パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »ベントン先生っていわゆるツンデレなんでは?

ベントン先生っていわゆるツンデレなんでは?  

今、ERをシーズン1から観ているのだけれど、スーザンはキレイだし、ロスはかっこいいし、グリーンはハゲだし、でけっこう面白い。


1回観だすと、1日中観てしまう。
中毒性からすると、リタリンより少し弱い程度かな。


で、特に好きなのが、ベントン先生のカーターに対する評価。
知らない人に説明すると、ベントン先生は日本で言うところのオーベンで、カーターが生徒ね。
ベントン先生は、厳しい先生だからカーターを褒めたりなんか絶対にしない。
自分にも厳しく、人にも厳しくみたいな人だからね。


そんな師弟関係なんだけれど、ベントン先生がカーターの評価を上司に報告書として提出すると、普段彼の言っている言葉とは全然違うの。
もうね、褒めすぎというぐらいの最高評価で、上司から聞かされるカーターがいつもビックリするぐらい。


いつもはカーターと一緒になって、ベントンって怖い先生だと思っているけれど、たまにはいるこのシーンだけで、「ベントン先生、一生ついていきます」ってなる。


わたしもベントン先生みたいな人になりたい。



関連
患者はもっと主張すべきだ
仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
ほめ言葉ハンドブック
眠剤の使い分け
医療と宗教
関連記事

category: 日記的メモ

tag: ER  カーター  ベントン 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/124-5868361b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop