楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム » 読書メモ »140302 読書メモ 『ふがいない僕は空を見た』 窪 美澄 ただの女子校生むけのエロ小説かと思ったら…

140302 読書メモ 『ふがいない僕は空を見た』 窪 美澄 ただの女子校生むけのエロ小説かと思ったら…  

 


高校一年の斉藤くんは、年上の主婦と週に何度かセックスしている。やがて、彼女への気持ちが性欲だけではなくなってきたことに気づくのだがー。姑に不妊治療をせまられる女性。ぼけた祖母と二人で暮らす高校生。助産院を営みながら、女手一つで息子を育てる母親。それぞれが抱える生きることの痛みと喜びを鮮やかに写し取った連作長編。R-18文学賞大賞、山本周五郎賞W受賞作。



 読み始めは、ただの女子校生や主婦向けのエロ小説かと思いましたが、読み進めるうちにまともな小説になり、最終的には結構、心に響くものがありました。私も高校生の時にエロい主婦とセックスしまくりたかったなと…。


「線を引くのは難しいよ。性欲とか、恋愛の境目をきちんと分けるのは。別に分ける必要もないんだから、なんて割り切って思えるようになればいいんだけれど」P108


女性のことはわかりませんが、少なくとも男には、性欲と恋愛の区別はありません。
セックスしたい女を好きになるということだから。
性欲と恋愛を区別できるのは性的不能者だけでしょう。
私自身は、区別する必要もないと思っています。
うちの奥さんと結婚したのも結局はそういうことだと思います。

女性の「体を許すと、そっけなくなる」と感じる男の態度は、まさにその通りだと思います。
つまり、1回のセックスで興味を失ったということだと思います。身体だけという意味ですね。


 自然、自然、自然。ここにやてくるたくさんの産婦さんたちが口にする、自然という言葉を聞くたびに、私はたくさんの言葉を空気とともにのみこむ。彼女たちが口にする自然、という言葉の軽さや弱さに、どうしようもない違和感を抱きながら、私はその気持を言葉に表すことができない。乱暴に言うなら、自然に産む覚悟をすることは、自然淘汰されてしまう命の存在をも認めることだ。P198


ヒトの思う自然とは、不自然な状態です。
不自然さを社会で守るということが、文化であり福祉です。
医療現場にいると、この『自然』とか『オーガニック』とかの胡散臭さに反吐が出ます。


この小説は映画化もされているようです。
コスプレセックスの変態主婦は田畑智子さんが演じているようなのですが、觀てみたいです。



関連記事

category: 読書メモ

thread: 読書メモ

janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1679-85127ce4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop