楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム »2013年05月
2013年05月の記事一覧

130524 一人の休日  

 
 図書館へ本を返しに行きました。
そして、ネットで予約した本を借りました。ネットで常に20冊以上予約しているから、返しは借りての無限ループになりつつあります。

 まあ、お金のかからない趣味だから、いいと思っています。

 そのまま図書館で薬の勉強をして、帰りにファミレスでお昼を食べて帰ってきました。ヒロスエの『マジで恋する5秒前』が、16年前の歌だと聞いて驚きました。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

130521 経営者の論理  

 
お金を稼いでなにをするのか?
生活のために働いているというのが、仕事をする根本的な目的だと思います。

 こういう分かり易い目的を、使命感だとか、責任だとか、自己実現だとか、いろんな飾りをつけてなるべく効率よく働かせようというのが、経営者の論理です。

 こういう経営者の論理に対して、疑問を持たずに働ける人は幸せです。きっと経営者にも好かれて、洗脳する側に回るのでしょう。

 でも私は、そんなことはどうでもよくて、自分の人生を生きたいんですよ。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

130521 時間の使い方  

 世代間の価値観の変化は、育ってきた環境が違うから、当然だと思います。
 もともと、常識なんて抽象的で曖昧なものに数学の定理や物理現象のような意味はなく、『みんな』というその存在さえも曖昧なものによって作り出されたものなのですから、曖昧さにかけてはなかなかのものです。

 その常識に縛られ過ぎているのが、サラリーマンでしょう。意味がないとわかっているネクタイを首に巻き、動きやすいとも履き心地がいいとも言えない革靴を履き、行きたくもない会社に行って、やりたくもない仕事をしています。

 子供の頃はまさか自分がサラリーマンになるとは思ってもいませんでした。お金を稼ぐ為とはいえ、朝から晩まで、1日のほとんどの時間を使ってしまっています。

 会社も勘違いして、社員は昇進したいものだと思っています。『責任』という実態のありもしないような概念で大人を縛り付けています。

 時間術の本を読んでみても、人生の時間の上手な使い方は教えてくれません。

 こんなに働く必要はあるのでしょうか? 自分だけが取り残されるような気がして、一応は働いていますが、石ころを投げ合うような無駄なことです。

 もっと自分のために生きてもいいんじゃないかと思います。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

130512 映画メモ 『ラスト・ターゲット』 あんな綺麗な娼婦はいない  

 


オランダの俊英、アントン・コービン監督がジョージ・クルーニーを主演に描くスタイリッシュ・サスペンスアクション。ヨーロッパの裏社会で暗殺を生業として生きるジャックは、イタリアの小さな町で人々と触れ合ううちに、引退を決意するが…。





 この映画は、相手役のヴィオランテ・プラシド嬢が綺麗すぎるから成立する映画ですね。
また、ヌードが超キレイです。
last1.jpg
 こんなに綺麗な娼婦がいたら、街中の噂になって通いつめて、廃人になってますよね。
ある意味、男の願望丸出しの映画です。

マッチョで、クールで、女にもてるというそういう幻想的な映画です。

category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tag: 映画  ヌード 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop