パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »130310 不整脈治療薬の勉強

130310 不整脈治療薬の勉強  

柏木由紀写真集『ゆ、ゆ、ゆきりん・・・』


おおまかに言えば、クラスIaの薬はほとんどのケースで第一選択薬となっていて、アスペノン、プロノン、タンボコール、サンリズムなどは第二選択薬、また、運動時に憎悪するケースにはβ遮断薬が使われ、発作性上室性不整脈にはCa拮抗薬が使われることになります。


第Ⅰ群(Naチャネル遮断薬)
 Ⅰa 活動電位持続時間(延長型)
  ほとんどすべての上室性・心室性不整脈の第一選択薬
   禁忌:アベロックス、フェアストン

硫酸キニジン(キニジン硫酸塩)錠100mg、末、1日200~600mgを1~3回分服

アミサリン(プロカインアミド)錠125・250mg、1回250~500mgを3~6時間ごと

リスモダン(ジソピラミド)カプセル50・100mg、1回100mgを1日3回(増減)
 禁忌:緑内障、尿貯留傾向

リスモダンR(ジソピラミド)錠150mg、1回150mgを1日2回(増減)
 禁忌:緑内障、尿貯留傾向

アジマリン(アジマリン)錠50mg、1日150~450mgを3回分服(増減)

シベノール(シベンゾリン)錠50・100mg、1日300~450mgを3回分服
 禁忌:緑内障、尿貯留傾向

ピメノール(ピルメノール)カプセル50・100mg、1回100mgを1日2回(増減)

 Ⅰb活動電位持続時間(不変型・短縮型)
  心室性不整脈に有効。アスペノンは他の薬が無効のときに使われる。

アスペノン(アプリンジン)カプセル10・20mg、1日40~60mgを2~3分服

メキシチール(メキシレチン)カプセル50・100mg、1日300~450mgを3回分服


 Ⅰc活動電位持続時間(不変型)
  上室性・心室性不整脈に有効で、作用は他のⅠ郡とくらべて強力なため、第一選択薬にはなっていない。

プロノン(プロパフェノン)錠100・150mg、1回150mgを1日3回

タンボコール(フレカイニド)錠25・50mg、1日100~200mgを2回分服

サンリズム(ピルジカイニド)カプセル25・50mg、1日150~225mgを3回分服


第Ⅱ群(β遮断薬
 上室性・心室性不整脈に用いられるが、とくに運動により憎悪するもの
  禁忌:心不全、気管支喘息

インデラル(プロプラノロール)錠10・20mg、LA60mg、1日30~90mgを3回分服
 禁忌:マクサルト

メインテート(ビソプロロール)錠0.625・2.5・5mg、1日5mgを1回

テノーミン(アテノロール)錠25・50mg、1日50~100mgを1回


第Ⅲ群
 生命の危険がある再発不整脈、他の薬が無効な不整脈に限定使用される

アンカロン(アミオダロン)1日200mg分1~2

ソタコール(ソタロール)錠40・80mg、1日80~320mgを2回分服


第Ⅳ群(Ca拮抗薬)
 発作性上室性頻拍、心房細動のコントロールに使われる

ワソラン(ベラパミル)錠40mg、1回40~80mgを1日3回

ベプリコール(ベプリジル)錠50・100mg、1日200mg分2


ジギタリス製剤
 心房粗・細動に使われる

ジゴキシンKY、ハーフジゴキシンKY(ジゴキシン)、1日0.25~0.5mg

ラニラピッド(メチルジゴキシン)錠0.05・0.1mg、1日0.1~0.2mg
関連記事

category: 日記的メモ

thread: ☆薬剤師☆

janre: 就職・お仕事

tag:   仕事  不整脈 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1558-51c0c184
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop