楽しいことだけしたい人の、ミニマムライフ的なブログ ホーム » 日記的メモ »150119 増えていくキャラ物と家族の遠慮

150119 増えていくキャラ物と家族の遠慮  

 


もともとキャラ物はあまり好きではないのですが、いつのまにやらアンパンマンのグッズがやら、ムーミンの絵本やら、ミッフィーやミッキーマウスのぬいぐるみやらが家に増えていきます。

これは、もうどうしようもないことなのでしょう。

子育てあるあるとして誰もが経験することなのでしょう。

今のところ、娘がキャラ物を自分で選んできて買うとことはなく、娘へのプレゼントとして誰かに買われてくるのです。
うちの娘を思って買ってきてくれるのだから、これは止めようがありません。

これから先、娘がキャラ物を欲しいと言ってきたときにもそれを止めることなどできるわけもないのです。

キャラ物やガチャガチャした柄の洋服というのを通過して人は大人になるのでしょう。

これは現代的なひとつの通過儀礼としてあるもので、誰のせいでもないのです。
そういう文化と受け入れるしかありません。

共同生活とはそういうものです。お互いに遠慮し合いながら、生活していくものなのです。
大人だから、親だから、子供だからえばってもいいというものではないと思います。

ただ親としてではなく、一人の子供時代を通過した大人として、キャラ物の学習机だけは回避させてあげたい。



関連記事

category: 日記的メモ

thread: 日記

janre: 日記

tag: 育児 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1790-394065be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop