パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »111214 結婚とはなんなか?

111214 結婚とはなんなか?  


imgres.jpg


今、結婚というものは、ネットなんかを見ていると、少し覚めている人が多くて、意味のないこと、男がバカをみるシステムのようにとらえられている。

お金で考えるとそうとも言い切れない。
一人で使えていた稼ぎは、家族で分配しなくてはいけないし、時間も自由気ままというわけにはいかないだろう。
資本主義的に考えれば、全くその通りだと思う。

もちろんこれは、時代的な考え方で、正直、うちは妻のほうが稼ぎがいいから、そういうわけでもないんだけどね。
収入の方法が1つよりも2つのほうが、単純に保険にもなる。
これは、結婚の利点だと思う。

結婚のなりたちは、どこらへんがルーツなのだろう。
日本のような鎖国をしていた島国でも、結婚という文化があったんだから、人間にとって根源的なものなのかもしれない。

世界の結婚文化は大きく見て、2パターンある。
一対一か、一対大勢か、の2パターン。
どちらかというと、権力者がハーレムを作る方が原始的に感じる。動物も多くはこのスタイル。
これは、優秀な遺伝子を残すということに起因しているのかもしれない。

そういう意味では、文化的遺伝子ミームも多様化している。

多様化した文化の中で、なにが『優秀』なのかわからないのが、遺伝子にとっても、ミームにとっても一緒なのかも知れない。





関連記事

category: 日記的メモ

thread: なんとなく書きたいこと。。

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1130-5b387f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop