パパの育児日記 ホーム »2009年05月
2009年05月の記事一覧

090627 新人研修用のボタンが欲しい!  

簡単なおもちゃでいいんだけれど、ボタンを押すとドラクエやファイナルファンタジーのレベルアップしたときになる効果音が出る、おもちゃが欲しい。

ルーキーを指導していると、どうも新しいことが出来るようになっているという実感が、薄いのではないかと思うことがある。

そこで、日常的に誰もが体験したことのあるレベルアップの効果音を出すことによって、現実的な向上をバーチャル的に分かりやすく体験できるのではないだろうか?

ちょっと探してみたけれど、まだこういうおもちゃはできていないようだ。

少し前に、無限プチプチってあったじゃない、あんな感じで、『無限レベルアップ』を作ったらどうだろうか。


関連
仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本 米光一成
ドラクエⅢ大好き!
チームのリーダーになったら‐ 『人を動かす』


category: 日記的メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tag: アイディア  レベル  おもちゃ  ドラクエ 
tb: 0   cm: 0

090526 今月の給料  

普段着 ユニクロ

今月の給与は、総支給額32万円。
控除が6万円。
なんで手取りが、26万円でした。
残業代が結構ついてた。


関連
収入の2割は「自分の未来」のために投資する-お金を稼ぐ!勉強法
今月の給料から、年金を考えてみた
[読書メモ] 凡人として生きるということ 押井 守


category: 日記的メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tag: お金  ユニクロ  給料  手取り  残業 
tb: 0   cm: 0

A6ノートで読書を超速化しなさい 松宮義仁  



ノート術には最近注目していて、いろいろな本を読んでいる。
これは、A6ノートを利用したマインドマップの方法が紹介されている。



本を読む時間があったら、働きなさい。

読書をして仕事に生かそうと思っている人は多いかもしれない。
そういう目的で、読書をしているのなら、「本を読んでいる暇があったら、働け」ということになるだろう。
読書の目的ってそういうものじゃないでしょ。
趣味には、そんなも必要ないんじゃないだろうか?
人生には、ワクワク感が必要でしょう。

A6ノートには利点が多い。
A6ノートは携帯性がとても高い。
スーツの後ろポケットにもすっぽり収まる。
メモを記録することによって、オートクライン効果も期待できる。

A6ノートの悪い点ももちろんある。
マインドマップを書くには、スペースが狭い。

読書を高速化するには、目的が必要だ。
目的があれば、勝手に読書は高速化する。
参考書を全部読むバカはいない。

人生にも目的があれば、高速化するのかもしれないが、そんな人生に楽しみやワクワクがあるのだろうか?
もともと目的のない人生に目的をつけるのなら、楽しいもののほうがいいよね。




わざわざ高速化しなくても、この程度の本なら、2時間もあれば読める。
ビジネス書は、目的が具体的なので、誰でも意識しなくても速読できると思う。

総合評価★★


関連
ひとつにまとめる安心感‐[書評] 情報は1冊のノートにまとめなさい 奥野宣之
夢を目標に変える手帳術-一冊の手帳で夢は必ずかなう
[書評] 読書は1冊のノートにまとめなさい 奥野宣之
[読書メモ] 脳を「見える化」する思考ノート 午堂 登紀雄


category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 人生  A6ノート  仕事  メモ  マインドマップ  手帳 
tb: 0   cm: 1

090522 マスク、マスクって、なんなの?  

昨日から、薬局内でマスクをするように会社で決まった。

私は、マスクが嫌いなので、嫌々しているわけだ。

だいたい、呼吸がし辛いし、蒸れるし、何がいいのか分からない。

マスクなんかをつけるよりも、うがい・手洗いを徹底した方がよっぽど予防的な効果は高いと思う。

マスクは、インフルエンザになった人が病院にいくときなどにつければ十分なのではないか?

だいたい、200人以上感染して死者が一人も出ていないようなインフルエンザなんだから、季節性のものと大差ないのではないでしょうか。

予防は大切だと思うけれど、今回のマスコミの対応は、人々の恐怖をあおっているだけのような気がする。

マスクよりは、手洗い・うがいでしょう、どう考えても…。


category: 日記的メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tag:   仕事  マスコミ 
tb: 0   cm: 1

[読書メモ] 脳を「見える化」する思考ノート 午堂 登紀雄  


脳を「見える化」する思考ノート
午堂 登紀雄
ビジネス社 ( 2008-08-28 )
ISBN: 9784828414485
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

ノート術・メモ術に最近はまっています。




やりたいことを全部揚げて可視化すれば、自分の脳にアンテナが立ちます。そうすると、関連する情報がどんどん飛び込んできて、「やりたいことをやるためにやるべきこと」が見えてきます。(P53)

カラーバス効果の考え方だ。
まあ、やりたいことがハッキリしていれば、進む道を決めるのも簡単だろう。
まずは、行動する前に目的をハッキリしておく方が、あとあと無駄なことをしなくてすむ。


思考ノート術をマスターするために、5つのルール
ルール1 日付けと発言者の名前とテーマタイトルを入れる
ルール2 線で関連づけながら書く
ルール3 書いたものを後から見直して発想を付け加える
ルール4 たっぷりのスペースをとって、一ページ一テーマで
ルール5 色を使い分ける

コレが具体的なやり方なんだけれど、まあ、やり方なんてものは、最初に真似るだけで、後は自分で自分のスタイルに落とし込むしかない。
それが、長続きのコツだし、そうじゃなきゃ面白くない。
個人的には、B5ノートは持ち運ぶには大きすぎる。


「ほんとう?」「なぜ?」「だから何?」を意識して書く

男はとかく、抽象的に物事を考えがちです。
抽象→具体へということを意識しないと、いつまでも堂々巡りを繰り返すことになりかねません。
具体化したほうが、行動にも移しやすいです。





総合評価★★★

この人の本は、前にも読んだなあ。同じ様な内容だったと思う。
まあ、自己啓発だから、何度読んでもいい。
ビジネス本だから、すぐに読み終わるし。
ただ、B5ノートは携帯出来ないでしょ…。
A6までだな。


関連
090106 クルトガ中毒
ひとつにまとめる安心感‐[書評] 情報は1冊のノートにまとめなさい 奥野宣之
人生、『適当』が一番だよ‐ [書評] 「突き抜ける!」時間思考術

category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 手帳  ノート  A6  マインドマップ  カラーバス 
tb: 0   cm: 1

[映画メモ] ICHI 綾瀬はるか 曽利文彦  


ICHI  スタンダード・エディション [DVD]
綾瀬はるか, 大沢たかお, 中村獅童, 窪塚洋介, 柄本明
ジェネオン エンタテインメント ( 2009-04-03 )
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


綾瀬はるかが可愛いから成立するような映画。

「座頭市」の説明は必要ないだろう。
日本の誇るダークヒーローで、勝新太郎の当たり役。
北野武がリメイクをして、成功している。

この映画が、いい役者を使っているのに盛り上がらない理由は、脚本にある。
市は、旅の目的を途中で失ってしまい、さらに成長も描けなかった。
『境界』という曖昧な言葉で逃げたわけだけれど、あれを『愛』にしておけばもっと分かりやすかったのではないか。






総合評価★★

綾瀬はるかの殺陣をスローモーションとカット割りにすることで、うまく演出しているし、殺陣のときに見えるフトモモのチラリズムに興奮するけれど、それだけの映画だ…。


関連
090102 おっぱいというよりはおしり派なんです、本当に


category: 映画メモ

thread: 映画

janre: 映画

tag: 綾瀬はるか  アクション  殺陣  おっぱい 
tb: 3   cm: 2

[読書メモ] プロフェッショナルの条件 P・F・ドラッカー  


プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか
・F. ドラッカー, Peter F. Drucker, 上田 惇生
ダイヤモンド社 ( 2000-07 )
ISBN: 9784478300596
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

仕事になんとかして意味や目的を見つけ出すために、読むべき本。
実際、仕事には意味や目的なんてものはないけれど、無理矢理に意味や目的を加えなければ、やる気なんておきるわけもない。
なんでも、つまらないと思った時点で時間の無駄になる。
幻想でも、こじ付けでもいいから、仕事に意味をもたせないと、定年まで働くことはきつい。



仕事は長い間、教養のある人たち、豊かな人たち、権威ある人たちの注目に値しなかった。それは、奴隷のすることだった。


そもそも、金を稼ぐ必要がなかったら、今の仕事を仕事を続けているだろうか?
続けると答える人は少ないだろう。
仕事で自己実現なんてものは、雇用主にとっての社員を働かせるための嘘でしかない。
仕事とは、本質的には自分の労働力をお金に換えているだけのことで、目的はお金を稼ぐことであることを忘れてはいけない。
自己実現だの、成長だのそんなものは、仕事の目的でもなんでもない。


第一は、明らかになった強みに集中することである。
第二は、その強みをさらに伸ばすことである。
第三は、無知の元凶ともいうべき知的な放漫を正すことである。


人間には人それぞれ特徴があって、得意・不得意がある。
不得意なことで貢献するよりは、得意なことで貢献してもらった方が、会社にとっても本人にとっても都合がいい。
弱点を補うチームよりも、強みで勝負するチームの方が強い。
コレは、人事の問題になる。
しかしながら、一般的に会社で人事の役割は軽んじられている。
人事の影響力を考慮せずに、人事に集められる社員は、ハッキリ言って使えない社員ばかりだ。
なぜなら、戦力になるような社員は、他社との競争の激しい部署にあてられる。
自社の問題が最重要であるはずだが、目先の争いに気をとられ、人事はどうしてもあとまわしになってしまっているのが、現状だろう。
人事こそが、会社がうまく回るためのキーなのではなか?


何によって憶えられたいか


自己を規定するのは、常に他者との比較である。
周囲がいなければ、自分自身さえも存在しない。
自己の認識とはそういうものだ。
周囲と関係なく、自分ひとりで生きていく場合には、社会なんてものは存在しない。
何によって憶えられたいかというのは、つまるところ、人にどう思われたいかということだろう。
他人の評価を過度に気にする必要はないと思うが、評価というものは常に相対であるということを肝に銘じておく必要がある。





総合評価★★★★

本来は意味のない『仕事』というものに、幻想でもいいから、意味を見つけ出すというのが、楽しく生きるコツなのではないだろうか。
そういった勘違いが、極限まで肥大すると、国会議員のような自意識過剰な状態に陥ってしまうけれど。


関連
[読書メモ] デッドライン仕事術 吉越 浩一郎
[映画メモ] デトロイト・メタル・シティ
[読書メモ] サラリーマン劇薬人生相談 ひろさちや


category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 人生  仕事  ドラッカー 
tb: 0   cm: 0

090517 人生の目的って何?  

朝、起きて『地球が静止する日』をDVDで観た。
ひどいクズ映画だった。
老けたキアヌ・リーブスと酷い映像。
B級以下だった。
何にでも、教訓というものは探せば見つけられるもので、別にありがたがるようなものでもないがこの映画の教訓は、本当に切迫した状況でなければ、人は変わらないということだ。
ただ単に、変わったものは残って、変わらないものは消えるというだけのことだけれど。

『A6ノートで読書を超速化しなさい』
『からだを読む』
『休日手帳』
3冊を読了。

目的があれば、読書を高速化できるのは当たり前。
試験勉強で教科書を全部読むバカはいない。
多くの人がしたい速読というものは、そういうものではない。
目的のない読書を高速化したいのではないか?

人生の目的ってなんだろう。


関連
[読書メモ] ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ 滝本竜彦
[読書メモ] 勝つために戦え! 押井 守
夢を目標に変える手帳術-一冊の手帳で夢は必ずかなう


category: 日記的メモ

tag: 変化  目的  人生 
tb: 0   cm: 0

090508 表現の主体は受け手にある!  

買い物
休みだったので、買い物へ行ってきました。
結局、本屋をブラブラしてしまうんだよね。


GIANT KILLING(10) (モーニングKC)
綱本 将也
講談社 ( 2009-04-23 )
ISBN: 9784063727890
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

すべての情報は1冊の手帳にまとめなさい
「知的生産」向上委員会
三笠書房 ( 2008-12-18 )
ISBN: 9784837923008
おすすめ度:アマゾンおすすめ度



コレを購入しました。
とりあえず全部に目を通した。


作品を見る目に一般性はない!
Newsweekを読んで「人によって映画の見方もかわるんだなあ」と再確認できた。
「ペギー・スーの結婚」「ツインズ」「ファイト・クラブ」なんかは、批評家的には『名作』らしいけれど、私にはどごがいいのか分からない。
逆に、酷評されている「ザ・ファン」「スリーパーズ」「ザ・ビーチ」「Vフォー・ヴァンデッタ」は、私は結構好きな作品だ。
もちろん、「エターナル・サンシャイン」「スクール・オブ・ロック」「ミスティック・リバー」「メメント」「ゲーム」「プラトーン」など、私も共感できる作品もたくさんある。

こういう作品って、結局、自分の主観しだいだから、誰の評価もあんまり当てにできないものなのかもしれない。
見る目がある・ないではなく、自分の好き嫌いが自分自身で分かっているというのが、大事なんじゃないだろうか?

日本の場合は、映画の評論化が映画のCMに出たりしているから、その時点で終わっている。


ネットの面白いところ
おもしろいページを見つけたのでメモ。

美女侮辱

かなりイイ!


関連
アヒルと鴨のコインロッカー
映画には理由がある‐[映画評] 28日後...
制限は芸術を生む-[映画評] フレンジー
[映画評] アフタースクール


category: 日記的メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tag: おもしろい  美女  映画  雑誌 
tb: 0   cm: 0

[読書メモ] 短期間で組織が変わる 石田 淳  


短期間で組織が変わる
石田 淳
ダイヤモンド社 ( 2007-09-29 )
ISBN: 9784478300756
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

ポイントは、行動を分析して、ボトルネックとなる行動に集中しろ!ということだった。
そして、叱るより褒めろ! 1:4ぐらいがちょうどいいらしい、ほんとかな?




行動分析学とは、人間の行動を科学的に研究する学問である。(P27)

心の闇とかそういうところにいっちゃった心理学とは、少し毛色が違う。
人間はもっと単純なんじゃないかと思う。
ある種のブラックボックスではあるけれど、コレが入ったら、ああなって出てくるというような。
『バカの壁』でも「y=ax+b」で人間を表現していた。

行動分析学では、望ましい「行動」をした人に対して必ずリインフォースする。(P35)

行動したかどうかが重要。結果ではない。
まあ、もちろん結果が大切なのは分かる。
結果の良し悪しによって、我々はボーナスが上限したり、出世に響いてきていたりするのだから。
しかし、ルーキーの評価とベテランの評価とでは、その評価する割合を変更するべきだと思う。
ルーキーは、プロセスを重視する。結果よりも過程を大事にしてあげた方が、正しいスタイルが身につくと思う。
ベテランは、結果を重視する。手順を理解したベテランならば、プロセスを変更するぐらいのアイデアがなければ、価値がないだろう。

そこに所属する人たちの行動を分析し、その中から結果に直結している行動を見つけることだ。リーダーが必要な行動を加え、不要な行動を取り除くことによって、求める結果は必ず得られる。(P83)

リーダーの仕事は、その他の人との仕事とは別!
もし、リーダーが他の人と同じ仕事をしてしまうような状況にあるのならば、それは部下の責任だ。
部下は、リーダーがフリーになるように動かなくてはならない。
コレは、エースをフリーにするように動くチームスポーツに大変近い考え方だと思う。

行動分析が目指すのはどういう会社かというと、スポーツを楽しむ感覚で仕事をする会社である。(P220)

日本の会社には残念ながら、まだそういう文化はない。
しかしながら、非常に近い状況にあることは事実だ。
私は、自分の職場のポジションがサッカーのポジションの概念に非常に近いと考えている。
そういう意味ではスポーツに近い。





総合評価★★★

もっと具体的なデータがあるとよかったかな。
仕事って、なんだか最近、中学や高校の部活動に近いんじゃないかと思う。
ワーカホリックでもないけれど、連休が長く続くと退屈だ。
あの頃の部活もそんな感じだった。テスト前で部活ができなくなると、ちょっと部活したくなったでしょ?
部活も、今の仕事と同じ様に、仕方なくやっていたというのもあったけれど、なければないで少し寂しいんだよね。
そういう意味じゃあ、今の仕事も『スポーツ』なのかな。


関連
人生を変えるのはたった「1つの習慣」‐ 脳が教える!1つの習慣 1章
[読書メモ] 思考のボトルネックを解除しよう! 石川和幸


category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tag: 仕事  行動  ポジション  スポーツ  文化  会社 
tb: 2   cm: 0

090505 大切なのは選択ではない!  

連休で毎日、昼寝をしている。
今の生活が幸福でなくてなんなのだろう。

幸福の定義は人それぞれだけれど、現状に満足できるということは、大切なことだと思う。

レンタルで借りてきた映画を2本見たけれど、どちらも「トホホ…」と言う内容なので、書くほどのことはなかった。

B級映画の本質は、自分の意思をためされることにある。
ゴミのような映画から、何を得るのか、そういうことを試されているのだ。
映画だけではなく、人生への向かい方も。

大切なのは、何を選択したかではなく、ものごとを前向きに受け止め、楽しめるかどうかということだと思う。

大黒摩季さんの歌を久々に聴きました。



この歳になって聴くと、けっこう歌詞がすごいんだ!


category: 日記的メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tag: 選択  人生  哲学  考え 
tb: 0   cm: 0

090503 幸せとは現実の影か?  


「結婚は鳥かごのようなものである。外にいる鳥たちはいたずらに入ろうとするし、中の鳥たちはいたずらに出ようともがく。」



仕事に行く途中で、中学時代の友人とばったり再会した。

小さい女の子を連れていたので、「子供?」と尋ねたら、「そう、真ん中の」と返された。
とっさに「3人いるの?」とつなげられた自分の頭の回転スピードに、ビックリした。

休日に子供と二人で公園に行くというは、実情はどうあれ、ビジュアル的は幸せというものに限りなく漸近しているのではないだろうか?
これは文化的な刷り込みか?

子供が3人もいたら、甘いだけの生活ではないということは、簡単に想像できるけれど、なんだか「俺って、不幸だな」と改めて思ってしまった。

『幸せってなんだろう?』と一日中モヤモヤしてしました。

category: 日記的メモ

thread: 思ったこと・感じたこと

janre: 日記

tag: 人生  結婚  子供  幸せ 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop