楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム »2013年08月
2013年08月の記事一覧

130830 もうすぐ結婚記念日だからレストランでも予約しよう!  

 
 もうすぐうちは結婚記念日なんです。

だからレストランでも予約しようと思っています。というか今さっきしました。


 でも、コレがけっこう難題だったんだ。

うちの奥さんは、臨月だから、あんまり遠くにはいけないし、レアステーキとか生ハムなんかもダメらしい。

ということは、鉄板焼き系もだめだし、満員電車もダメだからディナーよりもランチのほうがいいとか、でもあんまり近すぎると特別感がないから少しは離れていたほうがいいとか。

とまあ、色々とあ~だこ~だ考えながら、レストランを予約しました。


 で、ふと気がついたんがけれど、どうやら俺はまだ奥さんに「ダメな奴」と思われたくないんだなということ。

少しは「カッコいい!」と思われたがっているんだなということ。どんなに「のび太みたいだね」と言われようともね。

だから、レストランごときでこんなに悩むし、考える。ネットサーフィンを1時間も2時間もしてしまう。

夫婦が上手くやっていくには、こういう時間が意外と大切なんじゃないかと思うよ。僕は。

category: 日記的メモ

thread: ひとりごと

janre: 日記

tag: 人生  恋愛  夫婦  結婚記念日 
tb: 0   cm: 0

130827 お宮参りの下見に行ってきた!  

 
 今日はお宮参りの下見に神社ヘ行ってきました。
本当は、そんなつもりは全然なくて、朝6時30頃に目が醒めたので、暑くなる前に走っておこうと思って仕度をしていたら、奥さんが大の字で寝ながら「あたしも行く」というので、ランニングがウォーキングになって、流れで近くの神社まで行くことになりました。

 走るつもりでいたから、Tシャツにジャージー素材のハーフパンツといういでたちで、奥さんの水筒とタオル、パーカーをデイバックに突っ込んで、スニーカーを履いたら、すごくもさい感じになってしまいました。
奥さんからは、のび太みたい、と言われております。

 うちの子を初詣へ連れて行く予定の神社だから、それなりのものでないといけないと、さっそく親バカのような私です。

 行ってみると、意外と立派な神社でした。池なんかもあって、鯉が泳いでいました。
朝から神社を参拝している方もけっこういて、私も奥さんと子どもの健康と安産を祈願してきました。
神社とかに巨木がたくさんあると、パワースポットという感じがして、少し安心できます。

 朝からマイナスイオンを感じることができて、癒やしの効果もあるのかな。

category: 日記的メモ

thread: 日記

janre: 日記

tag: 人生  お宮参り 
tb: 0   cm: 0

130825 会社員として出世は必要なのか?  

 
会社員として出世したいというのは、私にとって、正確な願望ではない。
より正確な願望は、楽して稼ぎたいということです。
「なんと野心・向上心のない社員か!」と思うかもしれませんが、働くことの目的が出世ではなく、お金を稼ぐことであるいじょう、効率よくお金を稼ぐというのが優先されるべきです。
もちろん、出世をしたら、楽してお金を稼げるようになるというのであれば、もちろん出世したいです。

 ただ、会社の現状を観てみると、上司が全然、ラクそうではない。
私よりも残業しているが、管理職なので残業代がでないという状況です。
実際、うちの奥さんは管理職だったのですが、管理職が付く前の残業パツパツの状態よりも、年収で100万円ぐらい下がっていました。
年収が下がったにもかかわらず、仕事をしている時間はほとんど変わらないというのが、うちの会社の出世した状況です。

 社畜であるいじょう、会社の命令にはそむけませんから、コレをやれとポジションを上げられたら、基本的には断ることはできません。

 だったら、目立たないようにヒラでいつづけた方がいいような気もします。

 それに現状として、株式投資が上手く行っているので、こっちの収入を増やしていくという選択もあります。

 働くということが、いきがいにつながるようなものであるのなら、人生は分かりやすかったかもしれません。

 まあ、出世できないブラック社員の戯言です。

category: 日記的メモ

thread: ひとりごと

janre: 日記

tag: 仕事  人生 
tb: 0   cm: 0

130822 バーチャルへ逃げる  

 このままバーチャルの世界が発展を続けたら、世界はもっと個人主義に走るのだろう。
別に軍隊みたいな全体主義がいいとも思ってない。むしろ嫌いな方だ。
ただ、私がそういうのは嫌いなぶん、誰か他の人にバランスをとってもらいたいと思うから、みんなでこっちに来ないでよ、とも思う。
 こういうことを考え出すと、マトリクスを見たくなるね。今度図書館で借りてこよう。

 でも結局、リアルに帰るのかな?
バーチャルってのは逃げだし、逃げることには終わりもない。逃げ続けないといけない。
 バーチャルの中のでバーチャルに逃げるみたいな入れ子構造になるだけなんだよね。

 いくら考えたところで、現実に対する逃げ道なんて生きてる限りないんだけどね。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

130821 長澤まさみか石原さとみか? これが大人の会話なのか?  

 
 今日、後輩に質問された。
石原さとみと長澤まさみどっちがいいか?という質問です。

 女性の皆さんは知らないかもしれませんが、男はこの手の問題とも妄想とも取れる問題をいつも考えています。

 もちろんどっちとも付き合え可能性は限りなくゼロであることもわかっている。
わかっているけれど、こういう無駄な想像で人生は楽しくなるし、時間もつぶせる。

 私は、長澤まさみさんの長くて綺麗な足と、大きいおっぱいが好きだから、考えるまでもなく長澤まさみさんなんだけれど、20代の若者には、石原さとみさんが人気でした。
 確かに、唇があつくて、動きが可愛いイメージがありますね。

 30歳になっても、中学生の時にしていた会話となんらかわらない。
 大人と子どもって、思っていたほど差がないなというのが、大人になってみた実感です。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

130820 ニコンとタムロンの株を購入  

 
 タイトルの通り、ニコンとタムロンの株を買いました。

 もちろんどちらも安いと思ったから買ったわけです。

 私が株を買うときは、売る値段もだいたい決めています。
出口戦略が大切という訳です。

 株式投資はセレクトショップを経営しているようなものだと最近思います。

category: 株のメモ

tb: 0   cm: 0

130813 奥さんが泣いた。  

 
 奥さんが、仕事へ少し早く行こうとしたら泣いた。

 単に妊娠でホルモンバランスが崩れたせいかもしれないし、感情的な乱れのせいかもしれない。

 理由はどうあれ彼女は泣いた。
夫としては辛いことだ。こんな時は早く帰らないといけないんだろうけれど、帰りにコーヒーを飲んで時間を潰してしまう。

 きっと私にも感情を整える時間が必要なのだろう。

 夫婦は一心同体だと思うけれど、共倒れしてはいけないと思う。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

130812 競歩の究極は、走ること?  

 
 世界陸上で競歩を見た。読んで字のごとく、歩いて競う競技だ。

 速く移動したいなら、走れよと思ってしまうし、見ているとなんだか違和感をおぼえてしまう。

 その違和感の正体とは、究極の到達点が想像できないことにある。
これからどんなに速くなっても、走ることよりは遅いし、フォームもカッコイイわけではない。

 なんだか、私の勝手なイメージでは、ポートボールやキックベースのような、上位種目のある競技が大きな大会に紛れ込んでいるようなイメージになる。だから違和感をおぼえてしまう。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

130811 自分で考えられる子を育てたい  

 
 図書館で本を借りました。
借りた本は、以下の4冊です。



所有せざる人々

所有せざる人々
価格:1,050円(税込、送料別)



【送料無料】地雷を踏む勇気 [ 小田嶋隆 ]

【送料無料】地雷を踏む勇気 [ 小田嶋隆 ]
価格:1,554円(税込、送料込)



【送料無料】Think Simple [ ケン・シーガル ]

【送料無料】Think Simple [ ケン・シーガル ]
価格:1,680円(税込、送料込)



 自分は借りてきたくせに、紹介はアフェリエイトかよ、という感じですが、画像があったほうが分かりやすいと思いますので、分かりやすさ重視です。

 もうすぐ子供が生まれますので、子育てについての本が多くなっています。
子育てについて思う方針のようなものは、奥さんの考えはまだわかりませんが、私の個人的な考えで言えば、自分で考えられる人になって欲しいというふうに思っています。
周りの考えも意見としては取り入れるけれども、流されること無く、自分の考えを持って人生を生きてほしいと思っています。
自分自身で試行錯誤し、失敗を乗り越えられる人になってほしいです。

 そう思いながらいろいろな本を読んでいますと、やはり子供に失敗をさせるというのには、親の忍耐も試されます。ついつい自分の考える正解を教えたくなってしまうようです。
 でも、出来ればそういう考え、私が正解だと思う考え、を押し付けたくないと思っています。
だって、たぶん私が死んだ後も、うちの子は生きるだろうし、そうした時に自分で考えて、試行錯誤しながら生きていってほしい。

 そんなことを考えながら、うちの子が産まれてくるのを待っています。

 いい父親になる勉強にも、図書館は便利です。

category: 日記的メモ

thread: 日記

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop