パパの育児日記 ホーム » 映画メモ »120829 映画メモ 『コンテイジョン』 無知な大衆は動物と一緒だ!

120829 映画メモ 『コンテイジョン』 無知な大衆は動物と一緒だ!  

 





作品内容

『オーシャンズ13』のスティーブン・ソダーバーグ監督がマット・デイモン、ジュード・ロウほか豪華キャスト共演で描くパニックスリラー。謎のウイルスが発生し、全世界に感染が広まる。人々の間に蔓延する恐怖は、ウイルスよりも急速に拡大していき…。


作品情報
監督 スティーブン・ソダーバーグ
脚本 スコット・Z・バーンズ
製作 マイケル・シャンバーグ/ステイシー・シェア
出演 マット・デイモン/ジュード・ロウ/ローレンス・フィッシュバーン/マリオン・コティヤール
レンタル開始日 2012.2.15
製作年 2011年
製作国 アメリカ
収録時間 106分






 大衆のバカなところは流されることです。その点は、大人も子どももかわりがありません。

日本人には特にその流される傾向が強いように感じます。

インフルエンザの時もマスクなんて、普段売れないような1枚1200円もするのが売れたし、原発事故の時もうがい薬のヨードがいいと言って、丸飲みするバカはいるし、売って欲しいと薬局に電話をかけてくる奴もいる。

特に『健康』という問題を煽られると、その動き方たるやひどいですね。

まるで養豚場の豚のようです。



自分の人生を責任をもって生きるのに、必要な情報源はなんのでしょうか?

自分で判断して、自分で自分の体にいいものを取るということが最善だと思います。

何歳まで生きたいのかということも、もっと真剣に考えたほうがいいと思います。


今のように長寿であっても、認知症では生きていると言えるのかわかりませんし、寝たきりも嫌です。

人間は何歳まで人間として生きることができるのでしょうか?


私としては、せいぜい65歳ぐらいだと、現時点では考えているのですが、60歳ぐらいになったら、また考えが変わるのかもしれません。

でもね、薬局で様々な老人を見てきた感じだと65歳ぐらいまでじゃないかなという感じがします。

正直な話、今の日本人は長寿過ぎるという気がします。

関連記事

category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tag: 映画 
tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/03/30 23:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1457-b01dd137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop