パパの育児日記 ホーム » お薬メモ »120126 薬メモ H2ブロッカーの副作用について

120126 薬メモ H2ブロッカーの副作用について  

 
H2ブロッカーは使っている人が多いと思います。

ガスター、タガメット、ストガー・プロテカジン、アシノン、ザンタック、アルタットなどなど。

胃酸分泌を抑制する薬です。


プロテカジン・ストガー以外は全部、腎排泄なので腎臓に疾患を抱えている人は注意が必要です。

副作用としては大きく3つ。血液障害、精神症状、内分泌系の3つです。


血液障害は骨髄のH2受容体を抑制することによって、血球が減少することによって起こるとされています。

血球成分のチェックによって副作用を発見することができます。血液検査ですね。


精神症状は少ないですが、せん妄と錯乱が知られています。脳内のH2受容体を抑制するためだと考えられています。

もし、腎臓に疾患を抱えている老人にそのような症状が出てた場合、認知症を疑うことと同時にH2ブロッカーの副作用を考えてみたほうがいいかもしれません。


最後に、内分泌系の副作用です。

これも少ないですが、女性化乳房とインポテンツです。抗アンドロゲン作用とプロラクチン分泌作用によるものと考えられます。


関連記事

category: お薬メモ

thread: 健康生活:病気・治療法

janre: ヘルス・ダイエット

tag:   H2ブロッカー  副作用 
tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/03/31 02:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1222-40bb1cfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop