パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »140817 くだらないセミナーに出席して人生の残り時間を憂う

140817 くだらないセミナーに出席して人生の残り時間を憂う  

 
塩野七生さんの『 海の都の物語 』を読んでいます。

元首オルセオロ二世が治めていた頃を読んでいるところです。
この頃は人生、50年くらいだったそうです。

オルセオロ二世が、元首になったのはなんと30歳!

当時としても若かったようですが、彼の示した方向性はその後のヴェネチア800年の礎となりました。

人生、50年と考えるともう半分も残ってはいないし、元首にもなっていません。

もっと人生の時間のなさを意識しないといけないなぁと、くだらない会議に出ていて思います。

関連記事

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1739-d3909d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop