パパの育児日記 ホーム »2008年03月
2008年03月の記事一覧

『とりあえず』でもフレームを決める  

【事実】

撮り貯めていた映画を観た。
デンゼル・ワシントン特集なのか、「リコシェ」・「フィラデルフィア」のどちらにも出演していた。

リコシェ 炎の銃弾リコシェ 炎の銃弾
(2007/05/25)
デンゼル・ワシントン、ジョン・リスゴー 他

商品詳細を見る

PHILADELPHIAPHILADELPHIA
(2007/10/24)
トム・ハンクス; デンゼル・ワシントン; アントニオ・パンデラス

商品詳細を見る

どちらも社会的な『死』を扱ったものだった。どちらも悪い映画ではない。特に、リコシェはデンゼル・ワシントンが若くてやんちゃな感じでいい。

昼ごろに出かけて、「のらみみ(6)」、「公認会計士VS特捜検察」、「禁断のパンダ」を購入。
「禁断のパンダ」は表紙がかわいいのと『このミス』大賞受賞作ということで買ってみました。

ダンボール箱も買いました。

0331

物を突っ込んだだけだけど、なんとなく整理されたように感じるから不思議です。

【気づき】

フレームを決めるということが大切。
とりあえずでもいいから、フレームを決めるとものすごく整理されたように見える。

視点をたくさん持つということは、結局は自己の正当化につながるのではないか?
自分に都合のいい視点を見つけているだけなのではないだろうか?
客観的な視点などというものは存在しない。

【教訓】

決断というものに時間をかける意味は無い。

逆説的に捉えて、物事を全部ポジティブに捉えればいい。

【宣言】

人生の幸福も人生の細部に宿る。


関連
[書評] 思考の補助線   茂木健一郎
[書評] 佐藤可士和の超整理術   佐藤可士和
[書評] 逆説思考 自分の「頭」をどう疑うか    森下 伸也

 

category: 日記的メモ

thread: ダメ人間日記

janre: 日記

tag: 整理  フレーム    デンゼル・ワシントン      逆説 
tb: 0   cm: 0

[書評] 逆説思考 自分の「頭」をどう疑うか    森下 伸也  

逆説思考  自分の「頭」をどう疑うか (光文社新書)逆説思考 自分の「頭」をどう疑うか (光文社新書)
(2006/07/14)
森下 伸也

商品詳細を見る

何でもかんでも、視点を変えれば、見え方も変わるもので、できれば何事も自分にとって都合のいいように解釈したいもの。
人間だもの。

特に本の中でも紹介されているけれど、ことわざには逆説的なものが多い。
「急がば回れ」とかね。
こういうパラドクスが言葉に深みを与えている。

特にわたしは「無用の用」というのがお気に入りです。

人間もそうで、イメージと違った何かがあると、その人に深みが増します。

辛いこと・楽しいことも、逆説的に考えれば、オセロをひっくり返すみたいに、楽しいこと・辛いことになる。
こういう流されない考えかたを、「塞翁が馬」という。

全ては、物事をどう捉えるかということだから。


関連
喪失と獲得 ニコラス ハンフリー

category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tag: 逆説  人生  視点  進化  文化  ことわざ 
tb: 0   cm: 0

[書評] 佐藤可士和の超整理術   佐藤可士和  

佐藤可士和の超整理術佐藤可士和の超整理術
(2007/09/15)
佐藤 可士和

商品詳細を見る

書店でカバーがかっこよかったので買った本。いわゆるジャケ買い。
それもそのはず。アートディレクターさんの本でした。

なんか「サムライ」っていう会社の偉い人みたいです。
ユニクロとかのブランディングもしているみたいです。
ドラマ「恋ノチカラ」で堤真一さんがやっていた役みたいな感じでしょうか?

アートディレクターが何故に整理術の本?という疑問がわいてきますが、著者に言わせれば、広告のデザインというものは、無から有を生み出すのではなく、あいまいな物から本質を整理して見つけ出すという作業に近いようです。
ゆえに、整理こそが本質なのです。

整理は3段階に大きく分けられます。そこからさらに細かく分けられますが、ここでは基本となる3段階を紹介します。

1 状況把握
現状に対する情報を得る。

2 視点導入
情報にある視点を持ち込んで並べ替え、問題の本質を突き止める。

3 課題設定
問題解決のために、クリアすべき課題を設定する。


必ずこの順番で進める必要があります。
また、この基本は空間・情報・思考、全ての整理に使える考え方です。

本としてはたいへん読みやすく、著者の思考が整理されている感じがします。

category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tag: 整理  思考  情報  アート  ユニクロ 
tb: 1   cm: 0

[書評] のらみみ 3 (3)   

のらみみ 3 (3) (IKKI COMICS)のらみみ 3 (3) (IKKI COMICS)
(2005/06/30)
原 一雄

商品詳細を見る

ドッタリ君は最高なのだ!

category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tag: のらみみ 
tb: 0   cm: 0

不条理  

なんで、休日と平日の割合は逆にならないんだろ・・・。
人生は修行だ。

category: 日記的メモ

thread: ダメ人間日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

無駄の多い教育現場  

0328

実は、人知れずだとは思うけれど、薬学部は6年制になっている。
6年間、大学に行かなくては、薬剤師にはなれないのだ。
いままで、4年で取れた資格が6年行かないと取れないのだ。
そんなバカなと思うだろうが、こういうバカなことが起こってしまうのが、教育という現場である。

4年でできたことをわざわざ6年にするのだから、なんとも…、やれやれという感じである。

6年も大学にいって、取れる資格が薬剤師だったら、相当数が医師・歯科医師・獣医師に流れてしまうのではないだろうか?

まあ、大学側は儲かるし、何の文句も無いだろう。

4年間で足りなかった実習の時間を増やすというのが目的らしいが、実習なんか増やすよりも、4年で卒業させて、働かしちゃったほうが『経験』という意味では、はるかに現実的で意味がある。
実習なんて、所詮は『お客さん』なんだよね。

そもそも、専門的な勉強だけなら、2年もあれば事足りるような気がする…。

大学をでたときから薬剤師としてのプロフェッショナルを作るという名目で6年制になったけれど、医師を見ればわかるとおり、大学出たてがプロに簡単に変身できるほど現実はやさしくない、ということが大学から出たことの無い先生がたには理解できないらしい。

システムを作っている人が、大学からでて働いたことの無いような人たちだから、現実社会からかけ離れたようなシステムを作ってしまう。

結論としては、薬学部を大学から専門学校にしてはどうかと…。

category: 考え方メモ

thread: つぶやき

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

[書評] 思考の補助線   茂木健一郎  

思考の補助線 (ちくま新書 707)思考の補助線 (ちくま新書 707)
(2008/02)
茂木 健一郎

商品詳細を見る

茂木先生の本ははじめて読んだ。
さすがに、世界を引き受ける的な意気込みがあるらしく、知識の幅が広い。

いわゆる専門バカではない。

おもしろいと思ったのは、生命の拡散性と人間の収束性を絡めた矛盾。
生命という有限の個体が、無限を思考するという面白さ。

矛盾を内包しているからこそ、ヒトは考える葦なのかもしれない。
矛盾した存在というのは、ナウシカでも表現されていた。

価値と倫理を外に任していては、生きている意味が無いというのも納得できる。

こういうのもひとつのクオリア体験なんだろう。
もちろん、わたしの感じたクオリアとあなたの感じるであろうクオリアは同一のものではない。


関連
脳を活かす勉強法   茂木健一郎
無限から有限への変化が人生なんだね

category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tag: 矛盾  生物  クオリア  思考 
tb: 0   cm: 0

無限から有限への変化が人生なんだね  

0325

事実】

今日は休みで、ファンタスティック4の2作目を観た。
引き続きニュークリア・エイジを読みつつ、並列して茂木健一郎氏の思考の補助線も読んでいる。
片方に飽きたらもう片方にというのを交互にやっている。

【気づき】

「思考の補助線」でどこの章だか忘れたけれど、人生は未来という空白を埋めるものだということが書かれていた。

すなわち、無限の可能性から限定していくのが人生であるということらしい。

人は、空白にこそワクワクするもので、シェイクスピアのテンペスト(あらし)で誰が言うのか忘れたけれど「おお、素晴らしき新世界よ!」って言うんだよね。
コレこそが、空白に対する期待なんだって。
もっとわかりやすい具体例は、旅行に行く前のワクワクということらしい。

確かに、事前の期待を現実が上回ってくれるというこのは、残念ながら、わたしは経験したことが無い。

有限は無限にあこがれるらしい。
しかしながら、予感→体験→記憶の連続である人生は、無限を有限に変えていく作業である。
こういった矛盾を内包しているから、複雑なのかもしれない。

【教訓】

2冊同時に読んでいると、もう1冊ぐらい増やしてみてもいいかなあと思う。

【宣言】

世界を引き受けることにしました。


関連
脳を活かす勉強法   茂木健一郎

category: 日記的メモ

thread: つぶやき

janre: 日記

tag: 有限  無限  人生  シェイクスピア  茂木健一郎 
tb: 1   cm: 0

ドラクエのようには行かないよ…。  

0322

【事実】

少し昼寝をして、浅い眠りの中で夢を見た。
映画を観ているような夢で、わたしという登場人物は居なかった。
ドラクエを少し進めて、ニュークリア・エイジを読んでいる。
14時ぐらいにブックオフに行く。半額セールをやっていた。伊坂幸太郎の文庫は全部なかった。残念。
本屋をハシゴして、「佐藤可士和の超整理術」という本を買った。いわゆるジャケ買いみたいなもので、デザインがよかった。
帰ってきて、墓場鬼太郎の最終回をみて、ケロロ軍曹をみた。
少し掃除もしました。

【気づき】

昨日と今日に区別が無いのは、わたしが成長していないからもしれない。

【教訓】

ドラクエのように戦えばレベルが上がるというものでもない。

【宣言】

生涯、いち遊び人でいたい。


category: 日記的メモ

thread: つぶやき

janre: 日記

tag: 成長  ブックオフ  ドラクエ  整理 
tb: 0   cm: 0

ヴァーチャルとリアルは何が違うのか?  

0321

【事実】

たいしたことやってないや…。仕事に行って、薬つめて、患者さんと適当にしゃべって、一日終わり。
B級映画以下の生活。
グレイト・ジャーニーに憧れる。
ニュークリア・エイジを半分ぐらい読みました。
のらみみも漫画で読んじゃったから、あんまり見る気しないや。

【気づき】

ニュースでやっていること、道路の話とか日銀総裁だとか北京オリンピックだとか、あまりにわたしの生活から乖離しすぎていて現実味がない。

【教訓】

現実味のない話はヴァーチャルと同じである。
また、もう会わなくなった旧友も存在しないのと同じではないだろうか?
自分のフレームでしか世界を捉えることはできない。

【宣言】

世界って脳みその中で作られているんだ。
そういう意味ではヴァーチャルとリアルの区別なんかない。


関連
ブレードランナー
愛しのローズマリー

category: 日記的メモ

thread: ダメ人間日記

janre: 日記

tag: 現実  ヴァーチャル  リアル   
tb: 0   cm: 0

[書評] 本を読む本   モーティマー・J. アドラー、C.V. ドーレン 他  

本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
(1997/10)
モーティマー・J. アドラー、C.V. ドーレン 他

商品詳細を見る

内容(「BOOK」データベースより)
本書は、1940年米国で刊行されて以来、世界各国で翻訳され読みつがれてきた。読むに値する良書とは何か、読書の本来の意味とは何かを考え、知的かつ実際的な読書の技術をわかりやすく解説している。初級読書に始まり、点検読書や分析読書をへて、最終レベルにいたるまでの具体的な方法を示し、読者を積極的な読書へと導く。単なる読書技術にとどまることなく、自らを高めるための最高の手引書。


「本を読む本」、邦題としてはちょっと分かり難いが、原代「How to read a book」ならわかり易い。
いわゆる、本の読み方に対するhow to本である。

読書は4つのレベルに分けれる。

レベル1 初級読書
文章を把握できるという程度のレベル。

レベル2 点検読書
制限時間つきで、系統立てて本が理解できるというレベル。

レベル3 分析読書
最終的に本を批評できるというレベル。

レベル4 シントピカル読書
複数の本から主題を多角的に捉えられるというレベル。


どのレベルでも、読書に対する積極性が大切であるという。

積極的読書のための4つの質問
積極的な読書とは、『読んでいる間に質問をすること。さらに読書の間に自分自身で回答すること。』というもの。
質問とは

1 全体として何に関する本か。

2 何がどのように詳しく述べられているか。

3 その本は全体として真実か、あるいはどの部分が真実か。
 
4 それにはどんな意義があるのか。



つっこみを入れながら本を読んでいると、わりと疲れるものであるが、積極的な姿勢が本をより楽しいものにしてくれるのならば、心地よい疲れと言えるのではないだろうか。

最後に心の琴線に触れた一文を

もっとすぐれた本の場合は、再会したとき、本もまた読者とともに成長したようにみえるものだ。


一緒に成長してくれる本、最高ではないか。


関連
間の取れる人 間抜けな人   森田 雄三
脳を活かす勉強法   茂木健一郎

category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tag: 読書  成長  関連  積極  趣味 
tb: 2   cm: 0

アレロック錠2.5/アレロック錠5  

 
アレロック錠2.5/アレロック錠5(オロパタジン塩酸塩)   協和発酵工業

基本的注意
眠気がでることがあるので、車の運転など注意。

効能・効果
アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患に伴う痒み

用法・用量
5mgを朝・就寝前の1日2回経口投与。(適宜増減)

作用機所
選択的H1受容体拮抗作用


花粉症のシーズンだがらよく出ます。
わりと眠気をうったえる患者さんが多い気がする。
シーズン中は服用を続けてください。
物理的な防御も大切ですよ。


category: お薬メモ

thread: ☆薬剤師☆

janre: 就職・お仕事

tag:   アレルギー  花粉症 
tb: 0   cm: 0

問題解決の6則  

0319

アソシエの4月号にのっていた問題解決の6則を自分なりに改変。

問題解決の6則

1 切羽詰った状況に身をおく

危機的状況でないと動き出せないことは、自明です。

2 「なぜ」・「どうして」を繰り返す

理由が分からないで繰り返している習慣というものは意外と多いです。
理由のないものは、する必要ありません。

3 視点を固定しない

さまざまな視点から物事を見ると、欠点も利点に変わります。
オセロのように裏返せることが多いです。

4 大きく複雑な問題は分解する。

小さなことからコツコツと。

5 問題と答えを明確にする

抽象的な概念はなるべく省きましょう。
邪魔なだけです。

6 選択肢は重みによって順位をつける

順位付けのできていない場合が多いです。
あるいは、感情にながされて合理的な選択肢を捨てている場合が多いです。


関連
合理的な選択のための5つのステップ
[書評] つっこみ力   パオロ・マッツァリーノ
日経ビジネス Associe しないことリスト


category: 考え方メモ

thread: ダメ人間日記

janre: 日記

tag: 選択  問題  解決  アソシエ  雑誌 
tb: 0   cm: 0

医療もビジネスですよ  

3017

【事実】

休日当番で、出勤していました。
当然病院も救急と休日診療しかやっていないから、お客も少ない。
伝票の打ち込みとか、掃除とか、そういうことをしていた。
誰か明日、微妙にキレイになっていることに気が付くだろうか?

【気づき】

休日に店を開けていても、完全に赤字ですよ…。
ボランティアじゃないんだからさ、こういうところをもう少し偉い方には、考えていただきたい。
小さい薬局なら、経営を圧迫しかねない。

【教訓】

医療もビジネスです。

【宣言】

コスト意識をつよく!


関連
医療と宗教
患者はもっと主張すべきだ

category: 日記的メモ

thread: ダメ人間日記

janre: 日記

tag: 医療  ビジネス  休日  薬局 
tb: 0   cm: 0

[書評] のらみみ 1   原 一雄  

のらみみ 1 (1) (IKKI COMICS)のらみみ 1 (1) (IKKI COMICS)
(2003/11/29)
原 一雄

商品詳細を見る

かつて誰もが憧れた
「居候キャラクター」
生活を共にし、日常を
ユカイに演出してくれる
愛すべき異分子
そんな居候キャラが
世間にあふれかえる時代の話


ついに漫画まで買ってしまった。
ほとんどアニメでやってしまっているけれど、やってない話もある。
好きなら買っても損はない。

アニメでもやったけれど、やっぱりドッタリくんと半田っちのエピソードがいいね。



アニメのEDもいい曲だと思う。
加賀美セイラかわいいし。


関連
新番組のおすすめ のらみみ

category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tag: アニメ  のらみみ  コミック  ほのぼの  社会 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop