パパの育児日記 ホーム » 映画メモ »舞妓Haaaan!!!

舞妓Haaaan!!!  

舞妓Haaaan!!!舞妓Haaaan!!!
(2007/12/12)
阿部サダヲ、堤真一 他

商品詳細を見る

東京の食品会社に勤めるサラリーマンの公彦は、熱狂的な舞妓ファン。なんと舞妓さんのHPも作成している。そんな彼に京都支社への転勤話が。狂喜乱舞する公彦。ついに夢にまでみたお茶屋体験ができる! 彼は恋人の富士子をふって、いざ京都へ。公彦は“一見さんお断り”という敷居の高いお茶屋を、仕事で結果を残して、社長に連れてってもらうことで突破! しかし、舞い上がったのも束の間、野球選手がお金にモノをいわせて豪遊しているのを見て、ライバル心が沸いてくる。そんなとき富士子は「舞妓になって見返してやる!」とこっそり京都で舞妓修行を始める…。



すごく面白い。
木更津キャッツアイが好きだった人は、こういうのりは大好きなんじゃないだろうか?
物語としても、体系は古典的なつくりで、安定感がある。
古典的だが、飛躍がすさまじいのが、宮藤官九郎ですよ。

舞妓さん役として、有名な女優さんもでていたけれど、一番は駒子役の小出早織さんでした。
なんかすごかった…。
もうね、オーラが違った。


関連
舞妓Haaaan!!!
小出早織ブログ
関連記事

category: 映画メモ

thread: DVDで見た映画

janre: 映画

tag: 小出早織  木更津キャッツアイ  宮藤官九郎 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/141-ef26a4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop