パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »130225 全ては仮説である。 ハンドパワーに騙されて

130225 全ては仮説である。 ハンドパワーに騙されて  

実録・アメリカ超能力部隊 (文春文庫)


 朝のニュースで、『ハンドパワー』に騙された人の話があった。

正確には、ハンドパワーを信じて70万円のセミナーを受講した人の家族の人の証言を見た。

70万円を払ったのは癌の患者で、余命が5年だったそうだ。

余命を告知されたのだから、医療に見切りをつけて、そういったパワーにすがりたくなるのも、気持ちとしては分かる。

ハンドパワーに本当に力があるのか、ないのか、そんなことはどうでもいいし、証明することは不可能だ。
そもそも、そのハンドパワーの定義自体がないのだから。

西洋医療が正しくて、ハンドパワーが間違いと言うつもりはない

もしかしたら、今現在行われている治療が後々、延命効果がないという結果だって出るかもしれない。

全ては仮説だ

私は、家族がなんと言おうと、本人がハンドパワーを信じて70万円を払ったのなら、それはそれでいいと思っている。それで、その人が救われるのなら、周りの人間がなにか言うものでもないと思う。

本人以外の人間、お金を出しているのなら別だが、がなんと言おうと、それはよけいなお世話だと思う。

だから、今回のハンドパワーの超能力者も、別に詐欺で逮捕されたわけではない。詐欺の立件は難しい。

脱税で逮捕されたのだ。

医療だけが特別に正しいということはないと思う。
確からしいとみんなから支持されている仮設だというだけであって、絶対ということはなにもない。

何が正しくて何が正しくないかは、究極のところ自分で判断するしかないし、みんなに共通するような正解もない。

一応この国では、人が頭の中で何を考えようと、自由ということになっているんだから、他人に迷惑をかけなければ何をしてもいいんですよ。

関連記事

category: 日記的メモ

thread: 戯言

janre: 日記

tag: ニュース  超能力  仮説 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1552-a649e519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop