FC2ブログ
薬剤師パパの日記 ホーム »2018年03月
2018年03月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

180326 お花見のついでに上野の国立科学博物館へ行ってきました!  

お花見のついでに、上野の国立科学博物館へ行ってきました!

まず圧倒されたのが、隣にある30mのシロナガスクジラの模型。
入る前から子供たちは興奮状態でした。

入場料は大人620円。高校生以下は無料です。
動物園もそうですが、公立の施設は入場料が安くて助かります。

常設展の方に入りましたが、ハッキリ言って1日では回りきれないほどの広さと展示量です。

2歳と4歳の子供には、展示物の動きが少ないので途中から飽きてしまったようですが、屋上で走り回ったので帰りの電車では二人共、爆睡ていました。

スポンサーサイト

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 育児  上野  博物館 
tb: 0   cm: 0

180325 お花見は満開に行こうとしてはいけない  


今日は、上野へお花見です。

満開のときに行こうとすると、混雑で大変なことになります。

3分咲~5分咲、散り際が風情があっていいと思います。

とは言っても、すでにかなり咲いていて、8分咲くらいにも見えます、人も沢山いました。

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

180324 子供へのプレゼントは子供の欲しいものか、親がすすめるものか?  

2歳~4歳くらいまでの子供で、プレゼント選びに迷うことがある。たぶん、うちだけではないと思います。



子供自身に誕生日やXmasのプレゼントを選ばせるべきかという問題。




奥さんは、子供はくだらないものを選ぶから親が選ぶべきという考えが強い。

くだらなくない、知育系の玩具をあげたいらしい。



私は、くだらなくても欲しいと思っているものをあげたらいいと思っている。


ちなみに今回は消防車です。うちのもうすぐ3歳になる息子は、はしご車が大好きで既に大小8台くらいのはしご車の玩具があります。下見に行ったら案の定、はしご車が欲しい様子。



そもそも、くだらないと思っているのは親であって、子供本人は欲しいのだから、くだらないと思っていないと思う。



玩具は遊んでなんぼだし、知育系の親が選んだ玩具にハマってくれればいいが、遊ばなければ玩具もゴミになってしまう。

なにより、自分がほしいものを選ぶということも立派な教育だ。



私がそう主張しても弱いので、欲しいという願望を満たせないまま大人になると、オタク化すると脅してみる。




奥さんもそれには納得してくれたみたいで子供の欲しいものに今回の誕生日プレゼントは傾いてきている。



子供をオタクにしないためには「一緒にゲーム」「たくさんアニメを観せれば自然に卒業する」 闇雲に禁止するとかえって逆効果



東大医学部トップの夫はゲーマー 「東大はゲームをしていても入れる」



こういう記事もあるけれど、再現性が低いしデータとして一般性に欠ける。

子育てにはこういう情報が凄く多くて、指針となるような情報がない。



ただ、自分の子供というのはかけがえのないただ1つのものだから、一般性があまり意味をなさないということも事実。



結局、最善の方法があったとても平均に対して最善であるだけで、個に対して最善であるとは限らない。

育児書は捨てるしかない。


category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tb: 0   cm: 0

180321 『映画プリキュアスーパースターズ!』を観ました。15週年でめでたい!  

娘と約束をしていたプリキュアの『映画プリキュアスーパースターズ!』を観ました。
外は雪が降るほどの寒さだったので、映画館は大盛況という情況で、ポップコーンを買うのも長蛇の列で大変でした。

新しいプリキュアになってはじめての映画で、先輩プリキュアの魔法つかいプリキュア!とキラキラ プリキュアアラモード!も登場します。
以前のプリキュアも登場するのは春のプリキュアの映画では恒例です。
私の隣では、大きなお友だちもライトを振っていました。

映画の終わりにはサラッと秋の映画の宣伝もありました。
今度は初代のふたりはプリキュアと共演するそうです。
プリキュアも15周年でめでたいですね。『お友達』も大きくなるはずです。

既知のものが登場すると、懐かしさと安心感があります。
手塚治虫先生の作品でも多くで採用されている、スターシステムですね。
子どもも例外ではないようで、娘も寝る前に映画の話をしていたら「前のプリキュアも見たくなっちゃった」と言っていました。



category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tag: 映画  育児  プリキュア 
tb: 0   cm: 0

180320 しまじろうの映画が映画デビューには最適です!  

しまじろうの映画『まほうのしまのだいぼうけん』へ、子ども2人と私の3人で行ってきました。



これから兄弟を連れて行く方は、3歳未満でも兄弟分のチケット買うことをオススメします。

というのも私は、下の子が2歳で、どうせ私の膝の上で鑑賞するからと、チケットを買いませんでした。



しかし、入場する際にチケットがないと、メガホンをもらえないことが分かりました。

プリキュアの映画ならチケットがなくても光るライトがもらえたのですが残念です。



こういうことが子供の機嫌を損ねるので、心配な方は3歳未満でもチケットを買っておいた方が安心です。

私は、一緒に入っていたしまじろうのサンバイザーみたいなものとポップコーンでごまかしました。


映画デビューはしまじろうの映画が絶対オススメ!


しまじろうの映画は、約60分の映画の途中で休憩も入るし、最初にうるさくしてもいい、踊ってもいい、泣いている子には優しくなどの注意をキャラクターが言ってくられるので、初めて連れて行く映画としては最適だと思います。


うちは途中でジュースを落として大惨事でしたけどね…。



明日はプリキュアの映画を観に行く予定です。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しまじろう30周年記念DVD スペシャルセレクション [ しまじろう ]
価格:4241円(税込、送料無料) (2018/3/21時点)


category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tb: 0   cm: 0

180317 花の名前を覚えたい。  

奥さんがお花をやっている。
日本的な生花ではなく、フラワーアレンジメント。
マンションのママ友とやっている。

作ってきた生花で、花の名前を説明してくれるのだけれど、すぐに忘れてしまう。

花の名前についての基礎的な記憶がないから、新しいものも記憶に定着しづらい。

花の図鑑でも買おうか。

category: 日記的メモ

tag: 趣味  図鑑    奥さん 
tb: 0   cm: 0

180315 バッテリーが上がってしまった→ジャンプスターターというものがある!  



車に乗ろうとしたら、スマートキーに全く反応せず。ブレーキを踏んでもブレーキランプがつかず。ルームランプもつかきません。

どうやらバッテリーが上がってしまったようです。ディーラーに電話しようかと考えましたが、奥さんが仕事で、自分が子ども二人を見ていたので、対応が大変だと思いとどまりました。

任意保険のロードサービスもありますが、同じことです。
人と人が合って作業をするという事はとても贅沢なことです。

奥さんが帰ってきてから、自分で直そうと決めました。
いろいろ調べていくと、ジャンプスターターというものでバッテリー上がりが直せることがわかり、早速Amazonで注文しました。

Amazonなら注文して翌日には届くので便利です。

早速、ボンネットを開けようとしてみますが、運転席のレバーを操作するだけでは開かないということが初めて分かりました。

普通に閉めてもボンネットが閉まらないということがわかりました。

よほど専門的なことでなければ、ネットとスマホがあればその場で調べられ解決できます。
大変いい時代に生きていると改めて実感してしまいました。

なんでも自分でやってみるものですね。
ボンネットを開けたり締めたりできる父親というのは、少しカッコいいんじゃないかと、ニヤニヤしてしまいます。

category: 日記的メモ

thread: 日記というか、雑記というか…

janre: 日記

tag: 人生  育児    自立 
tb: 0   cm: 0

180303 ドラえもんの映画を子供と初めて見ました。  

ひな祭りですが、奥さんが仕事のためひとりで子守です。

近所のスーパーに雛あられと菱餅を買いに行きましたが売っていなかったので、柏餅と桜餅のセットを買いました。
雛あられなんてどこでも買えると思っていましたが、売っていないものですね。

私が花粉症であまり外に長くいると辛いので、家の中で録画していたドラえもんの映画を観ました。

実は、ドラえもんの映画を初めて観ました。
テレビと比べると、ひみつ道具へのフォーカスが減ってストーリー、博愛精神や友情、夢など、に重点がおかれている気がしました。

映画版とテレビ版、どっちらが好きかと言われれば、「少し不思議」感があるのは、テレビ版の方で、私の好みはテレビ版です。テレビ版の各エピソードの少し怖いオチが好きです。

映画版の愛や友情、夢、諦めない心、などの押し付けがましさが好きにはなれません。
それはたぶん、子供の頃に見ていたとしても同じでしょう。

お昼頃に子供をスイミングに連れて行って、夕方からご飯を作るときに、調子に乗ってAmazon Prime videoのドラえもんの映画をもう一本観せて時間を稼ぎました。

こっちは安定の大山のぶ代さん。
現代のドラえもんよりも世話焼きで、なんだかおばあちゃん感があります。

category: 日記的メモ

thread: 育児日記

janre: 育児

tb: 0   cm: 0

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。