楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム » 映画メモ »130121 映画メモ 『ゼイリブ』 これをB級SF映画と笑えるだろうか?

130121 映画メモ 『ゼイリブ』 これをB級SF映画と笑えるだろうか?  

 
銃乱射なんて事件を起こす人がたまにいます。もちろんアメリカですけど。

普通の人間には理解しがたい行動ですが、彼らにとって撃ち殺す人々が同じ人間でないと考えるのならば、理解できるような気がします。

彼らにとって銃乱射は、自分を救う行動なのかもしれません。最終的には、自分で自分を殺すしかなくなるんですけど。

この映画の主人公も、不思議なサングラスをかけると、人間とそうでないものを区別できるようになります。

実は、社会の支配層はすでに人間ではなくなっているのです。そういえば、鳩山元首相は宇宙人を呼ばれていましたが、コレとは少し違うと思います。

人間でなければ、殺しても殺人にはなりませんよね。

だれも、スーパーで売っているカット済みの牛肉や豚肉をみても悲しくはなりません。

魚などは形がそのままですけど、悲しくなる人はいませんね。野菜も同じです。

戦争というトランス状態では同じ事が起こるのかもしれません。

特に、人種や宗教が違えばなおさらです

B級映画のなかにも、考えるところはありますね。

最後のオチがB級感満載で好きなんですけど、それは見てのお楽しみです。どうしてもオッパイを出したいのでしょうね。





関連記事

category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tag: 映画  B級   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1528-1608943c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop