パパの育児日記 ホーム » 読書メモ »130226 読書メモ『たくらむ技術』 加地倫三 一流の条件とは『丁寧』かもね

130226 読書メモ『たくらむ技術』 加地倫三 一流の条件とは『丁寧』かもね  

たくらむ技術 (新潮新書)


アメトーーク!』、『ロンドンハーツ』などの人気番組を手がける敏腕プロデューサーさんで、同番組を見ている人は、たまに画面にも出てくるので、知っている人も多いと思います。

私はあまりバラエティを見ないのですが、現在録画設定してるバラエティ番組、『モヤモヤさまぁ~ず』『アメトーーク!』『ロンドンハーツ』の3つのうちの2つの番組のプロデューサーさんなので、思わず本屋さんでジャケ買いしてしまいました。




僕は自分の仕事を「饅頭作りの職人さんのようなもの」というイメージでとらえています。1つ1つの作業を丁寧に行ない、気を抜かないで納得のいくものを作る。常に一定以上のレベルをクリアし、そうでないものは店に出さない。P19


丁寧に自分で納得のいくまで仕事をするというのは、現実として難しいことですが、一流の人はやはり意識してやっているものなのですね。

サラリーマンと言うよりは、芸術家に近い感じがします。

丁寧な仕事というのは、私の尊敬する『暮しの手帖』編集長の松浦弥太郎さんも書いていました。

一流の人間の美学のようなものを感じます。

雑談、余談、無駄話の類を一緒に楽しめる人間がいてこそ、発想は広がっていくのだと思います。P61


アイデアは否定からは生まれてこないものだと思います。

ましてや、会議のような場所で話し合われるようなことは、一般的なものばかりで、ヒットするような突き抜けたアイデアが生まれるとは思えませんね。

ワクワクさせるようなアイデアとは、雑談のようなフランクな場で生まれるものなのかもしれません。

番組を長く続けていると、気づかないうちに惰性やマンネリを増やしてしまいます。その危機を察知するために必要なのが、失敗することです。失敗をして、それを元に解決策を考える。「3勝2敗」ペースであえて負けを作るのには、「大失敗をしないために、小失敗をしておく」という目的も含んでいるのです。P75


成功から学べるものというものは、少ないと思います。

失敗から学び、成功し過ぎたら自分を戒める必要があります。

そのために、小さな失敗を組み込んでしまうというのは、アイデアとして正解のような気がします。

番組を作る際に、とりわけ注意している点がいくつかあります。その1つが「ハードルを上げない」ということです。P83


『アメトーーク!』を見ていると、確かに過剰な演出がなくて、観ていて疲れません。

娯楽として肩肘はらずに楽しめます。

こういう感じが、私はリラックスできて好きです。

まだ悩む段階ではないのに悩んでいる人、悩むタイミングが分かっていない人は仕事が遅くなります。P107


確かにコレは当てはまることが多いように感じます。

仕事の慣れというものは、迷いが少なくなるということかもしれません。

その場の感情に任せて、正論を熱く語っても、聞いてもらえないのならば何の意味もありません。本当に正しい意見であるならば、伝え方さえ間違わなければ必ず誰か耳を傾けてくれるはずです。
その経験もあって、僕はできるだけ「かわいい感じ」を心がけています。P129


正論ばかりを聞いていてもうんざりしてしまいます。

面倒な白か黒よりも、効率のよいグレーというものがあります。

ただ、これはグレーなんだよね、という認識は必要です。

本当に強い人は強さを誇示しないのです。P166


うちの社長にも分かってほしいなあ……。

人のプラスマイナスは背中合わせ、共存していると思うのです。どの人もこのようなプラスマイナスがたくさんあって、でも全員の「持ち点」は同じ。
他人の判断なんていうものは、その時プラスの部分を見たか、マイナスの部分を見たかという、偶然にすぎないのではないかと思っています。P168


人に気に入られようというのは、無駄なことだと思っています。

気に入られようと努力した所で、気に入るかどうかはその人次第なのですから、自分を気に入ってくれた人と付き合うべきです。

ただ、いい人間、誠意のある人間でいるという努力は、大切だと思います。

【送料無料】たくらむ技術 [ 加地倫三 ]

【送料無料】たくらむ技術 [ 加地倫三 ]
価格:735円(税込、送料込)



関連記事

category: 読書メモ

thread: 読んだ本

janre: 本・雑誌

tag: 仕事  テレビ  新書  加地 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1555-ad2143a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop