薬歴書いて、という1日でした。なんだか、こういう日がこれから増えそうです。あんまり疲れないでいい感じではありますがね。

話はかわりますが、I・O DATAのGV-MVP/RX3というTVキャプチャボードを買ってみました。が…、わたしのパソコンのスペックが低すぎてあんまり映りが綺麗じゃありません( ・ω・)ノ――――――――――――――@ ショボボボボーーーン

CPU変えればいいのかな?

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

なぜ1人1票なのか?  

わたしは少し株をやっているのだけれど、株を買うということは企業を買うということで、企業は株主を対象とした株主総会というものをおこなう。


有名どころではエーベックスのバカみたいに所属タレントを起用した株主総会が有名だけれど、エーベックスの株を持っている人たちは『あれ』が目当てだったりするから、一概に「バカじゃね」とも言えないね。


と話が少しずれてしまったので元に戻すと、株主総会では当然ながら1人1票ではない。持っている株数に応じて票が振り分けられる。すごく当然だ。だから、一番会社に対して投資している人の意見が相対的に強くなるわけである。


これを国に置き換えてみるという考え方は乱暴だろうか? わたしはそうは思わない。だいたい、投票権がみんな同じということに無理があるし、理不尽である。税金を納めている額によって票の重みが違ったっていいじゃない。それこそ平等というものではないだろうか?


どこを切り口として『平等』というのかは、価値観の問題だから難しい。とりあえず憲法9条がどうとかいっているヤツは(゚⊿゚)イラネ、というのがわたしの見解ではある。

category: 考え方メモ

thread: 日々のつれづれ

janre: 日記

tb: 0   cm: 2

PS2の修理  

社会人になると休日が暇である。


レポートもないし、宿題もない。


社会人よりも学生のほうが休日は忙しい。


だから、ゲームをやろうかと思って、ソフトを買いに行った。


中古のヴァルキリープロファイルを買って、いざPS2に入れてみるとディスクを読み込めない…。


PS2のソフトは読み込めるのに、PSのソフトは読み込めないという状況らしい。


こういうときに、ネットというものはとても便利である。わたしのこのような体験も誰かが経験していて、ネット上にアップしている。


どうやら、PSのソフトはCDで、PS2のソフトはDVDであるようで、それぞれ読み込むレーザーが違うらしい。


で、今回、PSのソフトが読み込めないわけだから、それを改善すれば良いというわけだ。


PS2をばらして、レンズを掃除して、そしてレーザーの出力を上げる。これだけで本当に読み込めるようになってしまった。


人知というものは共有することに意味があるのだと思う。


記憶を残しておく媒体として、昔は紙であったが、今は無限に広がるネットということになったのだろうか?


特に趣味程度のことについての知識なら、ネットで十分に網羅できてしまう。すごい世の中になったものだ。


修理の参考にしたサイト


evolution

category: 日記的メモ

thread: ゲーム機

janre: ゲーム

tb: 0   cm: 0

ブルース・ブラザース  

ブルース・ブラザース ブルース・ブラザース
ジョン・ベルーシ (2006/04/01)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る

熱狂的ファンの多い、ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドの『ブルース・ブラザース』。脚本はダン・エイクロイドと監督のジョン・ランディスで、彼らのクールなギャグセンスいっぱいの娯楽大作である。ブルース・ブラザースが、生まれ育った孤児院の窮地を助けるために、かつて活動していたバンドを再結成することに決定。昔のバンド仲間を訪ね歩くハプニングだらけの道のりと、ハチャメチャなステージ活動が最高におかしい。


正直、ブルース・ブラザースが実際どんな音楽活動をしていたのかは知らないが、娯楽映画としてよくできている。この手のものは映画として、撮られていないものが多いが、アングルからして「作品」として撮られているので、映像としての面白さがある。


あたしはあまり、音楽に詳しいほうではないので、レイ・チャールズとジェームズ・ブラウンくらいしか知らないけれど、それでも十分楽しめるのだから、素晴らしい。


また、悪いことばかりしているブルース・ブラザースの最終的な目的が「税金を納めにいく」というのが非常に面白いと思う。

category: 映画メモ

thread: 今日のレンタルDVD/ビデオ

janre: 映画

tb: 0   cm: 0

陽だまりのグラウンド  

陽だまりのグラウンド 陽だまりのグラウンド
キアヌ・リーブス (2006/12/22)
松竹

この商品の詳細を見る

ギャンブルで借金を抱えた青年が、報酬目当てで少年野球チームのコーチを引き受ける。人生に挫折し、自分を見失った主人公が純粋な少年たちとの交流を通じ再生するまでを描いた感動作品。


キアヌ・リーブスを好きな人は、キアヌ・リーブスばっか見てるから、この映画の良さには気がつかないだろう。


賭け事に明け暮れていた負け犬(キアヌ・リーブス)が、一応、職を得て美人でまじめな彼女もゲットしたとうのだから、これはもう奇跡的なサクセスストーリーだと思う。『再生』と書いてあるけれど、もともと成功していたわけではないから、単なるサクセスだと思う。


現実的には格差社会の暗い部分も描いているわけで、そこら辺が単なるサクセスストーリーというだけじゃなくていい。


野球チーム辞めたヤツがギャングになってたりね。そこら辺が妙にいい。


日本でもちょっと前まで『格差』という言葉がブームだったけれど、スラムがない日本に『差』なんてものがあんのかよ。努力を怠ったヤツが取り返しのつかないところまできてしまって「ギャー、ギャー」騒いでいるようにしか思えない。


もっと言えば、本当は、野党とマスコミが無理やりほじくりかえしているようにしか思えないんだよね。

category: 映画メモ

thread: 今日のレンタルDVD/ビデオ

janre: 映画

tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop