パパの育児日記 ホーム » 映画メモ »120918 映画メモ コーヒーいっぱいからわかること 『おいしいコーヒーの真実』

120918 映画メモ コーヒーいっぱいからわかること 『おいしいコーヒーの真実』  

 





作品内容
世界市場において石油に次ぐ巨大貿易商品であるコーヒー、その知られざる真実に迫ったドキュメンタリー。

コーヒーが消費者に届くまでの道のりを紐解きながら、貧困に喘ぐコーヒー農家の人々の暮らしを救うべく立ち上がったひとりの男の姿を捉える。


作品情報
監督 マーク・フレンシス/ニック・フランシス
出演 タデッセ・メスケラ
レンタル開始日 2008.12.5
製作年 2006年
製作国 イギリス・アメリカ
収録時間 78分






コーヒーをよく飲む人も多いだろう。

わたしも朝のコーヒーは、ネスカフェと決めている。

コーヒーをお店で買えば、一杯300円ぐらいはする。その一杯のコーヒーでコーヒー豆の農家に渡る金額は10円にもならないという現実がある。

エチオピアのコーヒー農家を取材した映画だから、アフリカへの偏りはあるし、コーヒー豆をそのまま出荷しても、そのまま使えるわけではなく、飲めるまでにコストがかかるということも分かる。

しかしながら、あまりにフェアではない。

コーヒー農家の子どもたちは、労働力とみなされ、学校にも満足にいけず、医者にもかかれない。

コーヒー畑ではお金にならないから、より高価で買取ってもらえる違法薬物の原料となる植物を栽培するようになる。

こんな現状は、確かに間違っている。

なるべくフェアなトレードをしたと思うし、みんなが幸せになって欲しいと思う。

しかしながら、快適な生活に浸りきった現状を変えようとは、とてもではないが思えない。

正義はわかっているが、実行に移せない快適さは、人間の堕落した欲求なのだろう。

性善説なんてとなえるのは、馬鹿げているし、世界の現状を知らないでコーヒーを飲んでるような無知なやつだ。

罪悪感を感じながら、クーラーのきいた部屋で、美味しいコーヒーを飲むというのが、正しい人間のすがたなのか。

人生は深く、世界は混沌としている。

関連記事

category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tag: 映画 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1452-c9dab27d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop