パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »121011 脳の特徴を利用すれば、より快適に生活できるかも 読書メモ 『脳には妙なクセがある』 池谷裕二

121011 脳の特徴を利用すれば、より快適に生活できるかも 読書メモ 『脳には妙なクセがある』 池谷裕二  

 

TBS系ドラマ「MR.BRAIN」オリジナル・サウンドトラック


 現代は勉強の連続です。

どうせ勉強をするのなら、効率よく勉強したですよね。

脳のクセを知っていれば、その効率をつかめるかもしれません。





シャーデンフロイデという言葉があります。他人の不幸を喜ぶ感情のことです。人の失敗を喜ぶなどという露骨な行為は、世間的には「汚らわしい心」として忌み嫌われます。しかし、高橋博士らデータは、シャーデンフロイデが紛れもなく脳回路に組み込まれた感情であることを示しています。

「脳には妙なクセがある」 P34



 他人の不幸を喜ぶ心は誰にでもあり、それは脳に組み込まれている感情であるということがわかっています。

その脳に組み込まれた感情を、かくして生活するという社会性こそが、人間の生み出した文化なのかもしれません。



「罰」はルールとして“存在している”ことが重要であって、実際に罰する必要はないわけです。こうした“見えざる力”が私たちの安定した社会を形成しているのだということが、このようにシンプルな実験を通じでようやく解明され始めています。

「脳には妙なクセがある」 P123



 罰が実際に実行されるか・されないかは問題ではありません。

罰があるということが大切なのです。

そういう意味では、死刑という重い罰も必要なものなのかもしれません。



私たちの脳は、情報を何度も入れ込むよりも、その情報を何度も使ってみることで、長期間安定して情報を保持することができるのです。

「脳には妙なクセがある」 P163



 つまり、参考書を読むよりは、問題集を解いたほうがいいということです。

アウトプットが重要です。



ちなみに私は、集中力とは、本来、動物にとって不自然なものだと考えています。

「脳には妙なクセがある」 P304



 私は、薬局で働いていて監査業務も行なっています。

監査業務とは、集めてきた薬が処方箋どおりに集められているか、そもそもの処方箋が適当なものかどうか、ということを監査する業務です。

もちろん、ミスは許されません。ここでミスをすると、患者に誤った薬が渡る可能性が高まります。

こういう状況では、集中が大事そうですが、私の実感から言うと、もしろ集中しないことが大切だと思っています。

一点に集中するよりは、むしろ周辺視野を使おうとするぐらいのほうが、色々なミスを発見できるような気がします。




関連記事

category: 読書メモ

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 脳科学  池谷裕二 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1466-73ba3a19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop