パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »120125 社会人になってわかったこと   中間管理職はいらない

120125 社会人になってわかったこと   中間管理職はいらない  

 
社会人になってわかったけれど、会社って面白いところではない。
辛いことをしているからお金をもらえるんだよね。

なかでも、一番しんどいのが意味のわからない仕事。
仕事の2割はこれ。

会社がいう通りにやっていたら、仕事なんていつまでたっても終わらないんだけど、どうでもいい利益も何も生まない仕事というのがある。
やってもやんなくても影響がないくせに、フィードバックもない意味のない仕事っていうのがある。

会社には、そういう意味のない仕事を作ることを仕事にしている人たちがいます。

それが、中間管理職の方たちです。

この人達には、決まった仕事が無いので、上からの仕事を待っていますが、上からの仕事なんてそんなにありません。
そして、仕事が無いことがバレるのが嫌で、つまらない確認仕事をひねり出してきます。

「エーっ!、なんでそんなことしなきゃなんないの?」っていう仕事はそうやって、中間管理職によってひねりだされた無駄な仕事なんです。


そんな仕事はやる必要はなくて時間の無駄。

だから、私はフィードバックがなければ本当にやらない。

それで大丈夫かといわれれば、大丈夫。
だって、フィードバックが元々無いんだから。

やらないでクリティカルになるような仕事はもちろんやる。


むしろ無駄な仕事をやらないぶん、大切な仕事は人よりも早く終わらせる。

そうしていれば、ストレスはたまらないし、仕事が速いと言われるし、無駄な仕事も押しつけられない。

仕事で自己実現なんて会社が作った嘘っぱちだからね。

やめさせられない程度に手を抜いたほうが賢明です。




関連記事

category: 日記的メモ

thread: みんなに知ってもらいたい

janre: 日記

tag: 仕事  80:20  無駄   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1219-821c3035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop