楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム »2014年12月
2014年12月の記事一覧

141228 クリスマスプレゼントで身を削り合う夫婦もいいじゃん  

 
結婚するとクリスマスプレゼントを贈り合わない夫婦も多いですが、うちは違います。

奥さんがきちんと夜中にプレゼントとメッセージカードを置いといてくれるので、私もプレゼントを買います。

ちなみに、今年はトゥモローランドのシャツとセーターでした。私はカルティエの指輪を贈りました。

奥さんにの方が高いものを貰ってるじゃねーかと思う方もいるかもしれませんが、それでいいのです。プレゼントで女性の方が高価なものを貰うのは当然のことです。

そんなことでグタグタ言っているようでは男として格好悪いのです。

一年に一度くらい、好きな女性に高価な贈り物も出来ないのなら、それは人生の方向として間違っていると思います。

好きな女性にプレゼントのできる人生はサイコーです。

category: 人生サイコー!

tb: 0   cm: 0

141222 三谷幸喜さんの『清須会議』を観て 教育論を少し  

 


清須会議も三谷幸喜さんにかかると、ドタバタの喜劇になるのですね。流石です。

劇中で中谷美紀さんが変な踊りを踊っているんですけど、キレイな人はなにしててもキレイなんだな~とボーっとしてしまいました。

鈴木京香さんも剛力彩芽さんもキレイなはずなんですけど、お歯黒と眉毛のメイクがキツすぎて怖かった。

こういうの見ちゃうと、興味が出てきちゃって歴史の本とか読みたくなっちゃう。

学校の歴史の授業はつまんないのに、不思議。

要は工夫があるか・ないかの違い、
感情があるか・ないかの違いだと思うんだけど。
授業ってのは基本的に教科書と同じだから、教科書を音読して、書き写してるみたいなもの。

ムダだよ。板書のプリント配れよ、といつも思っていた。

そういう無駄だと思っているようなことを、我慢してできるように教育するというのが学校教育なんだろうね、きっと。

サラリーマン的な思考停止状態の人間を量産したほうがコントロールしやすいということでしょう。

みんな平均的にしようとするから無理がある。
好きなことを突き詰められるような教育のほうが才能のムダがないと思う。

どんなに出来ても100点以上取れないテストというのは問題があると思う。
できることはもっと評価しないと。

category: 映画メモ

tb: 0   cm: 0

141215 風を早く治すには  

 
風邪を早く治したいなら、下記の4つに気をつければいい。
当たり前のことばかりだけれど、大人になると意外とできない。

・水分補給・加湿
・栄養・ビタミンCの摂取
・身体を休める
・体温を高く保つ

大人になると「身体を休める」ができない。
せめて残りの3つくらいは実行したい。

これは予防にも言えること。
予防で追加するなら、うがいと手洗い。

丁寧に生活することが大事という当然の話。



category: 考え方メモ

tb: 0   cm: 0

141213『「思考」を育てる、100の講義』を読んで 森博嗣の思考が好きすぎる  

 


もともと森博嗣さんの小説は大好きだった。今は読んでいないが、高校生の頃にS&MシリーズやVシリーズは、読破してしまった。

だから、著者の直線的な思考やもの言いも好きだ。

理系文学と言われることが多いけれど、彼の書く小説はけっこう萌え要素が多いと感じる。現代のオタク文化に著者の実生活ともどもマッチしている。

森さんの文章を読むことでもやもやしていたものが言葉をもって明確になるということは多い。

著者のように、お金のある状態で自由を手に出来たら理想的だなぁと思う。


category: 読書メモ

tb: 0   cm: 0

141212 『ブランドなんか、いらない』を読んで 「ノーブランド」をブランド的に考えてるだけ  

 

《送料無料》ブランドなんか、いらない

《送料無料》ブランドなんか、いらない
価格:3,780円(税込、送料込)



今日、図書館に返さないといけないので『ブランドなんか、いらない』を流し読み。

要はブランド批判。
ブランドは本質がなくて、環境にも配慮していないし、人間を人間とも思っていないという話。

じゃあ、ノーブランドならいいのかというとそれも違うと、私は思う。
流行のノームコアも、大衆ブランドを今の流行りっぽく着るという一つの派系でしかない。

この本の著者にしたって、ノーブランドというブランド的な考えにのって、ノーブランドをまるで「ノーブランド」というブランドであるかのように崇めているだけ。

グローバルブランドにはグローバルブランドの良さがあって、ローカルブランドにはローカルブランドの良さがあるはず。
互いの良さを認めてなるべくニュートラルに考えて、自分にとって一番いいものを選べばいい。

よくこういうもの選び的な話になると、経済だとか環境だとか、そりゃあそうでしょう的な全然違う話題、環境への配慮はある方がいいに決まっているし経済格差はない方がいいに決まっている、と絡めて自説を補強しようとしてくる人がいるけれど、話題のスケールが違いすぎて補強になっていない。



category: 読書メモ

tb: 0   cm: 0

141211 薬局でサプリメントを置くらしい  

 
薬局でサプリメントを扱うことになったのでその講習を受けた。

医療費の改定で調剤薬局としての利益がかなり減ってしまったので、サプリメントでその穴埋めをしようという魂胆らしい。

あんたち間違ってるよと会社の上層部に言いたいところだが、いちサラリーマン薬剤師にそんな力はない。
大人しくサプリメントの講習を受けて、効果があるのかないのか分からない、もちろんサプリメントの販売会社の人から言えば効果のある、高価なサプリメントを売るわけだ。

話を聞いてわかったのは、薬ほど効かないから、どんな患者にも勧められるし、どんな薬と一緒に飲んでも大丈夫ということ。

それって効果がないということの裏返しじゃないの?という感じだけれど、現在の処方薬も一部はそれと似たりよったりであるということも事実。

毒にならないということが分かれば、少しは売る方の気も楽になる。




category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

141211 子供の成長に幸福を感じる  

 


1才の娘が、ドキンちゃんのシールをうまく貼れた。

自分の子供の成長には幸福を感じる。

少し前には想像もつかなかったことが、すぐにできるようになってしまう。

これからしばらくは親子という関係だが、すぐに対等な人間同士の関係になるのだろう。

老いてなお人生サイコー!だと思う。

ちなみに、ドキンちゃんの色違いでコキンちゃんというのもいるらしい。



category: 人生サイコー!

tb: 0   cm: 0

141210 バラマキ政治が国の借金を作ったんでしょう  

 
消費税を上げようとしているけれど、国の借金を作ったのは、政治家が無理なバラマキ政治をしたからでしょうと思う。

直接的な振興券とかのたぐいだけでなく、複雑な優遇措置が多すぎる。

医療費だって、高齢者の特例措置をやめて一律2割にすればいい。
2割だって、医療費のかかる老人に対して少ないくらいだ。

現状で言えば、一律3割というのが一番シンプルなのにできない。

人気がなくなって、選挙で負けるのが怖いから。

人から嫌われても、日本の未来のためにやるというのが政治ではなかろうか。

システムをシンプルに保つというのは、例外を認めだすと難しい。



category: 考え方メモ

tb: 0   cm: 0

141206 誰かにお茶を入れてもらう幸せ  

 
お風呂から上がって本を読んでいたら、奥さんが突然、生姜をすりだしたので、子供の保存用の食事でも作っているのかと思いました。

しばらくして、生姜入りの紅茶が出てきました。
咳をしている私を気遣っての生姜入りです。

こんな奥さんと一緒にいられることは幸せです。人生サイコー!ですね。

誰かに入れてもらったお茶は、自分で入れたお茶よりもおいしく感じるのだから、不思議です。



category: 人生サイコー!

tb: 0   cm: 0

141205 図書館の閉館時間にぎりぎり間に合った!  

 
会社の帰りに図書館へ寄ることが多いのですが、残業で間に合うか微妙だったのですが、ぎりぎり間に合いました。

閉館間際だったのに、イライラを感じさせずに対応してくれた図書館の方に感謝。

いい人に良い対応をしてもらえると人生サイコー!と感じます。

チップでも渡したいくらいです。
でもそうゆういい対応を換金してしまうと、行為の価値がすごく下がってしまうようにも感じるのです。

自発的に行う行為と、○○係だから行う行為とでは、結果が同じであったとしても自分の心の中での換金できない価値という点で全く別物だと思います。

自分が仕事しているときは、閉店間際に入店してくるお客にイライラするものですが、あの図書館の人を見習って気持ちの良い対応をしたいものです。



category: 人生サイコー!

tag: 人生 
tb: 0   cm: 0

141205 探していた本やCDが図書館にあった!  

 
図書館を利用できるということは、読書を趣味にしている人にとってはかなり有益です。

数ある趣味でなぜ読書だけがこんなにも優遇されているのかわからないくらいです。

たとえば、ゲームを趣味にしているという人に公費を投じてレンタルしてくれるということはないし、サーフィンやジョギング、スイミングを趣味にしている人に道具や場所を提供してくれるという公的なサービスはないと思う。

今の時代に読書だけがなぜこんなにも優遇されているのか不思議ですね。

読書が趣味で人生サイコー!



category: 人生サイコー!

tb: 0   cm: 0

141204 バスに乗り遅れたと思ったら、すぐに次のバスが来た!  

 
電車とバスを使って通勤しています。

乗り継ぎが微妙で、乗り遅れることもしばしば。

でも、今日はすぐに次のバスが来ました!
しかもすいてる。

朝から人生サイコー!です。



category: 人生サイコー!

tb: 0   cm: 0

141204 『百年法』を読んで思う、「もっともっと」を追求しても幸福はなれない  

 
これからまた大きな選挙があります。

何を争う選挙なのかというのが、いまいちわかりづらい選挙のようですので、まずその論点をはっきりしてもらった方がいいと思っています。

アベノミクスと言って自民党・安部総理大臣は経済成長を煽りますが、いまの日本にとって経済成長がいいものなのかどうか、私はそこから疑問があります。

経済成長はした方がいいとどの政党も言っていますが、どれだけ成長したら適切なのかはどの政党も言っていません。
どの政党も少子化を問題視していますが、どれくらいの人口で、人口比率どのくらいなら適切なのかはどの政党も言っていません。

有限であるものを議論するはずなのに、限度を無視して成長ばかりを追い求めています。

今現在の地球環境を考えたら、エコ(新製品を売るためのキャンペーンに成り下がっていますが…)なんて発想で足りるわけもなく、むしろもう経済の縮小を考えて政治的に実行していく段階なのではないかと思っています。

現代の消費者はわがままになりすぎました。

コンビニが24時間開いているのが当たり前、自動販売機があるのが当たり前ですが、朝早くから夜遅くまで全部が全部必要なわけではないでしょう。

日本全国の自動販売機の電気をまかなうには、原発1つの稼働が必要になるらしいです。

無駄なところはドンドン排除していったほうが、後世の日本、地球にとっていいと思います。

原発の再開を是としている自民党に投票するつもりはないのですが、かと言って他の政党にいいのがあるかというとそううまくいかないのです。

どの政党も明るい永遠に成長する未来ばかり、美辞麗句を並び立てています。

現実を見ずに夢ばかり語っているのです。

日本が世界のために進めるべきなのは経済の退化なのだと思います。
効率的なダウンサイジングで世界をリードすべきなのではないかと思います。

まあ、こんな政策で政権が取れるとは思えませんが、なんとかなるさ的に夢ばかり語る政治家たちに嫌気がさします。

人気投票にやっ気になっている政治家たちよりも、官僚に期待したいです。

山田宗樹さんの『百年法』を読んでそう思いました。
選挙に行かれる前にぜひ一読していただきたいと思います。




category: 考え方メモ

tb: 0   cm: 0

141204 子供の安らかな寝顔が最高に可愛い!  

 
仕事から帰ってくる時間と、うちの子の寝る時間とバッティングすることが多いです。

ちょっと残業で遅くなると、すでに眠っています。
寝顔がまた可愛いのです。

親になって初めてわかりましたが、自分の子の安らかで、無防備な寝顔ほど親を幸せな気分にさせるものはないですね。

自分の子の安らかな寝顔を見られて、人生サイコー!です。



category: 人生サイコー!

tb: 0   cm: 0

141203 吹石一恵がかわいい!  

 
吹石一恵さんが好きです。

たまにテレビで見るとラッキーな気分になります。

胸が大きいのもいいですよね。

吹石さんが見られて人生サイコーです!

FUKIISHI 吹石一恵写真集 / 吹石一恵 【単行本】

FUKIISHI 吹石一恵写真集 / 吹石一恵 【単行本】
価格:2,376円(税込、送料別)



category: 人生サイコー!

tag: 人生 
tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop