パパの育児日記 ホーム » 映画メモ »130317 コーエン兄弟の『赤ちゃん泥棒』を見て泣いた日

130317 コーエン兄弟の『赤ちゃん泥棒』を見て泣いた日  

 

ムービー@ホームで天野ひろゆきさんが薦めていた『赤ちゃん泥棒』を観てみました。

途中までは完全なコメデイ映画だけれど、ラストが良すぎた!

涙なしには終わりまで見ることはできないだろう。

人によっては、嫌うような終わり方だけれど、コレはこれでありのような気がします。

幸せな終わり方や不幸な終わり方というような線引はできないけれど、この終わり方で良かったような気もします。

途中までは、赤ちゃんの可愛さでどうにかこうにか見ることができますが、中だるみもいいところです。

でも、ラストまで観ると、「観てよかった」と思うよな映画です。

人によっては、フサフサのニコラス・ケイジを観るだけでも価値の有る映画です。

なんだか、ニコラス・ケイジじゃなくてモト冬樹さんでも作れてしまうように感じるような映画です。

関連記事

category: 映画メモ

thread: 映画感想

janre: 映画

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1561-8e1e072f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop