パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »130122 風邪・インフルエンザを早く治すには

130122 風邪・インフルエンザを早く治すには  

 
風邪を引いてしまいました。節々が痛みますもしかしたら、インフルエンザかもしれません。

薬剤師になってから、よけい病院嫌いになってしまった感があります。



風邪やインフルエンザにかかってしまったら、一番いいのは身体を休めることです。

病院へ行くよりも何よりも、身体を休めることです。

何もせずに身体をあっためながら寝ていることです。

そうすると、始めは寒気がしていたのが、汗が出てくるようになります。

この段階で、身体がウィルスに勝っています。でもここで動き回ってしまったらだめです。さらに身体を休めましょう。

身体を休めない人は、病院に行って、カロナールの解熱鎮痛剤などを処方してもらいましょう。

風邪薬というのは、症状を抑えるだけであって、ウィルスを倒す力はありません

身体を騙し騙し使っているのが、薬をたくさん飲んでいる人たちです。そういう人は自分でも管理しきれないほどの薬を最終的には飲むようになり、悲惨な末路になります。今はいいかもしれませんが、高齢者になったときには毎月の病院がよいになるでしょう。

正直言って、薬局や病院はこの手の人であふれかえっているのです。

日本の医療はそういう意味では、金儲けのために患者を増やすような医療に成り下がってしまっています。

予防や啓蒙は後回しで、目の前の金を追っています。


話を戻します。

ウィルスを倒す力というのは、発熱です。

その発熱を抑えてしまうのですから、身体を休ませずに薬を飲んで仕事をがんばるという人の症状が長引くのはあたりまえです。

身体を休められれ状況で、我慢できる程度のだるさなら、薬なんて飲まないほうがいいのです。

発熱は、身体がウィルスと戦っている証拠です。

その武器を薬で封印してしまっては、身体は戦えなくなってしまいます。

風邪やインフルエンザには、身体を温めながら何もせずに休むとうのが ベストです。

病院なんていかなくても、風邪やインフルエンザ程度だったら、漢方薬でも十分です。お値段も手ごろでいいです。

風邪なら、なんといっても葛根湯

インフルエンザなら麻黄湯ですね。

私も今、葛根湯を飲んでいます。

一日身体を休めれば、だいぶよくなります。

関連記事

category: 日記的メモ

thread: 日記

janre: 日記

tag: 風邪  インフルエンザ  早く治す 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1530-7315eb4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop