パパの育児日記 ホーム » お薬メモ »130222 腎疾患治療薬の勉強

130222 腎疾患治療薬の勉強  

処方がわかる医療薬理学2012-2013



リン(P)吸着薬

レナジェン/フォスブロック(セベラマー塩酸塩)錠250mg、1日3回食直前、1日9gまで
 消化管内でPと結合して便とともにPの排泄を促進する
  吸湿性が高いので注意!

カルタン(沈降炭酸カルシウム)錠・OD錠250・500mg、1日3g、分3食直後
 消化管内でCaがPと結合し、食物からのPの吸収を阻害する

ホスレノール(炭酸ランタン水和物)チュアブル250・500mg、1日750mg、分3食直後、1日2250mgまで
 Caが含まれていないので、高Ca血症の心配が少ない


吸着薬

クレメジン(炭素)カプセル200mg、細粒2g/包、1日6g分3
 他の薬も吸着してしまうため、30分以上間隔を開ける必要がある。そのため一般的に食間服用


高カリウム血症改善薬

ケイキサレート(ポリスチレンスルホン酸ナトリウム)末5g/包、DS76%、1日30g、分2~3

カリメート(ポリスチレンスルホン酸カルシウム)散5g/包、DS5.4g/包、1日15~30g、分2~3




腎不全による副甲状腺ホルモンの上昇の理由


①血液中に溜まったリンが副甲状腺を刺激するため
②腎不全によって、活性型ビタミンD3 ができないため、腸からカルシウムが吸収できなくなり、血液中のカルシウムの不足を補うために骨を溶かすように指示をだすホルモンが副甲状腺ホルモンだから




腎機能の低下によるアシドーシスの理由


①リン酸塩、硫酸塩などの排泄障害
②HCO3-の再吸収障害
③NH4+の排泄障害




腎障害患者の血圧コントロールの第一選択薬はACEとARB


ACEとARBの輸入細動脈の拡張作用がCa拮抗薬よりも弱いため

関連記事

category: お薬メモ

thread: ☆薬剤師☆

janre: 就職・お仕事

tag:   仕事  腎疾患  透析   
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1548-7b0254f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop