パパの育児日記 ホーム » 映画メモ »130123 『パーフェクト ワールド』 犯罪者なのにかっこいいのはなぜ?

130123 『パーフェクト ワールド』 犯罪者なのにかっこいいのはなぜ?  

 
ケビン・コスナーが大好きというのは、女性は多いだろうけれど、男性も多いのではないでしょうか?

私はケビン・コスナーは、すごくカッコいいと思います。出来れば真似したいくらいです。

彼の映画の中の役はいつも、不器用だけれど一本芯のの通った役柄でとってもタフです。

当然、ケンカも強くて、女性にもモテる

この映画でも、そういう役柄なんですが、この映画の主人公はケビン・コスナーというよりも、誘拐された少年でしょう。

それぐらいに演技がうまい。ケビン・コスナーやクリント・イーストウッドを喰ってしまっています。

彼のその後は知りませんが、どうなったのでしょう。

補足として、ローラ・ダーンも可愛くってけっこう好きです。

クリント・イーストウッドの監督作だったんですね。改めて知りました。





関連記事

category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tag: 映画  ケビン・コスナー  クリント・イーストウッド 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1531-e5c8a7f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop