パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »121231 映画メモ 『タップス』 失敗した時はこの映画

121231 映画メモ 『タップス』 失敗した時はこの映画  

 

あらすじを書けば、学校が廃止されそうなので立てこもって、自分たちの主張を通そうとした若者の青春映画、ということになります。

なりますけど、あまりにも盛り上がりすぎてしまったという感じで、やっちまった感は井筒監督の『ヒーローショー』にも通じるものがあります。

行き過ぎたときのブレーキのかからなさと、判断力のなさは確かに若気の至りなんですけどね。どうにか止めるというのが大人の役割だったようにも思います。あまりにも大人に責任感がなさすぎました。

ただ、武器を手にしてしまった時に、大人と子どもとに戦力差がないというのも、すごい話ですし、恐ろしいです。

何か失敗をしたらこの映画を観たらいいと思います。これ以上の失敗はなかなかないですから。
人の不幸を見て、自分はマシだと思うのが、私の立ち直り方です。



関連記事

category: 日記的メモ

thread: 洋画

janre: 映画

tag: 人生  失敗  立ち直り  トム・クルーズ  ショーン・ペン 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1516-9bfb368d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop