パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »人間とは何か マーク・トウェイン その例証

人間とは何か マーク・トウェイン その例証  

人間とは何か (岩波文庫)人間とは何か (岩波文庫)
(1973/01)
マーク トウェイン

商品詳細を見る

三 その例証

つまり、彼の生まれつきと教育とだけに、つねに忠実だってことさ。

人間は善悪で判断しているのではなく、生まれつきの性質(先天的性質)と教育(後天的性質)によってのみ、行動を判断している。
それも、自分の満足のために行動している。
だから、人殺しの衝動もボランティアの衝動も根源的には同じ。
どちらも自己満足のため、心の安心のためにそうしている。
老人に言わせれば、どんな自己犠牲的なことも、見方を変えれば、自己満足・自己陶酔が必ずあるという。
見方としては、そういう見方もあるのだろう。
どこで思考を止めるかというのが、問題なんだと思う。
ボランティアってすごいなってところで止めるか、もっと内面まで考えるかの違いだけで、その人のしている行動に違いはない。
だったら、教育のたまものである『良いこと』をしていた方がましなような気もする。
関連記事

category: 読書メモ

thread: 思索

janre: 小説・文学

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/150-d7db55a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop