パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »120227 ものを売るということは…

120227 ものを売るということは…  

 
マクドナルドでラスベガスバーガーを勧められたので、ラスベガスバーガーを食べてみた。

クリーミーで美味かったけれど、セットで740円は少しぼり過ぎだろう。

でもまあ、新しい味で美味しかっったからいいか。


勧められるままに今までしてきたことで、失敗だなと思ったことは少ない。

勧められた本を読んで、勧められた映画を見て、勧められた服を着て、という感じ。

人が人に何かをすすめるということは、すすめるだけの理由があるのだ。


マクドナルドのように、少しでも高いものを買ってもらいたいということもあるだろう。

自分の利益、歩合、となるから進めているだけとうこともあるだろう。

勧めるということはそれなりにエネルギーを必要とする作業で、完全に勧めるには、その商品・サービスをよく知っている必要がある。

よく知っていないものや欠陥があると知っているものを、人に勧めるというのは、一度や二度では気が付かないかもしれないが、続けていると自分の言葉や感情に対して、自分自身が信じることができなくなってしまう。

それでも小銭を稼ぎたいという人もいるかもしれないけれど、そういう方法で稼ぎたくはないと考えている。


でも、薬剤師という現実はその職業性とも関係が深いけれど、いつも患者を騙しているように感じてしまう。


関連記事

category: 日記的メモ

thread: 日々の暮らし

janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1234-5bd07c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop