パパの育児日記 ホーム » 日記的メモ »150507 今日学んだこと 新生児で38℃の発熱はすぐに受診した方がいい

150507 今日学んだこと 新生児で38℃の発熱はすぐに受診した方がいい  

 
産まれてまだ2週間くらいしか経ってない我が家の長男。

昨日の夕方に体温を計ったら、なんと38.4℃。

なんか痰が絡んでるし、咳もたまにしている。鼻水も出ていると思いましたが、朝の検温では37.2℃だったので油断していました。

すぐに地域の小児の救急ダイヤルに連絡するも、そのぐらいで救急で受信する必要なしという返答を受けました。

でもやっぱり心配だったので、夜間救急の指定病院を受診しました。受診したときにはなんと39.0℃もありました。

生後2週間という事もあり、直に髄膜炎等の各種検査を行いました。

髄膜炎等の重い症状が否定され、現在うちの家族で蔓延している風邪がうつってしまったのだろうという少しの安心できる結果でしたが、大事をみて熱が下がって安定するまで入院するということになりました。

診てもらった医師の話では、産後間もない乳幼児が38.0℃以上の発熱すること自体異常事態なので、そく受診した方がいいとの説明でした。

軽い症状での救急受診が問題になっていますが、何かがあってからでは遅いし、後悔しても意味がないので、ある一定のラインで子どもにとって一番安全な受診という選択してをしたほうが良さそうです。

その線引きに個人差があるのが問題なんですよね。

簡易診断が自宅でできるようなシステムができれば一番いいのですが。

関連記事

category: 日記的メモ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tieno.blog79.fc2.com/tb.php/1813-c1d04d8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

読書中

RSSフィード

メールフォーム

フリーエリア

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ全記事表示

ベストセラー

買って良かったもの

最近のお気に入り

読了本

▲ Pagetop