楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム »2015年05月
2015年05月の記事一覧

150528 昨日学んだこと 教育とは 人生のルール  

 
教育とは、その人の良いところを見つけて伸ばしてあげることです。何かを教えることではありません。

読み聞かせで子供の知性が上がる。

人生は簡潔に。

やりたいこととやるべきことは違います。まずはやるべきことをやりましょう。やるべきことを軽視する人は、わがままな人です。

その使い方にお金が喜ぶかどうかです。

子どもに対して、良くないところを指摘するよりも、よいところを褒めるほうが成長する。

自分だけの暮らしのルールを3つだけ作りましょう。
1その日のうちに片付ける。
2お金が喜ぶか考える。
とりあえず2つ。

しつけのルールを夫婦で決めておきましょう。

腹八分目と同じように、毎日の仕事も八分目でやめておきましょう。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150528 昨日学んだこと 休日の過ごし方 朝起きたら  

 
仕事と家庭を育てるために休日はある。休日の過ごし方というのはそれほど重要。

朝起きたら、耳のマッサージをしましょう。痛いところは念入りに。

どんな天気でも朝は必ず窓を開けましょう。部屋の空気が淀みがはれると、スッキリします。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150526 昨日学んだこと 姿勢について いい親子  

 


首の後ろをマッサージしましょう。

姿勢に注意しましょう。

節約をしましょう。節約は収入と同じくらい大切なことです。

いい父というのは、自分の子どもにとっていい父であれば良いということです。
周りの人がどう思おうと、うちの子どもたちが「いいパパだな」と思ってくれればそれでいいのです。
同様に、周りの人たちがなんと思っていても、私が「いい子」だと思っていたら、どんなに勉強がてきなくても、お風呂に入りたがらなくても、それはいい子なのです。
お互いに、いい父・いい子だと思っているのがいい親子関係なのだと思います。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150525 昨日学んだこと 人生の質を高める方法  

 
人生の質を高める4つの方法
1 重要なことを増やす
2 新しい重要なことする
3 重要でないことを減らす
4 重要でないことをやめる

ではどうやって増やしたり減らしたりするのか?
simple, leverage, accel, mutiple
この4つを標語に判断していく。

物事をシンプルにてもつにはさらに7つの要素を考えねばねらず、すでにシンプルさはない。

よく考える
再評価する
再編成する
リストラする
改良する
最初から作り直す
コントロールを取り戻す

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

150522 今日学んだこと 落ちこんだら 仕事とは 大切な人に  

 
落ちこんだら、日の出の時間を調べて、日の出を見ましょう。
毎日起こっている現象でも、実際に見ると感動するでしょう。
ちなみに今の私の地域の日の出は、4:30です。

仕事とは何時間働くかではなく、何をどれくらいするかが重要です。
当たり前のことですけど、ついつい何時間働いたかという方に考えてしまいがちです。

自分が食べたいもの欲しいものをみつけたら、大切な人のためにおみやげにしましょう。
特別なものでなくていいと思います。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150521 昨日学んだこと 成長と伝承  

 
子どもはすぐに成長してしまう。
例えそれが、毎日見ているはずの自分の子どもでさえ成長に驚くことになる。

仕事のできなさは伝承される。
仕事のできない人が仕事を教えると、効率の悪い不正確なかたちで伝承され、残念なことになる。

ミーはスナフキンの父親違いの兄弟でしかも弟らしい。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150515 昨日学んだこと 性格と夫婦関係について  

 


たいていのバスの運転手は、お客さんと言いながら、横柄な態度だし、何を言っているのかよくわからない。
そんな人でも、状況によっては誠実な態度を示し、ハッキリとした声でしゃべるのだろう。
性格なんてものは状況によって変わるし、あてにならない。

夫婦間の問題は、たいていの国際問題と同じように、どちらかが明らかに悪いということはないし、話し合いが終わったからといって解決するものでもない。
伸び縮みを繰り返す風船のようなもので、破裂したときが関係のおわり、つまり離婚なのだろう。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

140511 昨日学んだこと 尊敬されない上司・される上司  

 
尊敬されない上司は、自分が責任を問われ怒られそうなことは部下にふる。

尊敬される上司は、部下の仕事の不備を見つけてくれる。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150510 今日考えたこと 恋愛感情はただの劣化コピーでしかなかった  

 
子供が生まれてから分かったこと。
愛の本質は、子供を思う親の気持ちだと思う。
これは、いくら言葉を重ねても実際に子どもが産まれてみないと、分からない。

自分の子どもが産まれて初めて、無償の愛という意味がわかる。

男女間、別に同姓間でも構わないが、恋愛感情などというものは、この親子間の愛情への幻想でしかない。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150509 今日学んだこと インプットする情報の質  

 
日々の食事から身体が作られるのと同じ様に、日々の情報から思考も作られると思う。

だからテレビやインターネットでストレスのかかる情報ばかり見聞きしていると、体に悪い食品から不健康な身体ができあがるように、悪い情報から不健康な思考が出来上がるのだと思う。

テレビやインターネットで見聞きする情報は、刺激的なものが多すぎて、ストレスを与えてくるものばかりだと思う。
情報の質というものにもこだわりたいと思う。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150508 今日学んだこと 常に将来の自分を過大評価している  

 


罪悪感を抱くよりも自分を許したほうが責任感が増す。

失敗をしたら自分を許す。

自分がいつどんなふうに誘惑に負け、違いを破ってしまうかを予想することによって、意志を持続できる確率が高くなる。

ベーグルは焼くと固くなる。

限定合理性-合理性には限界がある。

欲求を刺激するものを隠すだけで、合理性が増す。

10分間待って判断する。

10分間経ったらやめてもいい。

常に将来の自分を過大評価している。

プライドが意志力の保有量を増やす

思考を抑えつけず行動だけ自制する。

禁止を実行にかえればうまくいく。


category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150507 今日学んだこと 新生児で38℃の発熱はすぐに受診した方がいい  

 
産まれてまだ2週間くらいしか経ってない我が家の長男。

昨日の夕方に体温を計ったら、なんと38.4℃。

なんか痰が絡んでるし、咳もたまにしている。鼻水も出ていると思いましたが、朝の検温では37.2℃だったので油断していました。

すぐに地域の小児の救急ダイヤルに連絡するも、そのぐらいで救急で受信する必要なしという返答を受けました。

でもやっぱり心配だったので、夜間救急の指定病院を受診しました。受診したときにはなんと39.0℃もありました。

生後2週間という事もあり、直に髄膜炎等の各種検査を行いました。

髄膜炎等の重い症状が否定され、現在うちの家族で蔓延している風邪がうつってしまったのだろうという少しの安心できる結果でしたが、大事をみて熱が下がって安定するまで入院するということになりました。

診てもらった医師の話では、産後間もない乳幼児が38.0℃以上の発熱すること自体異常事態なので、そく受診した方がいいとの説明でした。

軽い症状での救急受診が問題になっていますが、何かがあってからでは遅いし、後悔しても意味がないので、ある一定のラインで子どもにとって一番安全な受診という選択してをしたほうが良さそうです。

その線引きに個人差があるのが問題なんですよね。

簡易診断が自宅でできるようなシステムができれば一番いいのですが。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150506 今日学んだこと 意志はトレーニングできる!  

 
意志は筋肉のようなもの。だったら同じ様にトレーニングすることができる。

難しい方を選択して「やらない力」を鍛える。

毎日何かを継続して「やる力」を鍛える。

きちんと記録をつける。

毎日同じ行動をすると考えると、あとから挽回するという言い訳ができなくなる。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150504 今日学んだこと 意志力を高める  

 
意志力を高める方法

5分間の瞑想
6時間以上の睡眠
ゆっくりとした呼吸
少しのエクササイズ

科学者として自分で実験することが大切

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

150502 今日学んだこと 諧謔  

諧謔 かいぎゃく

面白い気のきいた冗談。しゃれ。ユーモア。

「―をもてあそぶ」

その文字が難しすぎて、とても冗談やユーモアを表す言葉とは思えない。

伊坂幸太郎さんの『オー!ファーザー』を読んでいて出てきた言葉。
確かに伊坂さんの小説にはユーモアや冗談というよりも、諧謔の方がその意味を的確に表しているような気がする。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop