パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »星を継ぐもの

星を継ぐもの  

星を継ぐもの星を継ぐもの
(1980/05)
ジェイムズ・P・ホーガン、池 央耿 他

商品詳細を見る

月面調査員が真紅の宇宙服をまとった死体を発見した。綿密な調査の結果、この死体は何と死後五万年を経過していることがわかった。果たして現生人類とのつながりはいかなるものなのか。やがて木星の衛星ガニメデで地球のものではない宇宙船の残骸が発見された……。ハードSFの新星が一世を風靡した出世作。


読み終わるのに、だいぶ時間がかかってしまった。
ミステリィとしては、わりとスッキリしている。

途中で、?って感じた所も最後に説明されるているし。
最後の最後で、謎が残るのだけれど、それも上手く説明されている。
コレに気がつかなかった、ハントはバカなんじゃないかと思った。

SFにしてはファンタジーの少ない良作。
宇宙って面白いと思った。
ネアンデルタール人とホモサピエンスの考察も史実を知らないから、楽しめた。
史実を知っていると、そうでもないんだろうけれど。

作品の評価はB+。


関連
99・9%は仮説
ヒトと類人猿の共通祖先の化石を発見
関連記事

category: 読書メモ

thread: ブックレビュー

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/136-1cb725f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop