パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »111228 読書メモ 「短篇小説講義」 筒井康隆

111228 読書メモ 「短篇小説講義」 筒井康隆  

 
【送料無料】短篇小説講義

【送料無料】短篇小説講義
価格:735円(税込、送料別)




つまり、そうした話法でひとを笑わせようとするときにいちばん肝心なのは、なんといっても「間」が一秒遅くても一秒早くても失われてしまう効果というものがあり、それは特に笑いの場ではっきりと確認できる効果だから、噺家もコメディアンもこの「間」にはたいへん苦労するのである。

P80



「間」というのはある種の集団芸術のようなもので、どんなに練習しても完璧に習得できるものではないのだろう。


あらゆる笑いの芸術家の深層に潜む、ある共通した暗さの存在を心得ておく必要があるだろう。

P89



太田光やビートたけし、立川談志などには共通して社会を暗く見つめるような客観性がある。






関連記事

category: 読書メモ

thread: 読んだ本。

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1180-87061b8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop