パパの育児日記 ホーム » 未分類 »130521 時間の使い方

130521 時間の使い方  

 世代間の価値観の変化は、育ってきた環境が違うから、当然だと思います。
 もともと、常識なんて抽象的で曖昧なものに数学の定理や物理現象のような意味はなく、『みんな』というその存在さえも曖昧なものによって作り出されたものなのですから、曖昧さにかけてはなかなかのものです。

 その常識に縛られ過ぎているのが、サラリーマンでしょう。意味がないとわかっているネクタイを首に巻き、動きやすいとも履き心地がいいとも言えない革靴を履き、行きたくもない会社に行って、やりたくもない仕事をしています。

 子供の頃はまさか自分がサラリーマンになるとは思ってもいませんでした。お金を稼ぐ為とはいえ、朝から晩まで、1日のほとんどの時間を使ってしまっています。

 会社も勘違いして、社員は昇進したいものだと思っています。『責任』という実態のありもしないような概念で大人を縛り付けています。

 時間術の本を読んでみても、人生の時間の上手な使い方は教えてくれません。

 こんなに働く必要はあるのでしょうか? 自分だけが取り残されるような気がして、一応は働いていますが、石ころを投げ合うような無駄なことです。

 もっと自分のために生きてもいいんじゃないかと思います。
関連記事

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1582-36c3f375
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop