パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »111024 ダメ男を渡り歩く女性

111024 ダメ男を渡り歩く女性  



ある種の女たちは、いわゆるだめな男と付き合い続ける。
だめな男と比較的長い間、5年とか6年とか付き合って、別れた後もまただめな男と付き合ってしまう。
だめな男からだめな男へと渡り歩いてしまう女は確実にいる。

ダメな男と付き合う女は、さらに2種類に分けられる。
頑張っているしっかり者の女とダメな女の2種類である。

頑張っているしっかり者の女は、だめな男と付き合うことで自分の重要性を確認している。
だめな男を眺めていれば、自分は優秀だと感じることができる。
承認要求を満たしたいがために、自分よりも劣った存在と付き合う。
少なくとも二人でいるときは、自分のほうが『上の人間』なのだ。
しかしながら、この付き合いには未来がない。
ダメな男のままでは結婚できないし、いい男になってしまうと承認要求を満たすことができない。

ダメな男とダメな女の付き合いは、子どもを増やし、最悪、生活保護になる。
福祉で養うというのは資本主義にとって最悪だが、彼らの子作りを止める手立てはない。
関連記事

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1075-780931e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop