パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »130825 会社員として出世は必要なのか?

130825 会社員として出世は必要なのか?  

 
会社員として出世したいというのは、私にとって、正確な願望ではない。
より正確な願望は、楽して稼ぎたいということです。
「なんと野心・向上心のない社員か!」と思うかもしれませんが、働くことの目的が出世ではなく、お金を稼ぐことであるいじょう、効率よくお金を稼ぐというのが優先されるべきです。
もちろん、出世をしたら、楽してお金を稼げるようになるというのであれば、もちろん出世したいです。

 ただ、会社の現状を観てみると、上司が全然、ラクそうではない。
私よりも残業しているが、管理職なので残業代がでないという状況です。
実際、うちの奥さんは管理職だったのですが、管理職が付く前の残業パツパツの状態よりも、年収で100万円ぐらい下がっていました。
年収が下がったにもかかわらず、仕事をしている時間はほとんど変わらないというのが、うちの会社の出世した状況です。

 社畜であるいじょう、会社の命令にはそむけませんから、コレをやれとポジションを上げられたら、基本的には断ることはできません。

 だったら、目立たないようにヒラでいつづけた方がいいような気もします。

 それに現状として、株式投資が上手く行っているので、こっちの収入を増やしていくという選択もあります。

 働くということが、いきがいにつながるようなものであるのなら、人生は分かりやすかったかもしれません。

 まあ、出世できないブラック社員の戯言です。

関連記事

category: 日記的メモ

thread: ひとりごと

janre: 日記

tag: 仕事  人生 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1598-4f1c846d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop