パパの育児日記 ホーム » 考え方メモ »拝金主義の『選考』

拝金主義の『選考』  

1011



オリンピックが近くなると、代表争いと言うものが発生する。
競技によって出場できる選手が限られているのだから、しょうがない。


代表争いで、ひともんちゃくあるのは、女子マラソンだろう。


代表選考レースと言うのが複数あることが、そもそもの問題で、選考レースが1つならば、そのレースの上から順に出場ということで、恨みっこなしになると思うのだけれど、なぜそうしないのだろうか?


まあ、色々とお金が動いているのだろう。


周りのほうが、スポーツよりも複雑であるというのは、よくあることである。
1011



クラブワールドチャンピオンシップにチームと関係のない日本人が急に出場するのも同じ理由である。


今回は、浦和レッズにぜひとも出場してもらいたい、でなければまた、カズ、岩本に続き誰かが出場することになるのだろう。


スポーツは美しいのだけれど…、そういう不透明さ・拝金主義がスポーツを台無しにするということもある。
関連記事

category: 考え方メモ

tag: オリンピック  女子マラソン    浦和レッズ 
tb: 0   cm: 1

コメント

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

みんな の プロフィール
#- | URL
2007/11/13 15:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/117-81d0deeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop